Wimaxおすすめランキング|体験者500人の口コミ比較

超機能がついたスマホなど、今や携帯端末の技術革新は著しいものがあります。接続速度も従来の何倍にもなり、もはやネットをするのに携帯端末は欠かせなくなりました。その一方で、自宅のみでネットをしていた人たちが、外にルーターを持ち出し、そこで快適にネットをしようとする動きが見られます。その代表がWimaxで、これはルーターを接続してどこでもネットができるサービスであり、利用料金がプロバイダと契約するより安いので、大変人気があるのです。このサービスだと、面倒な手続きや工事などが必要ありません。自宅にルーターが届いたその日から簡単な設定をして、すぐに使うことができます。

すぐにでもWimaxおすすめランキングを知りたい方は 満足度が高いWimaxを選ぶ方法 をご覧ください。

また、モバイル接続のように通信の帯域制限がありませんので、使い放題の恩恵を受けることができるわけです。今まで高い料金を払ってネットを使っていた人は、ここぞとばかりにこちらに乗り換えているのです。Wimaxについて調べたら、思ったよりこのサービスはスピードが速く、利用できる地域が多いことがわかりました。今後さらに利用できる場所は広がりを見せ、ルーターの機能も上がることでしょう。そうなると、自宅のみでしか使えないプロバイダ型のものから乗り換える人も増えてきます。これは時代のニーズを反映した形であり、ある意味当然の動きと呼んでいいものです。私たちにとって利用料金が安く、大量のデータをやりとりできるこちらのサービスのほうが魅力的なのは間違いないでしょう。

Wimaxが持つ魅力について

Wimax
パソコンやゲーム機など、ネットにつないで楽しめる機器はここの所格段に増えました。それらがいつでもどこでも使える環境を作るには、それに見合ったネット接続機器が必要です。今は携帯電話などでも通信速度の速いものが出て、それ専用のプランもあります。しかし、利用料金が高かったり、帯域制限があるなど、かなり不便な点も多いのです。そうした状況にあって、最近注目を集めているWimaxの魅力は、どこでもネットができて帯域制限がなく、通信速度が速いことでしょう。このサービスはルーターをつないでゲーム機やパソコンなどのネット環境を構築するもので、自宅でプロバイダ型のネットサービスを利用する時のように、面倒な配線や契約は必要ありません。

利用するのに必要なのは毎月の利用料金とルーターの代金、手数料だけです。キャンペーンや業者さんの方針により、ルーターの代金や手数料はかからないケースがほとんどで、かなり安くネット環境が構築できるのは間違いありません。現在着実に利用者を増やしているWimaxは、これからのネット社会を担う重要なサービスと位置づけられています。私たちにとって携帯電話などで直にネットにつなぐことも大切ですが、利用料金を安くして、たいていの端末からネットにつなげる環境を作ることのほうが重要です。大きなデータをやりとりしようが、オンラインゲームで楽しもうが自由自在な点も大きく評価されており、さらに利用地域の拡大が望まれています。

Wimaxに感じた意外性

安くて快適にネットができるとの触れ込みは、かつてのプロバイダ型のネットサービスにもありました。しかし、今はルーターを利用したどこでも快適にネットができるワイヤレスの接続サービスに移行する動きが見られ、時代の変化を感じます。このサービスは正式名称をWimaxといい、若い人を中心に利用者が多くなっているのです。これに意外性を感じたのは、通信速度がかなり速く、使いやすいにも関わらず値段が安い点です。普通企業はいいサービスが出た時には値段をできるだけ高く設定し、消費者がそれを見て使いたいと思うかどうか駆け引きをするからです。

その点、このサービスは最初から安さを売りにしていて、ある意味潔さを感じます。また、モバイル接続と異なり、帯域制限がありませんから、いくらでも好きなだけデータをダウンロードしたり、オンラインゲームを楽しむことが可能です。これは、いつでもネットにつながっていたい若い人たちにとって、利用しやすいサービスと呼べるでしょう。現在Wimaxを提供している業者さんはたくさんあり、どの業者さんもかなり安い利用料を打ち出しています。キャンペーンを頻繁に行っているのも特徴で、安くて快適なネット環境の構築が可能な点も共通しているのです。どの業者さんが一番とはいえませんので、時期を見定めて、自分がこれがいいと思った業者さんのサービスを使うようにしましょう。ルーターそのものも業者さんによって違いがあるようなので、チェックが必要です。

直感的に理解できるWimaxの利便性とは

Wimax
一昔前までは、高速なインターネット通信というと有線LANケーブルを用いた通信サービスを利用するしかありませんでした。ところがその後、無線通信技術の進歩が目覚ましく、無線通信技術を利用した高速インターネット通信サービスが実現し、Wimaxという名称で世の中に知られるようになりました。有線LANを使って高速インターネット通信を利用する場合には、光ケーブルなど専用設備の設置などが必要になって、実際に利用できるようになるまで時間がかかります。一方、Wimaxは設置するものとしてモバイルルータータイプの装置が必要になるだけで設備的には簡素です。

その装置をパソコンに繋げる前に無線通信用の設定を行ない、その後に装置を繋いでインターネット接続を手軽に開始する事ができます。光ファイバーによる通信速度に比べれば、びっくりするほど速いというわけではないにしても、動画サービスをストレス無く利用できるほどの快適で必要充分な速度の通信サービスです。自宅までわざわざ光ケーブルを敷設することが困難な地域にとっては、実用性十分な通信サービスがWimaxとなります。この通信サービスは、無線LAN機能がパソコンに装備されているならば、無線LANによる高速通信を手間無く行なえると直感的に理解できるとされています。無線でインターネット通信を実現できるこの通信サービスの利便性が直感的に理解される理由としては、従来の高速通信利用方法がわざわざLANケーブルを壁に伝わせてパソコンに繋いでいて手間がかかっていたから、が挙げられるのです。

wimaxを屋内で使うための注意点

Wimaxは外からでもインターネットに繋ぐことが出来るため、仕事で使っている方がたくさん居ます。もちろん部屋の中からでも繋げますが、果たして外と一緒の回線品質を保つことが出来るのでしょうか。もしこれからサービスを利用するのであれば屋内で使えるかどうかを事前に確認する必要があります。基本的にエリア内ならネットに繋ぐことが出来るのですが、遮るような物がある場合は電波が届かない可能性があり、結果的にインターネットに接続出来ないことがあるのです。玄関先であったり窓際では電波が届いても、窓が無い奥の部屋に行ったら電波が弱まってしまうことがあります。

そのため、Wimaxの使用可能エリアに住んでいてもインターネットに接続出来ないといったトラブルがあるのです。そのため屋内で使用するためにはどの場所で使用するかが大事であり、それにより電波の届き方も変わってきます。もしWimaxをレンタル出来るのであればレンタルをして、自宅に電波が届くのかを事前に把握しておくと良いでしょう。電波が入ってインターネットに繋ぐことが出来るのであれば契約してみると良いかもしれません。そして、エリア内だからといって絶対的にインターネットに繋げられるわけではないですし、部屋に窓が無かったり家の周りにたくさんの建物が建っているだけでも電波が入りにくいため注意しましょう。また部屋が地下にあると更に電波が届かないので気をつけてください。

満足度が高いWimaxを選ぶ方法

  1. UQ WiMAX

    超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供
    回線工事の予約待ちも、立ち合いも不要です。転勤などで引越してもすぐ使えるので便利!コードレスだからお部屋もすっきりで快適。家でも外でも使えるから、出張するときの必需品!データ容量もたっぷりで、仕事でもプライベートでも。春から初めての1人暮らし。UQモバイルとセットなら、家のネットもスマホも合わせて通信量6,360円/月でおトク。

    UQ WiMAXの詳細

  2. BIGLOBE WiMAX

    BIGLOBE WiMAXなら、データ端末が0円
    「BIGLOBE WiMAX」は、下り最大40Mbps上り最大15.4Mbps。家でも外でもすぐ使えて、メールのやりとりはもちろん、動画だって楽しめます。 BIGLOBEでは、どれだけ使っても月額料金は同じ、安心の定額プランをご用意しました。一年間の定期利用期間を設けることでお得な月額料金となっています。

    BIGLOBE WiMAXの詳細

  3. GMOとくとくBB

    キャンペーンが大変お得!0円から始められます
    GMOとくとくBBのWiMAX(ワイマックス)ならネット使い放題で月々たったの3,591円(税抜)と業界最安級の月額料金でご利用いただけます。 速さが人気のWiMAX(ワイマックス)。エリア内ならどこでも最大速度40Mbps! 家でも外でもスイスイ快適です。

    GMOとくとくBBの詳細


一昔前のモバイルインターネットと言えば、PHS等を利用して128Kbyte/s程度のダイヤルアップを利用したものか、専用デバイスカードで256Kbyte/s程度のスピードで接続出来れば「高速な通信環境」の仲間入りが出来ていました。しかし、モバイル・ブロードバンドという用語も一般的になった現在では3Gや4G、そしてLTE(LongTermEvolution)という3.9G(第3.9世代携帯電話)等を利用可能なWimaxが登場してきたのです。今日日ではADSL全盛の時代から光ファイバーを導入する時代を迎えると言われて来ましたが、高額なイニシャルコストを掛けて光ファイバーを導入するよりも、簡単で安価で済むモバイル・ブロードバンドインターネットに注目が集まっているということです。

それに併せてインフラの環境整備も行き渡り大半の場所で、高速インターネットを利用出来るようになったという事にほかなりません。また、LANケーブルやファイヤーウォール等を用意して複雑な配線をする面倒な作業をする事なく、誰でも簡単にそして速やかにインターネット環境を構築出来るのがWimaxの魅力の一つです。更には、Wimax2+という規格も登場し最大でダウンストリームが、およそ110Mbyte/sというスピードで接続出来るのですから利用しない手は無いでしょう。また、使用料金は使いたい放題で月額3696円で事足りるというのも魅力の一つです。

大容量データを扱うなら断然Wimax

近年、タブレットやスマホの普及によってモバイルルーター利用者が急増してきました。外出先でビジネスに、プライベートシーンにと様々な用途で利用可能です。モバイルルーターと言っても、ただ持ち歩く際だけに使うものではありません。もちろん外出先でも使用できれば、自宅内でも利用できるので、自宅の固定回線をWimaxへ変更して自宅と外出同時に利用するという方法もあります。また、モバイルルーターは引越しの際も便利になっていて、光回線などの固定回線ですと引越し手続きを行わなければならないので非常に面倒ですが、モバイルルーターならば無駄な手続きなくそのまま引越し先にも移動してすぐ使えるのでお手軽です。

モバイルルーターを扱うメーカーは携帯電話会社を中心に複数存在します。その中で、人気のWimaxはどのように顧客を獲得しているのでしょうか。Wimaxの最大の魅力と言えば、データの利用の制限がないことです。そのため、長時間の動画や大容量データを扱う際に他の会社のモバイルルーターは閲覧にストレスがかかりますが、こちらはストレスなく閲覧することができます。ただ、他の会社のものと比べるとまだ対応エリアが狭くなっていますので、お試しで1日借りてみて、自分の行動範囲で対応できるかを試してから利用を開始するのが一番無難な方法でしょう。エリアさえ対応していて使えるのであれば大変優秀なモバイルルーターとなって、活躍してくれますよ。

Wimaxで快適なネット環境を手に入れよう

Wimax
パソコンからインターネットへの接続を行う際には、各通信会社の提供する光回線やADSL回線を利用して、これに加えてプロバイダとの契約を行い対応するケースが多いのです。この場合には通信回線に加えてプロバイダの使用料金を支払わなければなりませんので毎月の料金が気になる点となります。そして従来のインターネット接続は使用場所を固定して対応する事が前提となっていて、自宅内の各部屋での利用が前提なのです。外出する際には無料のwifiサービスが提供しているエリアであればインターネット利用が行えますが、国内ではまだまだこのサービスは普及していません。

最近の情報端末はパソコンのみでなく、タブレット端末やスマートフォンなど携帯性に優れたものが増えており、外出時に持ち出して利用したいと考える方も多いのです。これを実現するには無線通信を利用する事がお勧めで、携帯電話会社が全国に整備している基地局の通信網を利用してインターネットの高速通信を行います。この通信サービスを提供している会社の中で注目されているのがWimaxでして、その理由は通信速度が光回線なみの高速通信が可能となるからです。また従来はプロバイダとの契約も必要でしたがこれも不要で利用料金がお得になりますし、Wimaxを利用する情報端末もポケットに入るコンパクトなもので持ち運びがとても便利になっています。現在のインターネット接続環境や利用場所に不満を感じている方はWimaxを検討してみましょう。

Wimaxはいつでもどこでもインターネットを楽しめる

インターネットの無線接続でWimaxという言葉を最近TVや雑誌などでよく見かけるようになりました。これは業者の名前ではなく通信技術の規格のことで、日本でもNTTグループを始めとして様々な業者がこの商品を取り扱っています。現在ではスマートフォンをはじめとして、タブレット端末やノートパソコンのほとんどにWimaxが利用できる機能が付いておりますので、いつでもどこでもインターネットが接続できることが日常になりつつあります。まずどんなものなのか知りたい方にとって重要なことは月額料金と通信速度でしょう。月額料金は現在光固定回線が約6000円かかるのに対して、Wimaxは3000~4000円程度というのが相場です。また速度に関しては最大で40Mbpsという値です。これは光固定回線が約200Mbps程度(NTTのフレッツ光では1Gbpsというものもあります。)ですので、数字だけを比較すると光が早いことが分かります。

では遅いのかというとそうではありません。単に光が速すぎるのです。映画などの大容量の動画をダウンロードする場合には大きな時間差が生じますが、インターネットを閲覧したりYoutubeなどの動画を見る程度であれば十分速いです。特に『待つ』ということはありません。車を選ぶ際もそうですが普段街乗りするのに、スポーツカーでなくとも速度は十分快適なのと同じです。また無線ですので外出先でも使用できる点が大きなメリットです。そのため多くのビジネスマンが外出先で利用しています。通信の安定性もかなり良いので、大事なときにつながらないということは都市部ではほぼありません。

Wimaxを利用するメリット

Wimax
インターネットを利用する際、インターネットの回線費用、プロバイダ費用と利用をする会社によりその費用は違いますが、年間を通してみると決してすくなくはない費用がかかってしまいます。そこで、そのような費用を安く抑えながらも、通信速度も速いWimaxが今人気となっています。Wimaxの利用にはプロバイダを必要としませんので、プロバイダ費用を削ることが出来ます。月々に三千円から四千円ほどかかるこのプロバイダ費用を削ることが出来るというのは、大きな節約に繋がります。そして、その費用の面以外にも利用にあたってのメリットがあります。インターネット回線を引くには工事を必要としますが、その工事を必要としないので、工事費、その工事にかかる手間を省くことが出来ます。

引越の際も同じで、普通のインターネット回線であれば移転の手続きが必要となりますが、そういった手続きも必要ありません。また持ち運びが出来るポケットサイズなので、インターネット環境さえ整っていればいつでもどこでも利用したいその場所で利用することが可能ですそして、もう一つ。複数の機器で同時に接続し利用することが出来るというのもメリットの一つです。パソコンだけでなく、スマートフォン、携帯ゲームと利用する機器を選ばないので、ポケットやバッグにおけばいつでもどこでも利用したい機器を利用することが出来ます。Wimaxには月々にかかる費用の安さ以外にも、このように利用にあたりメリットといえる部分が多くあり、今人気となり、その利用者を増やしています。

Wimaxの特徴をチェックする

Wimax(ワイマックス)は通信方式の一つです。無線方式で利用できるので、インターネットに接続するのに余計なケーブルが必要ありません。利用方法は、小さな専用の機械があるのでそれを例えば、パソコンのそばに置けばインターネットに接続することが可能です。家の中でも外出先でも利用することができるのも魅力と言えます。Wimaxはサービス提供会社にもよりますが、数十メガの通信速度でインターネットをすることが可能です。例えば、安価なADSLよりも速い速度ということもあり、通信速度に関してもとても優れた面があります。価格面でもADSLと匹敵していることもあり、インターネット回線の選択の幅が広がっています。

例えば、タブレットPCやノートPCでオンラインゲームを楽しむ時に、このような無線方式のインターネットならば、ゲームの進行状況を頻繁にチェックするということが可能です。スマートフォンのような便利さに加えて、タブレットなどの高性能も同時に使えるという感じで利用できます。また、スカイプなどで音声通話をする場合も、例えば家族がいて話していると家族の邪魔になる場合は、別の部屋に移動して通話を続けることが可能です。最近流行のスカイプを使った語学レッスンもWimaxならば、自宅のどの部屋でも、また、外出先でも好きな端末で利用することができます。非常に便利なものなので、無線LANを探している方には、ぜひおすすめしたいです。