おすすめの青汁3選|1200人の効果を口コミ比較!

青汁は数多くの健康関連商品、栄養補助食品の中でも特に歴史が古く、長く今まで販売されてきたものです。それゆえに青汁は利用者も多く、また継続して利用している人も多いですから、その分だけ製品に対する信頼性は高いのです。長く人々の信頼を得て使用されてきたものなのですから、これから初めて利用してみよう、という方にもきっとうれしい効果を与えてくれることでしょう。

すぐにでも青汁おすすめランキングを知りたい方は 青汁選びのポイント をご覧ください。

ですが、青汁ってあんまりよくない話も聞きますよね。味が美味しくないとか高いとか。そんな話を聞いてしまえば青汁生活を始めるのにちょっとためらいが出てきてしまいますよね。ここではそんな青汁に興味がある方、青汁を始めてみたいけれどまだ悩んでいる・・・、という方のために、青汁について基本的な知識をご紹介していこうと思います。まずは基本中の基本、青汁とはいったいどんな製品なのか。どうやって飲むものでどうやって作られているものなのかについて。さらには青汁がなぜこれだけの人気を勝ち取り、長く利用者を伸ばし続けているのか。また青汁を利用することで得られるメリットとデメリットについてです。どれも青汁を始めるためには必要な情報ばかりですから、ぜひお時間があるときにでも読んでいってくださいね。

青汁って何?

おすすめの青汁
数多くの健康食品の中で、特に高い知名度と人気を誇る青汁。青汁とはいったいどんなものなのでしょうか?青汁とは、青野菜、つまりほうれん草や小松菜などに代表される葉物野菜を搾って抽出できる汁のことを言います。なので形状としては、ジュースに近く液体の青汁の場合はそのまま、粉末状の青汁ですと水や牛乳などに溶かしてドリンクとして飲用するのが一般的な使用方法になります。ただ葉物野菜を絞った汁である、とはいっても実際に原材料として使用されている野菜は普段スーパーで見かけるような、ほうれん草や小松菜などのメジャーなものではありません。

もちろんそういった栄養、ビタミンや鉄分たっぷりの野菜も使用されている製品はありますが、青汁の原材料として使用されるのは明日葉、大麦若葉、ケールである場合が多いです。この三つの野菜は、一般的な野菜とは言いがたいですよね。実際にスーパーや八百屋さんにあったとしてもどんな調理方法で調理が出来るかわかる方は少ないでしょうし、どんな味や特徴があるのか、という点も結構あやふやです。ですがこの三つの野菜は、非常に多くの栄養素をバランスよく含んでいますので、青汁の原材料としては最適です。普通の食事としては摂り入れにくいこれらの野菜は、青汁の原材料として使うことで効率よく栄養素を摂取することが出来ますから、幅広い栄養素を満遍なく摂取するために青汁を飲用するのはとても利にかなった方法だといえますね。もちろん原材料には上の三つの野菜以外にも、各種栄養素をたっぷり含んだものや飲みやすい味のものなどいろいろなものを使用しているようですので、製品ごとの味や特徴をしっかり調べて自分が飲みやすいものを選んでくださいね。

青汁はなぜ人気なの?

健康食品にはいろいろな種類のものがあり、またその数はどんどん増加しているようです。日本全体が長く続く健康ブームの真っ只中である昨今、体にいい、健康な体を維持するために活躍してくれる健康食品の数が増えることは、利用者としては非常に喜ばしいことでしょう。ですが製品の数が増えるということは、人気のないものは自然と淘汰されていくのも当たり前の話で。そのためにこの間まであったのにもう店頭から姿を消している、なんて製品もちょくちょく見かけますよね。そんな生存競争が激しい健康食品業界の中で、ひときわ長くゆるぎない地位を得ているものが、青汁です。青汁が長くその地位を確立しているということは、それだけ人々の注目を集めている、利用者が多い、ということにつながりますが、ではなぜ青汁はそんなに高い人気を得続けているのでしょうか。

それは、バランスのよい栄養素を一度に少量の飲用で摂取出来る、という点が大きいように思えます。粉末状の青汁でも液体状の青汁でも、大体一日にコップ1~3杯の摂取で必要な栄養を摂取できるようですから、忙しく食事にあまり気を配れない方などにはとても便利ですよね。そうではなくて、毎日きちんとした食事が出来る方でも、必要とされる栄養をすべて摂取するとなると、購入する食材の種類や量、調理にかかる手間は大変なものになります。普段の食事ではどうしても足りない栄養が出てしまいますから、それらを効率よくバランスよく摂取するためには青汁が最適で、それゆえ便利で有能な健康食品として青汁は高い人気を得ているのではないでしょうか。

青汁のメリット

おすすめの青汁
青汁を利用するメリットは、とてもたくさんあります。まずは、青汁を利用することで体が必要とする栄養素をバランスよくしっかり摂取できる、ということ。体が必要とする栄養を摂取するためには、毎日三回の食事にしっかり気を配り、いろいろな種類の食材をバランスよく摂取できるよう努力をする必要があるのですが、忙しい現代人にはそれって非常にハードルが高いですよね。食材の購入にかかる時間と費用、調理にかかる手間、そして使用する食材の種類が多いとその分出来上がる食事の量も増えますが、家族が少なければ全部を食べきれなくなってしまうジレンマ。食材や時間、お金を無駄にしないためには、これらの点をクリアしなければなりませんがこれってとても難しいです。ですが青汁ですと、ペットボトルや紙パックに入ったジュースタイプだったらのどの渇きを覚えたときに飲むだけでOK、粉末タイプでも朝起きたときや食事の前に準備をして飲むだけでOKと、非常に簡単に必要な栄養素を摂取することが出来ます。

また青汁には糖分が入っていないものもありますから、ジュースのように手軽に飲めるけれどジュースを飲むのよりもとても健康的で、糖分の過剰摂取を気にせずごくごく飲めるところも大きなメリットですね。液体タイプの青汁ですと冷蔵庫に入れておけばあとは飲みたいときの飲むだけですし、粉末タイプのものでもお茶を入れる感覚で手軽に飲むことが出来て、手軽さに体のことを考えられた栄養バランス、そして水分補給と非常に多くのメリットがある青汁、お試しパックもあるようですからぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

青汁のデメリット

青汁にはうれしい特徴がたくさんある、とは言ってもすべてがいいところばかりなんてことはありません。どんなものにもいいところがあれば悪いところもありますから、それらをよく知った上で利用をするかしないかを判断しなければなりません。ということで、今回は青汁のデメリットについてのお話です。青汁のデメリット。まずは味についてです。初期の青汁を知る方が口をそろえて言う、まずいという言葉。青汁はもとの原材料が葉物野菜ですから、フルーツジュースや炭酸などのように甘くて飲みやすい飲料だとは言いにくいです。特に青汁に利用されることが多いケールは、味に独特の癖と苦味があるようで、この味を受け付けられず青汁を飲用することが出来ない、という方は結構いらっしゃるようですね。ただ青汁にはいろいろな種類があり、味が苦手だという方のために飲みやすいフレーバーをつけたものもあるようですので、味が受け付けられなかった方はそういった飲みやすさを謳っているものを選んでみるといいかもしれません。

青汁のもう一つのデメリット、それは作りおきが出来ない、というところです。もともとが液体タイプの青汁や、保存料が含まれているものなら大丈夫かもしれませんが、青汁の多くは保存料が使用されていません。なので飲むとき飲むときに作らなければならず、それを手間だと思われるかたもいらっしゃるようですね。もしも出来るだけ手間をかけず簡単に飲みたい、と考えている方はジュースタイプやジェルタイプ、サプリメントタイプなどを選ぶようにするといいでしょう。このように青汁にもデメリットはありますので、購入するまえにどんなデメリットがあるか、知った上で利用を検討してくださいね。

青汁選びのポイント

  1. おいしい青汁-森永製菓

    毎日たった1本でケアする機能性表示食品
    青汁なのにおいしい!85%と評価※2016年「おいしい青汁」天使の健康モニターアンケート(森永製菓調べ)。野菜不足の方へ、この一本で一日の野菜摂取量不足分を補います。さらに、中性脂肪が気になる、血糖値が気になる、お腹の調子が気になる、こんなお悩みにうれしい3つの機能性で効果を発揮します!

    おいしい青汁の詳細

  2. やわた本青汁

    150億個の乳酸菌と大麦若葉の栄養をまるごと
    国産の大麦若葉を厳選。毎日たったコップ1杯で、大麦若葉. 最近では、多種類の原料を使用した青汁が増えてきましたが、やわたは原点にかえって、シンプルに大麦若葉だけが主原料の昔ながらの本青汁を作りました。

    やわた本青汁の詳細

  3. 熊本県産くわの葉青汁

    新芽にこだわった天然桑の葉を100%使用でマイルドな飲みやすさ
    熊本県の中山さんが農薬を使用せずに育てた桑の葉の新芽にこだわった無添加桑100%の青汁です。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養価も高く、何より美味しい青汁です。抹茶風味なのでお湯やお水、牛乳などに溶かしてご家族でお召し上がりください。

    熊本県産くわの葉青汁の詳細


青汁は健康にとても良い事が分かっており、最近では高い年齢層の人だけでなく、若い人でも健康を気にして青汁を始める人が多くなってきています。中には子どもからお年寄りまで、家族全員で利用する方も多くいます。青汁を利用する人が多くなれば、それだけ取り扱うメーカーも増えますし、商品の種類も多くなります。現在すでにたくさんの青汁商品が販売されており、これから青汁を飲み始めようと思っているけど、種類がたくさんあってどれにすればよいか分からない、という方も多いと思います。青汁というのは薬ではなく健康食品です。ですから、体調が悪いからといって飲み始めたらすぐ効いてくる、というものではありません。毎日続けて利用し、長く続けることで成人病の予防や病気に対するリスクの軽減などの効果を発揮します。

これから始めようと思う方、すでに始めている方も、長く飲み続けていくものですから、なるべくたくさんの種類のものをとりあえず利用してみて、よく吟味し、美味しく飲めるものやなんとなく体調が良くなったと感じるもの、肌がきれいになってきたと思えるものなど、自分にとって良い効果がでるものを長く続けてもらいたいと思います。とても評判の良い商品でも、味が美味しく感じられない、自分に合わないと感じれば長く続けることは難しいですし、美味しくないためにストレスになってしまってはあまり意味がありません。ストレスは健康の大敵ですから、ストレスなく毎日継続的に続けられるものを選ぶことがとても重要なことだと言えます。

青汁の美容効果

女性にうれしい効果というと、やはりこれですよね。美容効果。今回は青汁の美容効果についてお話ししていこうと思います。青汁にはいろいろな種類の栄養素が含まれていますが、その中でも美容に大事な成分、食物繊維。女性には便秘でお悩みの方がとても多いですよね。女性は男性よりも筋肉量が少ないので腸にたまった便を押し出す力が弱く、便秘になりやすいという体の構成上の理由もありますので、しっかり食物繊維をとり便秘を起こしにくくするのはとても大事です。青汁には食物繊維がたっぷりと含まれていますので、便秘を解消するのにもってこいです。便秘が続くと悪玉菌の影響により、肌荒れなどを起こしやすくなってしまいますので、美容のために食物繊維をしっかり摂取するようにしましょう。

そしてもう一つ、抗酸化作用について。体の中には呼吸の際や生命活動の際に発生した活性酸素が少しずつ蓄積されています。この活性酸素、正常な細胞を攻撃して細胞の働きを阻害してしまうという作用がありますから、お肌の場合は肌細胞を攻撃し、それによってお肌を守るためにメラニン色素が生成されしみの原因となってしまいますし、コラーゲンを破壊してしわやたるみが出来る原因を作ってしまうのです。そんな厄介者の活性酸素を除去するはたらきを持つのが抗酸化物質で、青汁に含まれるSOD酵素やビタミンACEなどの抗酸化物質が活性酸素を除去し、肌トラブルの原因を解消し正常なお肌を守ってくれるのです。正常なお肌を維持しながら代謝をアップさせお肌のターンオーバーを活性化させることが出来る、というすばらしい効果を持つ青汁。美しさを維持するためにもってこいの健康食品ですね。

青汁のダイエット効果

おすすめの青汁
青汁にはいろいろなうれしい効果がありますが、中でも女性やメタボリックが心配な男性必見の効果というと、やはりダイエット効果でしょうか。ぱっと見てそんなに太って見えなくても、体重や体形を気にしている方はとてもたくさんいらっしゃいますし、ダイエットに対する関心の高さは、性別、年齢による差もないですよね。さてそこで、青汁のダイエット効果について。青汁が持つダイエット効果とは、基礎代謝が向上するためにダイエットを成功させやすい、やせやすい体になるというものなのです。基礎代謝とは体が自然と行っている生命活動により、消費されるエネルギーのことで、たとえば呼吸や体温調節の際などに消費されるものです。呼吸も体温調節も、人が自分の意思で行っているものではありませんよね?なので基礎代謝が向上すれば、自分は何か特別なことはせずとも、体の中で消費されるエネルギー量は多くなりその分脂肪は蓄積しにくくなり、自然とやせやすく太りにくい体になるのです。

青汁には食物繊維や各種栄養素など本当にいろいろな体に必要な成分が含まれています。この、体が必要とする栄養をバランスよく摂取することで、代謝を低下させてしまう血行不良や老廃物の蓄積などが起こりにくくなり、代謝を向上させることが出来るのです。それに青汁にたっぷりと含まれている食物繊維。これはダイエットの大敵である便秘に効果を発揮してくれます。お通じがよくなれば蓄積される老廃物をスムーズに排出することが出来ますし、これらのことから青汁には高いダイエット効果があり、健康的なダイエットに青汁はぴったりだということが言えるのではないでしょうか。

青汁の生活習慣病予防効果

生活習慣の乱れや不規則によって発症の確立がぐんと上がる、生活習慣病。高血圧や高脂血症、メタボリックや糖尿病など、どれもそれ単体でも恐ろしい病気ですが、発症してしまうことで他の病気を誘発してしまうことも多く、健康な体を維持するためにも生活習慣病にならないよう規則正しい生活を意識しなくてはなりません。ですが生活習慣病とは、生活習慣によって発症の確立がぐんと上がってしまう病です。生活習慣、つまり運動習慣とか食習慣とか、飲酒や喫煙などの嗜好などによって発症してしまいやすくなるのです。公共交通機関や車頼りで、まったく運動をしない。食事の時間や内容が不規則で、肉ばっかりとか脂分や糖分が過多なメニューばかりを選んでしまっている。そして過度や飲酒や喫煙など。こういった内容は、誰しもが心当たりがあるのではないでしょうか。特に運動不足や不規則な食事は、気になっていても仕事やプライベートの忙しさで改善する暇がない、なんてことは珍しくはありません。

そんな、いわば生活が乱れに乱れていて生活習慣病の発生リスクが上がっている方にはぜひとも青汁をおすすめいたします。青汁には生活習慣病を予防する効果があります。ビタミンCやビタミンB郡、食物繊維やカルシウムなど体が喜ぶいろいろな栄養素により、血栓を予防しスムーズな血液の循環を維持、代謝を上げて余計な脂肪の蓄積を防ぎ抗酸化作用により細胞の老化やさびを防ぎ、がんの予防など、どれをとっても恐ろしい生活習慣病を予防してくれる効果ばかりです。食生活や運動習慣、体にとってはいいことではない偏った嗜好をかえるのはなかなか難しいですが、せめて青汁を利用して、健康を維持できるようがんばりましょうね。

こんなにあった!青汁の効能

おすすめの青汁
青汁と聞いて一番に思い浮かべる栄養素が、食物繊維やビタミンではないでしょうか?
野菜不足の方に多いのが、便秘や肌荒れです。野菜に多く含まれる食物繊維は、水溶性のものと不溶性のものに分けられます。水溶性の食物繊維は、血糖値の上昇や、脂肪の吸収も抑えます。また、有害物質を体外へ出す働きもあります、不溶性の食物繊維は、腸内で水分を含んで膨らみ便を排出する働きがあります。これにより、便秘の解消が期待でき、体内に留まっていた毒素も排出されるため、肌荒れの改善にも繋がります。このように、不足しがちな食物繊維は、人間にとって重要な働きをもつことが分かっています。

また、野菜不足の方は、ビタミンやミネラルが不足し、免疫力が低下する傾向にあるようです。そのため、病気にかかりやすくなり、感染症などの発症も防ぎにくくなります。更に症状が進むと、塩分が排出されにくい体質へと変化し、高血圧を招きます。高血圧になることで、多くの病気を発症するリスクが高まることに繋がります。その他、カルシウムの成形に関わるビタミンD、抗酸化作用が期待されるビタミンE、体に必要な要素を多く含むミネラルなどが、野菜には多く含まれています。これらが不足することで、病気の発症は勿論、肌荒れや肥満にも繋がるようです。そして、これら全て含まれるのが、青汁です。青汁の主原料となるケールや大麦若葉には、ビタミンA、B、Cは勿論のこと、豊富なミネラル、食物繊維が含まれています。普段、あまり口にすることのない野菜ですが、非常に優秀な野菜と言えます。それらを毎日摂取できる方法は、青汁くらいではないでしょうか。

女性に嬉しい知られざる青汁の効能

前項でも述べたように、青汁には多くの効能があります。その中でも、女性に嬉しいのが、ダイエット効果ではないでしょうか。毒素や有害物質を体外に排出するデトックス、便秘の解消に不可欠な食物繊維が、女性には嬉しいですね。しかし、女性に嬉しい効能は、これだけではありません。春になり、花粉が舞う季節になると、マスクをした女性を多く目にします。メイクの上からでは、男性のように豪快に鼻をかむこともできず、せっかくのオシャレも台無しになり、外出が辛いものとなります。なんと、青汁の主原料であるケールには、アレルギー因子を減少させる成分が含まれていると近年、発表されました。辛かった花粉症が少しでも収まるのならば、試さない手はありません。

また、美容の面でも青汁は大活躍するようです。皮膚細胞の代謝に不可欠なビタミンAや葉酸、シミやくすみに効果的なビタミンCが、青汁には含まれていますが、これらが肌質の改善やアンチエイジングに効果絶大だと言うのです。同じ栄養量の野菜サラダを食べるのは、非常に大変です。是非、毎日2杯の青汁で美肌を手に入れて下さい。最後にご紹介したい効果は、冷え性の改善です。冷えは、多くの女性が悩んでいることのひとつだと思います。冷えは、女性ホルモンを乱すことも知られていますが、血行が悪くなることで、肩こりや肌荒れをももたらします。また、女性にとって最も怖い更年期障害が、重症化するとも言われています。甘く見てはいけませんね。青汁は、血液をさらさらにし、血行を良くするため、冷え性を治すことも夢ではありません。是非、今後の美容や健康のために、継続させたいものです。