必見!効果を実感してわかった本当におすすめの青汁

青汁は美味しくない飲み物、として注目を浴びていた時期もありましたが、近年ではそのようなイメージは薄れつつもあるでしょう。美味しい、美味しくない、という感じ方は、人それぞれ違う部分もありますので、青汁自体が苦手だと感じる人もいるかもしれませんが、最近では、商品の種類も増え、楽しみ方も広がりを見せています。以前飲んでみて、嫌いだ、と感じた人も、改めて青汁に注目してみるのも良いでしょう。健康に良い、美容に良い、などのプラスのイメージもありますので、これらの良い部分にも目を向けながら、いろいろ調べてみると、新しい発見に出会う事もあるのではないでしょうか。

すぐにでもおすすめの青汁ランキングを知りたい方は 自分に合った青汁を探す をご覧ください。

青汁、という言葉ではありますが、実際には、緑色の飲み物でもありますね。青汁は、緑葉野菜とも言われる、緑色の葉の野菜などを絞って汁にしたものを指しています。緑色の葉の野菜、と一言で言っても、野菜の種類は複数あるように、青汁にもいろいろな材料の種類があります。テレビや雑誌などのメディアから商品の情報を得る事もあるかと思いますが、販売しているメーカーも複数あり、多数の商品を見る事ができるでしょう。また、商品を買う、という選択肢に限らず、自分作る、手作りの青汁、という分野もあります。このように、たくさんの楽しみ方があるように、それぞれの味も様々にありますので、詳しい情報を調べ、どのように役立つのか、という働きや効果などにも触れながら、自分の食生活に青汁を取り入れる事を検討してみましょう。

青汁の効果を知ろう

おすすめの青汁
青汁が体に良いということは、皆さんご存知かと思います。では、具体的にどのように体に良いのでしょうか。まず、青汁の効果は、ケールの効果でもあります。青汁によっては、ケール以外の野菜が主原料として使用されることもありますが、最も多く、青汁の主原料に用いられるケールの栄養素を知ることで、青汁の効果を知ることができます。
ケールには、私たち現代人に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。中でも、野菜不足の方に欠かせないビタミンの含有量は、他の野菜と比べても非常に高いと言われています。ビタミンCはキャベツの約6倍、ビタミンEはピーマンの約3倍、βカロテンはトマトの約5倍、カルシウムは牛乳の約2倍含まれています。また、現代人に不足しがちな食物繊維やミネラル、普段の食生活では補いきれない栄養素も豊富に含まれています。

主な効果は、便秘の解消、美肌効果、血流を良くする効果、免疫力の向上などが挙げられます。また、女性に嬉しいアンチエイジング(老化防止)効果やダイエット効果も期待されています。更に、癌などの病気予防にもケールはお勧めの野菜です。血糖値やコレステロール値の上昇を抑制する効果も高いと言われています。その他にも、青汁には、糖尿病や脳梗塞、心臓病などの生活習慣病を予防する効果があります。病気になってから焦るのではなく、健康な今だからこそできる健康対策を、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

青汁の主な原材料

青汁というと苦くて飲みづらいという思いを抱いている方が多く、そのイメージから健康に良いけれど飲むのを躊躇している方もいるかと思います。ですが、昔と比べると今では青汁の種類も数多くあり粉末状の溶かして飲むタイプやゼリー状のものまで販売されています。また、青汁に含まれている原料にも様々なタイプが発売されるようになり、苦味が抑えられて飲みやすく作られている青汁も多く存在します。青汁の主な原料には3つのタイプがあり、昔から多く作られているのがケールという野菜を使った青汁です。この青汁は他の原料で作られている青汁よりも苦味が強くケール独特の青みの強いタイプで、昔ながらの青汁といった飲み味が特徴です。そのほかには、大麦若葉が次いで人気のある青汁になっています。

様々な栄養素を豊富にバランスよく取れるのが特徴でケールの青汁と比べると苦味や青汁独特の風味が抑えられているため、初めて青汁を飲むという人にも飲みやすいため、青汁の苦味が苦手で飲めないという方は大麦若葉で作られている青汁を試してみるのが良いかもしれません。これらの2つ以外にもポピュラーになってきている青汁に明日葉を使った青汁があります。この青汁の特徴は他の青汁に比べると高いカリウムを含んでいるということにあります。カリウムをきちんと摂取することによって体内に溜まっている余分な水分や、栄養素を外に出してくれるデトックスのような効果があるため、ダイエットにも向いている青汁と言われています。原材料としては価格設定が高めですが、ダイエット目的で青汁を飲むのであれば明日葉が原材料のものを選ぶとよいでしょう。

青汁に含まれる栄養素

おすすめの青汁
青汁といえば健康に良い飲み物として幅広く知られていますが、では実際にどのような栄養素が入っているのか飲んだことのない方はあまり知らないという方が多くおられるかと思います。青汁には普段の生活に欠かせない多くの栄養素が含まれていて、毎日の食生活にプラスすることで体の栄養を整えるといった効果が期待できます。日本人は海外に比べると野菜やフルーツなどといった食品の摂取量が低くビタミンやミネラルなどが不足しがちになっています。青汁にはその名のとおり青野菜を中心としてたくさんの野菜の栄養素がそのまま入っているため、食事で栄養素を摂るよりも手軽にしっかりとした栄養素を取り入れることができます。

青汁に含まれている主な栄養素にはビタミンやミネラルの他に食物繊維やカルシウム、カリウムなど様々なものが含まれています。青汁にもたくさんの種類があり、もちろん原料によってそれぞれ特徴があるため含まれている栄養素にも若干の違いがありますが、どのタイプの物にもビタミンやミネラル等の野菜からとれる栄養が豊富に含まれています。これらの栄養素は体の内側から調子を整えてくれるため毎日青汁を取り続けることで健康な体を作ることができます。美容やダイエットなどにも効果があると言われていますが、これは青汁にビタミンやミネラルなどといった栄養素が豊富に含まれているためで、体の中に溜まっている毒素を出して内側から綺麗にしてくれるという特徴があるためでもあります。また、豊富な食物繊維があるため便秘がちな方にもおすすめで、腸内の改善にも役に立ちます。

青汁とビタミン

青汁に含まれる代表的な栄養素のひとつにビタミンが挙げられます。これはどの青汁にも豊富に含まれている栄養素で私たちの体に欠かすことのできない栄養素のひとつでもあります。もちろん、青汁の原料や製法によって含まれる量は違ってきますので購入する際には、どれくらい含まれているのか確認をしてから買うようにしましょう。また、ビタミンだけに限って言えることではありませんが、過剰に取りすぎても体に負担がかかってしまうだけなので、適切な量を摂取し体を健康に保つことを考えながら摂取するようにしましょう。ビタミンが体に及ぼす効果ですが、それには様々な効果があります。ビタミンには様々な種類があり、その種類によっても体に与える効果は様々です。ですが、どのビタミンが自分に不足しているのかはなかなかわかるものではありません。その際にサプリなどでビタミンを補うよりも効果的に多くの種類のビタミンを摂取できるのが青汁です。

様々な野菜をベースに作られているため豊富なビタミンを手軽に体に取り入れることができます。ビタミンと聞くと美容面での効果を期待する方も多いかと思いますが、ビタミンというのは皮膚の状態を正常に保ってくれる効果もあるため、皮膚炎や口内炎などといった症状を和らげてくれる効果もあります。そのため、肌荒れに悩んでいる方にもおすすめなのが青汁です。また、ビタミンには血液にも良いとされていて、例えばビタミンKなどが不足してしまうと鼻血や女性の場合であれば、月経の際の出血が多くなってしまったりといった障害が現れるケースもあります。また、ビタミンBなどが不足すると貧血の症状が現れる場合もありますので、ビタミンとひとくちに言っても様々な面で大切な栄養素のひとつになっています。なかなかビタミンをきちんと取れていない現代人にとって手軽にビタミンを摂ることのできる青汁は、とても優秀な補助食品であるとも言えるでしょう。

自分に合った青汁を探す

  1. おいしい青汁-森永製菓

    毎日たった1本でケアする機能性表示食品
    青汁なのにおいしい!85%と評価※2016年「おいしい青汁」天使の健康モニターアンケート(森永製菓調べ)。野菜不足の方へ、この一本で一日の野菜摂取量不足分を補います。さらに、中性脂肪が気になる、血糖値が気になる、お腹の調子が気になる、こんなお悩みにうれしい3つの機能性で効果を発揮します!

    おいしい青汁の詳細

  2. やわた本青汁

    150億個の乳酸菌と大麦若葉の栄養をまるごと
    国産の大麦若葉を厳選。毎日たったコップ1杯で、大麦若葉. 最近では、多種類の原料を使用した青汁が増えてきましたが、やわたは原点にかえって、シンプルに大麦若葉だけが主原料の昔ながらの本青汁を作りました。

    やわた本青汁の詳細

  3. 熊本県産くわの葉青汁

    新芽にこだわった天然桑の葉を100%使用でマイルドな飲みやすさ
    熊本県の中山さんが農薬を使用せずに育てた桑の葉の新芽にこだわった無添加桑100%の青汁です。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養価も高く、何より美味しい青汁です。抹茶風味なのでお湯やお水、牛乳などに溶かしてご家族でお召し上がりください。

    熊本県産くわの葉青汁の詳細


健康や美容に良いと言われる事柄においては、継続、というポイントが重要視される時があり、青汁の場合にも、続けて飲む事が勧められる時がありますが、青汁を飲み続ける、というのが想像しづらい人もいるかもしれませんね。継続して飲む為には、自分の好きな青汁を見つける事も大切です。商品を買うか、自分で作るか、というスタイルの違いもありますが、商品を購入する場合にも、選ぶポイントは複数ありますので、まずは、どのような商品があるのか、というのを全体的に見ながら、自分にとって必要なポイントを参考に、上手に選んでいきましょう。

以前に青汁を飲んだ事がある場合には、その時に自分が感じた事も役立ちます。苦手だと思った味に出会った時には、どのような材料で作られていたのか、というのを参考に、違う材料で作った青汁を試してみるのも良いでしょう。また、原材料を見る際には、アレルギーや自分に合わない成分が含まれていないかどうか、などの注意点も併せて確認する事が大切です。注意事項には、体調や体質などに関する内容もありますので、商品一つ一つによってその都度確認するようにしましょう。また、味や飲みやすさ、というのは、実際に飲んでみないとわからない部分もありますね。そのような時には、サービス面にも視野を広げながら、お得なお試し品の商品や、無料サンプルなどを利用してみるのも良いでしょう。続けて利用する上では、経済面での負担が少ない事も大切ですが、定期購入によってお得になる、というサービスもよく見られますので、これらも選択の一つにしてみましょう。

青汁には種類がある

青汁、と聞くと、コップに入った緑色の液体を思い浮かべて、同時に以前飲んだ事のある味をイメージする事もあるかもしれませんね。どの青汁も見た目の違いがそれほど明らかではない為、初めに飲んだ味が印象に影響を与えてしまう事もあるかと思いますが、青汁にも種類があり、それぞれによって、味の違いや飲みやすさの違いなどもあります。商品を探しながら、いろいろな種類を把握してみるのも良いでしょう。詳しくどのような物があるのかを知る事で、自分の好きな味が探しやすくなる時もあります。

どの点に注目するかで、青汁の種類の見方も変わってきますが、例えば、商品を買うか、手作りをするか、という違いもあるでしょう。商品を買う場合も、手作りをする場合も、使用する材料によって様々な種類がありますが、商品を選ぶ際にも、原材料の種類を見てみる事は、役立つポイントの一つです。よく挙げられる種類には、ケールや、明日葉、大麦若葉、桑葉、などがありますが、複数混ざっている物もあれば、ほかに、抹茶やフルーツ、美容成分などが配合されている物もあり、飲みやすさや効果の面で工夫された物が様々にあります。使用している原材料によって、味にも影響がありますので、自分が好きかどうか、自分に合うかどうかを、飲む前に判断する際に役立つでしょう。また、粉末の物を溶かして飲むタイプはよく見られますが、ほかにも、缶やペットボトルに入っていて液体の状態になっている物や、粒状のタイプの物や、ゼリータイプの物などもありますので、参考にしてみましょう。

青汁は体にいいの?

おすすめの青汁
これほどまでに世に広まっている青汁、とてもシンプルな疑問として「本当に体にいいのか?」と思ってしまいますよね。確かに含まれている栄養素からしても、食物繊維:体内の毒を排出する働き、ビタミン類:皮膚や粘膜など体の各機能を正常に保つ、ミネラル類:生命維持に欠かせない、と体に良いことは間違いなさそうです。加えて、ここまで支持されるのは、手軽さも手伝ってのことでしょう。青汁に含まれているような栄養素を全て食事で摂ろうとするとかなり大量の野菜や葉っぱ類を食べなくてはなりません。ですが、青汁であれば1日コップ1~3杯の量でOK、消化の負担も少ない状態で豊富な栄養を摂取できます。

ただし、体に良い青汁も気をつけなければならない場合があります。それは、ある種の薬との相性があまり良くないことがわかっているのです。血栓塞栓症(脳・肺・脳・血管などの疾患)に対して投与されるワーファリンという薬剤がそれにあたるのですが、この薬は血栓を予防するために血を固まりにくくする働きをします。その働きが、青汁に多く含まれるビタミンKによって弱められてしまうのです。ケールは他の素材と比べると、比較的ビタミンKの含有量が少ないようですが、独断では飲用せずに医師や薬剤師に必ず相談してからにしましょう。また、腎臓に疾患を抱えている方、透析を行っている方も要注意です。青汁にはカリウムが多く含まれていますが、腎臓の働きが弱いとカリウムを体外に出せず、体内に蓄積されてしまう一方です。そうすると高カリウム血症になり、吐き気・嘔吐・血圧低下・しびれなどの症状が出ます。ご自身でもどんな疾患を抱えていて、どんな薬を飲んでいるのかきちんと把握しておくことが大切です。

青汁っておいしいの?

良薬は口に苦しと昔から言われているように、体に良いものは自分にとって都合の悪いものであったりもする、という認識が世間一般にはありますよね。青汁にも同じことが言えるかもしれません。正直、とてもおいしいからという理由を第一に挙げて青汁を飲むのを習慣にしている人はほとんどいないといってもいいでしょう。他のプラスα、例えば健康に良いとか、お肌に良い、お通じを良くしてくれる、飲むと体調が良い、野菜がわりに飲むと安心する、などという利点があってこそ、皆さん飲んでいらっしゃるのだと思います。
とはいえ、良薬(青汁は薬ではありませんが)に対して人間は常に挑んできました。というのも、実際に市販薬や医療薬含め、”飲みやすさ”に対して取り組む姿勢は真剣そのものです。

苦い薬の代表でもある漢方では、粉薬が一般的でしたが、錠剤に加工されているものも出ていますし、子供用の薬には大体甘い味付けがされています。大人用の薬にも粉糖などが加えられ、飲みやすくしてあるのが通常です。また、オブラートで包んで飲んでしまうという方法もある種の苦さ・まずさからの回避方法でもあります。最近ではゼリータイプのオブラートも販売されていますよね。青汁は健康食品ですが、例外とは言えません。いかに飲みやすくするか、を各メーカーが日々考え、改良し、素材を変え、製法を変え、さまざまな努力や試作を重ねた結果、今の商品にたどりついているのです。ですので、最大の魅力とも言える豊富な栄養素はそのままに、飲みやすいタイプの青汁も多くあります。本当にいろいろな種類の青汁が世の中には存在するので、1度まずいものにあたってしまっても諦めずに他のタイプにチャレンジしてみると、自分の口に合うものを探し出せるはずです。その際には、無料サンプルをもらえるメーカーやお試しパックを安価で販売している会社もありますから、ぜひ活用しましょう。

金額ってどれくらい?

おすすめの青汁
青汁を飲もうと決めた方、どれにするか悩みどころですが、やっぱり必ず気になる点と言えば価格ですよね。毎日続けるためにもあまりにも高額だと家計を圧迫して困りますし、安くて助かるけれども質が悪かったらそれはそれで困ります。そこで、青汁というものはどの程度の価格帯なのかを調べてみたいと思います。各社間で価格設定はさまざまで、包装数、1日の推奨摂取量も異なっており、ただ単に1箱あたりの価格で比べてしまうと本当の相場が出てこないので、1ヶ月(30日とする)あたりにかかる価格を出してみようと考えました。

さて、20種類程度の青汁を調べてみましたが、1ヶ月あたりの価格は1,600~9,900円とかなりの幅が見られました。1日あたりに換算すると53.3~330円と、約6倍もの開きがあります。個人的な感覚で恐縮ですが、1日50円程度ならばさほど負担には感じずに続けられそうです。330円のものは、我が家の家計だと少々厳しいかなと感じます。試してみて、おいしいと感じ、かつ体に良いことを実感できないとなかなか踏み切れないラインです。さらに家族のうち、何人が青汁を飲むかによってもかかる費用は変わってきます。皆さんそれぞれの家庭・家計状況によって、健康食品に割くことのできる金額は異なってくると思いますので、おおよその価格を参考にぜひ1度検討してみてはいかがでしょうか。最後に、メーカーの中でも初回限定、定期購入限定などの条件を満たせば、定価よりも安く購入できるものもありますので、それも利用しない手はないですね。

配合成分や使用素材はどんなもの?

さて、青汁の代表的な栄養素といえば、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維の3つが挙げられます。そしてビタミンの中でも含有量が多いとされているのが、ビタミンA・C・Kです。それぞれ、Aは皮膚、呼吸器、消化器官などにある粘膜を正常に保つ作用が、Cは抗酸化作用が、Kは骨や血管、血液の働きを支える作用があります。次にミネラル類ですが、中でもカリウム、リン、カルシウム、亜鉛が豊富だとされています。カリウムは塩分を排出すると共に血圧の調整も行っています。リンは歯や骨の形成を促し、代謝を高めてくれます。カルシウムは言わずもがなですね、歯と骨を健康的に保ちます。亜鉛は万能な働きをしてくれるミネラルで、発育を促し、味覚を正常に保つのにも必要です。最後に食物繊維ですが、お通じを良くしてくれる上に、体の中に蓄積された有害物質を吸着して体外へ出してくれます。いずれにしても、全てが人間が生きていく上で必要な役割をしてくれる成分と言えますよね。

それらの成分を含んでいる主素材として、大麦若葉、よもぎ、桑の葉、ケール、などの葉物が使用されるのです。他にも身近な野菜、例えばキャベツやレタス、セロリなどを入れている会社もありますよ。飲みやすくするための甘味や風味を加えるため、オリゴ糖や黒糖、はちみつ、緑茶や抹茶、果物類を配合しているタイプの青汁も多くあります。また、青汁+サプリメントの様相を呈している製品もあり、+コラーゲン、+プラセンタ、+キトサン、+グルコサミンなど、青汁は健康食品として多種多様な展開を見せています。