青汁おすすめランキング|体験者900人の効果を検証比較

青汁に興味を持ち、青汁の利用をはじめてみようかな、と思ったら、まずはどんな青汁があるかインターネットや雑誌などで調べますよね。特定の青汁を見てこれをほしい!と思って青汁の利用を始める場合は、それしか眼中にはないでしょうが、そういうわけではない場合はまず必要なのは情報です。得た情報を元に自分にあった、自分が納得して利用できる青汁を選ぶのです。そのために青汁について調べていると、青汁とは一口に言っても、製品によって細かい違いがあることに気づきますよね。主要な成分とか、原材料とか、添加物とか、味とか。青汁はいろいろな会社が粋をこらしたものを開発し、販売していますから、いろいろなポイントで工夫をし、他の製品との差別化を図っているのです。これは利用者にとっては、いろいろな青汁を試すことが出来るという点で非常にうれしいことです。値段、味、製品の特徴、人によって自分に合う青汁の条件は違いますから、いろいろな青汁が販売されることでより自分に合った青汁を選ぶことが出来ます。

すぐにでも青汁おすすめランキングを知りたい方は 満足度が高い青汁を選ぶ方法 をご覧ください。

しかし、販売メーカーによっていろいろな工夫、差異はあっても、青汁の基本に大きな違いはありません。この青汁の基本とは青汁のメインの成分、メインに使われている原材料のことで、だいたいどの青汁もケール、大麦若葉、明日葉のうちどれかをメインに使用しているようです。この三つの原材料、どれも普通に暮らしている人にとってはあまりなじみのない名称ですよね。スーパーで売っているキャベツや白菜などの野菜のように、食卓にひんぱんに出没する野菜、というわけではないようですし。いったいどんな植物なのでしょうか。今回当サイトでは、この青汁の主要な原材料であるケール、大麦若葉、明日葉についてをご説明していこうと思います。どれも聞きなれない言葉なだけあって、どんな栄養素が含まれているのか、どんな植物なのかご存知ない方も多いのではないのでしょうか。青汁をこれから利用するにあたって、きっとこのどれかをメインの原材料として使用している青汁を選ぶことになるでしょうから、製品を選ぶ前にまず主要な原材料の特徴を知っておきましょう。そしてそれを知った上で、高品質な青汁を選ぶためにどんなところに注意をすればいいのかについてもご説明していこうと思います。青汁は本当にいろいろな種類のものがありますから、その中からより品質のよいものを選ぶために、原材料の特徴、そして高品質な青汁のポイントについてはしっかり頭に叩き込んでおいてくださいね。

青汁で疲労を解消

青汁
どんな人でも毎日生活をしているとどうしても溜まってしまうのが疲労。仕事をしていればなおさら、疲れが溜まりやすくストレスによる疲労も少なくありません。これらを無くすということは難しいですが体にかかるストレスや疲労を軽くして体を元気にする方法はしっかりとあります。それには、毎日の食事がとても大事でバランスのとれた栄養をきちんと必要量摂取するという事が大切です。ですが中々バランスのとれた食事を摂るというのは大変で、特に日本人はビタミンが不足しがちなので体の疲労を軽減させてくれる栄養素が不足がちな人が多くいます。そんな時にとても便利なのが青汁で、青汁にはたくさんの栄養素が詰まっている上に、疲労回復にとても効果的な抗酸化作用のある栄養素がたくさん含まれています。そのため、毎日継続して飲むことで体の怠さや疲労感を軽減していくことが出来ます。

ビタミンの中でもビタミンB1は糖質をエネルギーに変えてくれる他に筋肉の疲労も回復してくれます。そのため疲れやすいと感じる方は積極的に摂取すると体が軽くなるでしょう。また、青汁には抵抗力や免疫力を高めてくれる栄養素も豊富に含まれているために、自然と体が強くなり疲れにくい体を作ることが出来ます。また青汁の原料としてよくつかわれるゴーヤには夏バテを防止してくれる作用があるために、夏の暑さでいつも体がだるくなってしまうというような方にもとても効果のあるものです。青汁の主原料となるケールには疲労回復の効果が大きくあるので、疲労回復を目的に青汁を飲む場合はケールを使って作られている青汁を選んで飲むのがよいでしょう。

青汁で便秘を解消

便秘は女性に多いですが、女性は生理などがあるために女性ホルモンのバランスが崩れがちでそのために便秘になってしまう方が多くいます。またそれ以外にも必要な栄養がきちんと摂取できていなくて便秘を起こしている方も多くいます。たかが便秘と侮っていると、実は怖い病気が潜んでいて便秘が慢性化してしまうと腸閉塞といった病気を引き起こしてしまう可能性もあります。大人が1日に取らなければいけない野菜量というのは350グラムであると言われていますが、なかなかこれほどの野菜を毎日とれている人はいませんし、きちんと気にして野菜を取るようにしていなければ摂取できません。

また、洋風の食事が主流になりつつ日本では食物繊維が昔ほど多く摂取されておらず便秘になってしまう人が増えてしまっています。食事できちんと野菜や食物繊維をとろうとしてもなかなか忙しくて取れないという方も多くいます。そこで青汁を毎日飲むことで毎日に必要な食物繊維や野菜を簡単に摂取することが出来ます。青汁にはたくさんの野菜がしっかりと含まれている他、便秘に効果的な食物繊維も豊富に含まれています。青汁というのはケールやゴーヤなど青野菜を主にすりつぶして作られているので野菜に含まれている豊富な食物繊維がそのまま青汁にも含まれています。また、青汁は水分と一緒に摂取する事ができるので、便秘にとって大切な水分と食物繊維を同時に手軽に摂取することが出来ます。食事で毎日取るのは大変ですが、青汁であれば手軽にサッと水に溶かして飲むだけでいいため、忙しい現代人にとっても栄養素をきちんととるためのとても優れた食品であると言えます。

青汁でダイエット

青汁
ダイエットを目的に青汁を飲もうと考える方は実は意外と多いのですが、そこにはちょっとした落とし穴があります。青汁でダイエットと言うのはよく見かけるフレーズではありますが青汁を飲んだからといってダイエットが出来るのかといえばそうではありません。青汁というのはあくまで補助食品なので青汁だけでダイエットが出来るかといえばそうではありません。あくまで足りていない栄養素を補うために青汁を飲むので、青汁を飲んでいるからといって食事を抜いてしまっては全くの逆効果になってしまい体に負担がかかってしまう場合もあります。そこで、しっかりとした知識を持った上で青汁でのダイエットを考えるのが大切です。青汁には豊富な食物繊維が含まれているために便秘にも効果があると言われていて、体の内側にたまっている老廃物を外にだすことが出来るためデトックスの効果が期待できます。特にポッコリお腹の方の場合、便秘でお腹がでているという可能性もあるのでそういった場合には青汁によって老廃物を外にだすことが出来てお腹のダイエットが期待できます。

青汁を飲むことによって老廃物が外に出され代謝を高めることができるのでダイエットが出来るというわけです。また、食物繊維以外にもミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれている青汁には、脂肪を燃やしやすくしてくれる効果が期待できると言われています。このようにダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれていますが、これはあくまで太りにくい体を作るといった事や、新陳代謝を高めることが出来るというだけで直接ダイエットになるというわけではありません。普段の生活に青汁を加えることでダイエットをしやすい体づくりが出来ると考えるのが良いでしょう。青汁を飲んだからといってダイエットが出来るのではなく、ダイエットをサポートしてくれるものと考え青汁を取るのがよいでしょう。

妊娠にも良い青汁

女性なら多くの方が経験をする妊娠ですが、妊娠中の体というのは普段の状態と違い体調を崩しがちになってしまい普段よりもしっかりとした体調管理が必要とされます。食生活にも注意が必要で、体調管理も大切なのですがどんなに体調に気をつけていても病気になってしまうこともあります。ですが病気になった場合でも妊娠中であると使えることの出来る薬が限られていて場合によっては薬が飲めないといったこともあるために、日頃の体調管理はとても重要です。そこで、妊娠中の方の体にも良いのが青汁で簡単に必要な栄養素をたくさん取ることが出来るために、抵抗力や免疫力を上げると言った他に疲労回復などにも役に立つため、病気になりにくい体づくりをする事ができます。また、自然由来の成分で作られている青汁であれば、妊娠中であってもお腹の中にいる赤ちゃんにも影響がなく安心して飲むことが出来ます。また、妊娠中というのは便秘になりがちになってしまう方も多くいますが、そういった面でも青汁は効果があります。

食物繊維が多く含まれているので普段の食事では取りきれない食物繊維も多く取ることができ、便秘や下痢などといった腸の不調も整えてくれるといった効果が期待できます。ただし、青汁の中にも様々な種類があり、農薬を使って作られた野菜が入っている場合やどこでとれた野菜が使われているのかがきちんと明記されていない青汁などもあります。ただでさえ体に気を使って飲む青汁ですから、そういった面でもしっかりとしたものを選ぶのが大切です。きちんと成分にも気を配って作られている青汁であればどこで作られた野菜が入っているのかきちんと明記されているのでそういった部分にも気を配って青汁を選びましょう。また、妊娠中というのは普段の体とは具合が違っていますので、体に合う合わないなどもありますので病院の先生と相談しながらどういったものを飲むのが良いか相談するのもよいでしょう。

満足度が高い青汁を選ぶ方法

  1. おいしい青汁-森永製菓

    毎日たった1本でケアする機能性表示食品
    青汁なのにおいしい!85%と評価※2016年「おいしい青汁」天使の健康モニターアンケート(森永製菓調べ)。野菜不足の方へ、この一本で一日の野菜摂取量不足分を補います。さらに、中性脂肪が気になる、血糖値が気になる、お腹の調子が気になる、こんなお悩みにうれしい3つの機能性で効果を発揮します!

    おいしい青汁の詳細

  2. やわた本青汁

    150億個の乳酸菌と大麦若葉の栄養をまるごと
    国産の大麦若葉を厳選。毎日たったコップ1杯で、大麦若葉. 最近では、多種類の原料を使用した青汁が増えてきましたが、やわたは原点にかえって、シンプルに大麦若葉だけが主原料の昔ながらの本青汁を作りました。

    やわた本青汁の詳細

  3. 熊本県産くわの葉青汁

    新芽にこだわった天然桑の葉を100%使用でマイルドな飲みやすさ
    熊本県の中山さんが農薬を使用せずに育てた桑の葉の新芽にこだわった無添加桑100%の青汁です。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養価も高く、何より美味しい青汁です。抹茶風味なのでお湯やお水、牛乳などに溶かしてご家族でお召し上がりください。

    熊本県産くわの葉青汁の詳細


これまで、青汁の素晴らしさについてお話しして参りましたが、現在、インターネット販売品、ドラッグストア等の市販品を含めると青汁商品は数百種類にものぼります。中には、青汁とは名ばかりの粗悪品も販売されています。粗悪品の中には、添加物だらけで栄養価の低い、ジュースのような商品もあるようです。今後の青汁選びで失敗しないためにも、是非、おすすめの青汁ランキングを参考にされてみてはいかがでしょうか。まず、第3位の青汁をご紹介します。その前に、青汁というものは美味しいものではないことをご理解下さい。美味しくしようとすればするほど、添加物や糖分が多くなります。そこで、苦みを感じずに高い栄養価のまま継続して飲むことのできる、ステラの贅沢青汁をおすすめ致します。錠剤で飲みやすい上、有効な成分はしっかり含まれています。青汁の苦みが苦手な方にお勧めの商品です。

おすすめランキング第2位は、青汁の元祖とも言える遠藤青汁みどりです。前項でもご紹介した青汁の生みの親、遠藤博士が推薦する、国産ケール100%の安心できる青汁です。みどりシリーズには、青汁の定番、粉末タイプや飲みやすさを重視した錠剤タイプなど様々あります。そして第1位は、定番の青汁がランクインしました。インターネットの口コミで人気、えがおの青汁です。飲みやすさにこだわり、主原料にケールではなく大麦若葉を使用していますが、栄養価は高く、更に酵素黒生姜を使用したことで、多くの効果が期待できそうです。是非一度、お試しください。

上手な青汁活用術

現代では、青汁はコンビニでも売られており、口にしたことのない方は少ないのではないかと思われます。しかし、昔のCMのイメージからか、おいしくないのではないかと苦手意識を持っている方や、いつも同じように水に溶かして飲むだけでは、単調な味に飽きてしまった方もいらっしゃるかもしれません。クセがなく飲みやすいように開発された青汁は、様々な料理に取り入れることができます。何種類も葉もの野菜を買わなくても、普段は野菜を入れないようなメニューでも、粉末状の青汁であれば手軽に栄養をプラスすることができます。野菜が苦手なお子様にも、忙しくてゆっくり食事をつくったり味わったりすることができない方にも、ぴったりな青汁活用術をいくつかご紹介します!

まずはおやつに取り入れる方法です。パウンドケーキ・チーズケーキ・ホットケーキ・シフォンケーキなど、「ケーキ」と名のつくおやつと青汁の相性は抜群です。特に調理法を変える必要もなく、粉を混ぜる時に適量の青汁を追加するだけでよいので、ぜひお子様におやつを作る際には青汁の豊富な栄養素をプラスしてあげてください。また、水で溶かして飲む代わりに、ヨーグルト・スムージー・牛乳・豆乳など、朝食によく出すようなものにプラスするのもおすすめです。一日の活力となる朝食が、ますます健康に役立つものになるでしょう。チャーハン・そば・お茶漬けといった炭水化物が中心のメニューにも、青汁をプラスすれば多くの栄養素を同時に摂ることができます。いずれも最後にふりかけるような調理法で問題ありません。その他、ドレッシングやスープにも活用できます。「飲むもの」というイメージを捨て、調味料のような感覚で青汁を使うと、「入れなきゃ損!」というくらい、どんな料理にも応用できることに気づかされるはずです!

青汁で野菜不足を解消しよう!

青汁
意識していなければ野菜不足の生活に陥ってしまう…これは多くの人に当てはまることではないでしょうか。バランスの良い食事を毎日続けるということは、実は難しいことなのです。まず、バランスを保つためには複数の食材を購入・調理する必要があります。レンジでチンする「だけ」、お湯を注ぐ「だけ」で、炭水化物や脂質は摂れても、ビタミンやミネラルまで必要量をバランスよく摂取するのは困難かと思われます。必要な栄養素を考え、それをもとに食事の準備をすると、肉や野菜など、多くの種類を買わなければなりません。また、それぞれを生で食べるのが良いのか?焼いたり、蒸したりするのが良いのか?という調理法の問題、どの食材と組み合わせるとバランスよく食べられるのかというレシピや食べ合わせの問題、そして買った食材を無駄なく使い切るための知恵や経験が必要であるという問題…少し考えただけでも「面倒くさい」というのが本音ではないでしょうか。どんな人にもこういったやりくりをできる時間や費用や能力があるとは限りません。これが、気を抜くとすぐに野菜不足になってしまう原因となっているのでしょう。

そんな方にオススメなのが、生野菜の持つ栄養素をぎゅっと凝縮させて粉末や液体にした「青汁」です。スーパーまで何種類もの重い野菜を買いに行かなくても済みます。また、あまり保存期間のない生野菜の腐敗や使い切りを気にしなくて済みます。そして、水や牛乳に溶いて飲んだり、普段の食べ物にかけたり混ぜたりできるため、レシピを調べなくても済みます。料理の得意・不得意に関わらず、自分やともに食事をする相手に必要な栄養素を届けるために、ぜひ活用してもらいたいのが「青汁」なのです。

野菜不足が引き起こす症状・病気

前項で野菜不足に陥っている人が多いという現状をお伝えしましたが、自分は「野菜不足」に当てはまるのかどうか、下記を参考にぜひ確認してみてください。
まず、便通は毎日ありますか?特に女性には便秘で悩む人が多いと言われますが、どのくらいの期間便通がないことを便秘と言うのでしょうか。人それぞれのリズムがあると思いますが、本来は毎日あるべきものです。一般的には、毎日でなくても1週間に1〜2回の排便があるようであれば軽い便秘、逆に1週間以上排便がない場合は重い便秘であると判断できます。便秘の原因は様々ですが、水分・食物繊維などが不足することによる便秘もあります。軽い便秘であれば食生活の改善などによるセルフケアで解消できることもあります。また、お肌が荒れてしまっていませんか?排便によって不要なものが体外に出されていかないと、体の中に毒素が溜まっていってしまいます。このことが体重の増加や、吹き出物・ニキビの原因となります。

風邪をひきやすくなったり、イライラしがちになったり…という症状も、必要な栄養素が十分に摂れていないことが一因かもしれません。思い当たる項目が少しでもあれば、野菜ジュースや青汁を飲む、サプリメントを摂るといった簡単なことからでもいいので、すぐに対策をとるようにしましょう。
なんとなく体調が優れない…という範囲にとどまらず、野菜不足は病気の原因にもなります。大腸がん・動脈硬化・高血圧などを引き起こし、生活習慣病を招きます。野菜に含まれるビタミンやミネラルは免疫力を高める働きを持っています。これが不足しているということは、病気に打ち勝つための力がなくなるということになります。

青汁と緑茶の違い

青汁
青汁とは、緑葉野菜、緑黄色野菜を絞った汁で緑色だから青汁、という事なのですが、では同じ緑色の緑茶はどうでしょうか。青汁は野菜を絞った汁なのに対して、緑茶はお茶の葉からとった茶葉を利用して作ったものです。ですから緑色の飲み物ですが、種類としては全く違うものになります。そして、緑茶として分類されるお茶の種類はたくさんありますが、種類によっては加熱処理などたくさんの過程があるため、お茶として飲んだ時に得られる栄養素は茶葉である時の栄養素の3割程度になるものもあるようです。中には茶葉の栄養素をほとんどそのまま含んだ緑茶商品もあるようです。しかし緑茶も体に良い成分をたくさん含んでおり、長く続けて飲むことでたくさんの体に良い効果が得られることが分かっています。
緑茶でよく知られている成分と言えばカテキンだと思いますが、カテキンはお茶の渋み成分の事で、抗酸化作用や抗菌作用、コレステロールの低下や口臭予防などの効果があります。中でも抗菌作用はよく知られていて、緑茶成分が配合された洗剤や、たくさんの商品が販売されています。緑茶の抗酸化作用もかなりのもので、やはりがん予防や成人病の予防などたくさんの効果が期待できます。よりたくさんの種類の栄養素を摂取したい、ということを考えると、青汁だけではなく、日本に昔からある緑茶も活用すると良いと思います。青汁は主に冷たい状態で飲むのが一般的ですが、緑茶は暖かい状態で飲むことが多いと思いますので、夏は主に青汁、冬は主に緑茶、という利用の仕方もよいのではないでしょうか。

青汁と野菜ジュースの違い

青汁は緑葉野菜や緑黄色野菜を絞った汁ということですが、大きく分けると野菜の汁という事なので野菜ジュースに分ける事になります。では一般的に販売されている野菜ジュースと青汁の違いは何なのでしょうか。一般的にスーパーなどで販売されている野菜ジュースなどはフルーツが多めに入っているため、栄養価は青汁には劣りますし、美味しく飲めるように甘く作られているため、どうしても糖分が多くなりがちです。そして野菜ジュースとして製品になるまでに、たくさんの加工の過程があるので、本来野菜やフルーツが持っている栄養素がどうしても何割か壊れてしまいます。しかしそうは言ってもやはり野菜ジュースなので、野菜不足を感じているときや、食事をゆっくりとる時間がない時に利用するならば、スーパーやコンビニなどでどこでも販売されている野菜ジュースはとても手軽で役立つものです。

青汁はたくさんのバランスの良い栄養素、ミネラル等を摂ることにとても役立ちます。一方、甘くて美味しい野菜ジュースなどはフルーツを多めに使っているため、ビタミンを多く含んでいます。たくさん野菜ジュースを飲んでしまうと糖分の摂りすぎが少し気になりますが、ビタミン不足を感じる時などに利用するならばとても良いと思います。野菜不足が気になるけど、バランスよく野菜を食べるのは難しいから野菜ジュースをよく利用している、という方は多いと思いますが、自分に必要な栄養素は何なのかということや、糖分の過剰摂取にならないように気を付けながら、自分が必要なものを利用するようにしましょう。