おすすめな青汁3選と全効果

青汁とは、緑葉の野菜や植物を絞り、出てきた液体を人間が飲みやすく調節した飲料のことを指します。「野菜ジュース」とは少し異なり、飲みやすくするために含まれる砂糖などが含まれないのが一般的です。また、お茶などのように沸騰したお湯で煮出して飲むものでもないため、野菜や植物に含まれる栄養分を直接摂ることが可能です。そのため、栄養価が高い健康飲料として注目されています。

すぐにでもおすすめな青汁を知りたい方は 青汁選びで大切なこと をご覧ください。

現在販売されているものは、粉末状になり1回の飲む量を個分けにされたものが主流です。水で粉を溶かして飲むのが基本になっています。しかし青汁は、野菜ジュースと異なり「苦い」や「まずい」という印象を持たれています。これは芸能人のCM等の影響もありますが、実際に飲んでみるとその印象のまま、苦くて飲めないという人はたくさんいます。特に子どもに飲ませるには苦労する味だと想像できます。しかし先に述べたように、青汁はとても栄養価の高い飲み物です。そのため、老若男女誰もが飲めるように、味を工夫したりアレンジ方法を紹介する企業などが増えてきています。そういった開発者の努力により、今では私たちの生活に浸透し、年齢を問わず好まれるものになりました。風邪などをひいたときに飲んだり、ダイエットや便秘解消を目的として飲む人が多くいます。自分がどの目的で青汁を摂取するのか、明確にすることで、無理なく続けることができます。味が苦手な人は、各メーカーのお試しセットなどを活用すると良いでしょう。

各メーカーによって、味や配合されている原料なども異なります。自分の好みの味、自分が求めてる効果のある青汁を選ぶようにしましょう。「良薬口に苦し」という言葉がありますが、苦すぎるものを続けたり人に勧めることは難しいものです。現在は大麦若葉や小松菜、ヨモギなどの野菜や植物を使用した青汁が一般化しています。味もさほど苦くなく、原料も聞き慣れたものなので抵抗がなく摂取できるようになっています。また、テレビ番組の罰ゲームなどにわざと「苦い」青汁を使用して芸能人の反応を楽しむなど、栄養面でなく娯楽としても活用されています。しかしただ「苦い」だけでなく、もちろん栄養が高い青汁ですから、そういったテレビ番組に触発されて青汁に興味を持ったり購入したりする人が増え、青汁市場は繁栄していきます。また、入院している患者さんで、固形物の食事を摂ることが難しい人には、スポイトなどを使用して直接青汁を摂取させることも行っています。病院で採用されるほど、青汁は万能の効果があるのです。

そもそも青汁は、あの苦さゆえになかなか全国に知られることはなく、主に九州地方で飲まれていました。しかし平成に入ってから、テレビやCM・雑誌や新聞広告などの影響から健康飲料・健康食材ブームが起こり、広く知られるようになりました。しかし、青汁はビタミンAやカリウムを含むものが多くあり、人工透析を行っている人には症状を悪化させてしまう可能性があります。また循環器系の薬を服用している人は、薬自体の効果が薄れてしまう可能性があるため、持病がある人は事前に医師に相談する必要があります。風邪薬などは問題なく、むしろ栄養をつけるために一緒に摂取したほうが良いでしょう。また、野菜や植物を原料としているため、季節によっては多少味が異なる場合があります。最近ではハウスで生産しているため気候や季節に左右されることはなくなってきていますが、農薬不使用や有機野菜などの言葉をポイントとしている場合には、年間を通してまったく同じものが提供されるとは限りません。メーカーもそういった変化には配慮していますので消費者である私たちはそこまで感じることはありませんが、味が変わったから辞めてしまうことは避けるようにしましょう。どんな栄養食品でも、長く続けることに意味があります。人間の体は、悪化するのは早く進みますが、改善するのには時間がかかります。青汁を摂取し始めたあとすぐに効果が出る人もいますが、そのあとは低調になり、効果がなかったとして飲まなくなってしまうことがありますが、そういった人間の体のしくみを理解した上で、飲むようにしましょう。

青汁の効果

おすすめな青汁
「良薬口に苦し」という言葉がありますね。砂糖などが含まれている野菜ジュースなどと比べると、青汁はとても苦く感じます。しかしこの苦さが、効きそう!と思わせてくれるのではないでしょうか。さて、青汁の効果はどんなものがあるのでしょうか。青汁によって、普段の食事では補えない食物繊維等が摂取できます。○○さんが青汁で健康になったから、私も飲めば同じ効果が得られる!と考えるのは安易すぎます。人それぞれ生活習慣や体質が異なりますので、他人と同じ効果が出る可能性は少ないのです。どのくらいの量で、どういった効果が出るのか、自分で調節しながら飲むことが、早く効果を感じるための近道です。年齢を重ねるにつれ、体内では栄養を吸収する力が衰えてきます。特に鉄分やビタミンB1などが不足がちです。

サプリメントではだめなのかと考えがちですが、サプリで不足分を補うためには何種類も飲まなければなりません。手間やお金もかかりますが、青汁ならば1度で多くの栄養を摂ることが可能なのです。また、仕事のお付き合いなどで外食などをする人も多いかと思います。どちらかというと、肉料理や魚料理に偏ってしまうので、忙しくてバランスのとれた食事を食べることが難しい会社員の人にも、青汁の効果が期待できます。青汁を摂取する上で、多くの人が期待することが、便秘解消です。先に述べた食物繊維を必要な分摂取できる他、腸内環境を円滑にする水分も一緒に摂ることができます。そのため、便秘薬などを飲むより青汁を飲んだ方が効果が得られるのです。

青汁の副作用について

青汁を初めて飲む人が間違えやすいのが、「たくさん飲むほど効果がありそう」ということです。どんなによい食物でも、必要以上に摂取してしまえば、その副作用は必ず出てきます。ここでは青汁を大量に飲んでしまった場合に引き起こる可能性がある症状を紹介します。まず、下痢を訴える人が多くみられます。青汁に含まれる食物繊維が体内で働きすぎて、必要以上に消化してしまうため下痢になってしまいます。まずは飲む量を減らし、様子を見ながら量を調節していく必要があります。下痢を繰り返していると、体に負担がかかることは必須です。下痢が止まったあとも、胃が弱っている状態が続きますので、刺激のある食べ物は避けるようにします。

逆に便秘に悩まされる人もいます。これは食物繊維によって消化が良くなりすぎ、排泄とのバランスがうまくとれずに便秘になってしまうのです。こういった症状の場合にも、飲む量を少し減らし体調の変化を観察しましょう。それから少しずつ飲む量を増やしていき、自分に合う量を見つけましょう。便秘になる人は、説明書に記載されている通りに飲んでいるのに引き起こってしまうこともあります。体のしくみは個人個人で異なりますから、説明書通りにいかない場合ももちろんあります。またじんましんを訴える人もいますが、青汁による腸内環境の悪化が主な原因と考えられます。普段飲んでいないものが体内に入ってきて、消化器官はびっくりしているのでしょう。ゆっくりと慣らしてあげ、便秘や下痢知らずの健康な体になりましょう。

大麦青葉の青汁について

おすすめな青汁
最近は青汁の苦さも軽減され、老若男女が飲みやすいようになってきました。その火付け役となったのが、大麦青葉の青汁です。大麦青葉の青汁は比較的苦くなく、また高血圧の予防やコレステロールの抑制などの働きも成します。また、単純に野菜を絞る以上に栄養価が高く、ビタミンやミネラル、アミノ酸が多く含まれています。さらに、老化防止の酵素であるSOD酵素が含まれています。ケールを原料としている青汁は、ニオイや苦みがあり子どもなどに苦手意識を植え付けてしまいます。ケールから直接絞って自家製の青汁を飲もうとするならば、テレビ番組などで見る罰ゲーム以上の苦みを感じてしまうかもしれません!

確かにケールは栄養価が高いのですが、苦みに顔をゆがめながら毎日飲むのは大変なものです。こういった健康を意識した飲み物は、毎日飲んで長く続けることに意味がありますから、できるなら飲みやすくて栄養価も高いものがいいですよね。初めて青汁に挑戦するという人も、大麦青葉の青汁を選ぶようにしましょう。人によって感じ方は異なりますが、一般的に大麦青葉の青汁は抹茶のような味がするとされています。そのため、牛乳などを混ぜて飲むことによってオレ感覚で飲めると思います。また、レモンなどの柑橘系を混ぜてみるのもおいしいかもしれません。もちろん、料理に混ぜて加熱処理をしても栄養価には影響はありません。スープなどにして、体を温める目的としても大麦青葉の青汁は活躍できそうです。

青汁の過去と現在

青汁の基本的な作り方から、日本では昔から生産され飲まれてきました。またたくさんの種類を一度に摂取できるという利点もありました。農薬などの開発が進んでいなかった時代に、野菜を新鮮なまま長く保存することは難しいことでした。朝に収穫したものでも、晩御飯の頃には萎びてしまう可能性もありました。そういった時代の背景があり、青汁は古くから親しまれてきました。また一汁三菜の文化があった日本では、ご飯・汁もの・副菜2品といった品目が一般的であり、副菜は主に焼き魚や野菜が中心でした。毎回の食事に野菜を摂る習慣が身に着いていた傾向があります。しかし現代の日本では、食事の欧米化や外食などによる食事バランスの偏りなどが影響し、常に野菜不足という状態が深刻となっています。

また、温暖化の影響などによる大雨被害や日照不足などにより、野菜自体の価格も上がり、雇用問題などの経済的面も巻き込んで、なかなか思うように野菜を食べられないのが現状です。昔は「野菜は美味しいもの」として認識されていましたが、昨今は年齢を問わず食べ物の好き嫌いの振り幅が大きく、野菜の中でも食べる種類が偏ってしまうこともしばしばあります。こういった現代人の問題を解決へと導いてくれるものとして、最近はまた青汁が注目を集めているのです。近代化が進み工場や機械などが最新式になった今、人間の手で絞ることなく青汁が生産でき、手間や時間が少なくなったことから低価格で購入できるようになっています。食事の偏りや生活習慣が原因で便秘などの症状に悩まされている人も、青汁の効果に期待し摂取している人が増えているのです。昔から親しまれてきた青汁は、時代を超えても私たち日本人のニーズにこたえているのです。

青汁選びで大切なこと

  1. おいしい青汁-森永製菓

    毎日たった1本でケアする機能性表示食品
    青汁なのにおいしい!85%と評価※2016年「おいしい青汁」天使の健康モニターアンケート(森永製菓調べ)。野菜不足の方へ、この一本で一日の野菜摂取量不足分を補います。さらに、中性脂肪が気になる、血糖値が気になる、お腹の調子が気になる、こんなお悩みにうれしい3つの機能性で効果を発揮します!

    おいしい青汁の詳細

  2. やわた本青汁

    150億個の乳酸菌と大麦若葉の栄養をまるごと
    国産の大麦若葉を厳選。毎日たったコップ1杯で、大麦若葉. 最近では、多種類の原料を使用した青汁が増えてきましたが、やわたは原点にかえって、シンプルに大麦若葉だけが主原料の昔ながらの本青汁を作りました。

    やわた本青汁の詳細

  3. 熊本県産くわの葉青汁

    新芽にこだわった天然桑の葉を100%使用でマイルドな飲みやすさ
    熊本県の中山さんが農薬を使用せずに育てた桑の葉の新芽にこだわった無添加桑100%の青汁です。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養価も高く、何より美味しい青汁です。抹茶風味なのでお湯やお水、牛乳などに溶かしてご家族でお召し上がりください。

    熊本県産くわの葉青汁の詳細


青汁を選ぶポイントとしては、4つ挙げられます。飲みやすいかどうか、安全かどうか、価格はどのくらいか、定期購入することで割引などはあるのか、ということです。中でも1番個人差があるのが飲みやすいかどうかだと思います。安くて割引があっても、自分が苦痛を感じながら飲むのでは続かないためです。青汁は長く続けて摂取することが大切です。そのため無理なく飲めるものを選べるようなものを選びましょう。次に意識することは、安全性です。体に摂取するものですから、安くて飲みやすいものでも不調を訴えてしまうと本末転倒です。健康のために飲んでいるのに、病院に駆け込む原因となってしまうのは避けたいものです。次に、価格ですね。1日100円ぐらいのものを購入できると、月に3000円程になります。3000円分の野菜を購入して食べるのと、青汁を飲むのでは栄養価が異なります。

野菜で青汁と同じ栄養を摂ろうとすると、何倍もかかる可能性があります。また調理したり毎日スーパーに買いに行く手間や時間を考えると、青汁は手軽で効率的な健康補助飲料だということが分かります。しかし青汁を飲んでいるからといって、野菜を食べなくても良いというわけではありません。普段食べている野菜をサポートしてくれるとい意識で飲みましょう。最後に、定期購入についてです。1パック1ヶ月分という梱包方法がほとんどです。したがって、定期的に購入することが必要になります。3ヶ月分まとめて購入したり、半年以上続けた人には5%OFFなどの特典があると、またそこで購入したくなりますし、続けて飲む意欲にも繋がります。この4つの点を重点にして、青汁を選んでみましょう。

青汁の栄養素

青汁は栄養素がたくさん含まれていることが有名であり、そのためさまざまな健康や美容への効果を期待して飲みます。ビタミンやカリウム、マグネシウムなどを手軽に摂取できることやカルシウム、鉄分なども摂取ができるように考慮されている青汁もあります。ビタミンと聞きますと果物に多いイメージですが、肌に良いとされるビタミンCも野菜から摂取することも十分に可能です。果物はどうしても果糖が多いため、糖分の摂り過ぎも気になりますし健康状態によってはあまり摂り過ぎないようにと制限をされている人もいます。しかし野菜からの摂取でしたら果糖は含まずに安心ですし、果物からでは摂ることのできない栄養素も同時に体内に入ってくるためとても効率がよく野菜不足の解消を期待できるのです。

これだけ豊富な栄養素をバランス良く含んでいる健康に良い青汁ではありますが場合によっては少々注意しなくてはいけない点もあります。それは疾患などを持っていて、食事や成分に制限のある食生活の指導を病院から受けている場合には青汁を飲むことによってその食品を食べたことと同じになってしまうことがあるからです。青汁にはさまざまな栄養素が含まれているので、普段の食生活で野菜や果物その他食品から摂取するよりも多くの成分を手軽に飲むだけで取り込めてしまいます。それはとても便利なのですが、何か制限のある場合には成分の調節や何がいくつの数値だけ含まれているなどを調べてから飲み始める必要があり、逆効果にならないためにも大切なポイントとなってきます。

青汁が人気の理由

おすすめな青汁
青汁は昔から飲まれていると言っても過言ではない程に歴史のある健康食品です。野菜不足は今も昔も深刻な問題であり、特に現在は野菜の大切さはよく耳にしますし高脂血症などの成人病や高コレステロール、高血圧などの異常がある場合には野菜による体質と数値の改善はとても注目されています。近年では野菜も値上がり、気軽に野菜をたっぷりと摂ることが難しいこともありますし有機野菜なども注目されていてその場合にも価格が高いことが多いです。そう考えますと、青汁は無農薬野菜を使用しているこだわりのものや、国産野菜を使用などの安心なものも多いため青汁は良心的な価格で健康に良い野菜を摂取できることも人気の理由です。

また飲むだけなので時間のない時も手軽に摂取ができますし、食事を摂る時間がない時や朝食を食べる習慣のない人にもぴったりな健康法なのです。野菜や果物を食事から摂取するには調理をする必要もありますし、時間も場所も必要となってしまいます。忘年会や新年会など飲み会の席の続くシーズンなどでは野菜は不足しがちですし、帰宅が遅い仕事の場合だとダイエットや健康などを考えてこの時間から食事を摂るのは怖いと考えてしまうこともあります。しかし青汁はカロリーも低く、水に割って飲めるため安心して足りない栄養素を摂取できることも大きなポイントです。このように手軽にはじめられる青汁は続けやすく生活していく上で負担にならない点も人気だと言えます。

青汁は飲みにくいのか

青汁聞くとイメージとしては味が独特でやはり野菜の汁は飲みにくく、おいしくないけれど健康のために無理や我慢をして飲むという印象がありました。薬が苦くて飲みにくいのと同じように体に良いものもおいしくないものが多く、我慢して飲むものだという考えもありました。やはり野菜はくせのあるものも多く、個性的な味のものがあるため苦味や香りなどが気になってしまうことがあります。しかし最近では果物の果糖による自然な甘みによって飲みやすくおいしく仕上げた青汁もあり、さらに果物を加えることによって栄養素もアップして健康や美容によりいっそう期待ができるというメリットもあります。また果糖ではなく、甘みや飲みやすさを優先して甘味料を配合している青汁もあるため野菜が苦手な場合や青汁は飲みにくいというイメージがある場合にも安心です。

自分に合った成分を含み、好みの味の青汁を選ぶことはとても大切です。いくら体に良いと言ってもあまりにも飲みにくい味ですと、続けることができずに効果が感じられません。どの青汁も同じと思われがちですが、差別化をはかり特徴のある青汁がたくさんあるためいろいろと試してみることも有効です。また水で青汁を溶かして飲むことが一般的ですが、飲みにくい場合には牛乳やジュースで割って飲むなどの工夫も効果的であります。おいしい青汁というテーマのものも多いですが、好みの味ではない場合にはアレンジをして飲むこともおいしく飲む大事なポイントとなっています。

青汁を摂取する時間について

おすすめな青汁
青汁を飲もう!と思っても、いつの時間に飲むのが一番効果が期待できるのか想像できますか?青汁は病院などから処方されるお薬と異なり、どんな時間に摂取しても問題はありません。自由に飲めることが、時に悩みの種となってしまうことも少なくありません。基本的には、自分にライフスタイルや、青汁によって得られたい効果を考えてから時間を決めると良いでしょう。この時間帯だけは飲んではいけないという制限もありませんが、体質によっては青汁のデメリットが出てしまう場合もあるので要注意です。青汁を求める人の多くが効果を期待しているのが、便秘の解消です。便秘になってしまうとおなかの張りが気になるほかにも、新陳代謝が悪くなって太ってしまう原因となったり、肌荒れやニキビが発生する原因となりうる可能性があります。この便秘を少しでも改善したいと考えたときに青汁を飲む時間は夜、就寝前が良いとされています。

個人個人によって差はありますが、就寝前に飲むことによって青汁に含まれている食物繊維が無理なく腸まで届き、起床してから朝食を取り、軽く運動などをすることによって刺激され、腸の動きが活発になります。朝飲む場合にも効果がまったく得られないというわけではありませんが、腸に食物繊維を届け吸収されるまでには時間がかかりますので、寝る前に翌朝の準備をしておくほうが良さそうですね。人間が食事をとってから排泄されるまでには24時間かかるとされています。だからこそ、青汁は長期的に続けていく必要があります。

青汁を摂取する量について

どんなサプリメント、お薬、食物などにも共通することですが、過剰摂取は避けたいものです。もちろん青汁も過剰に摂取することは、逆効果をもたらしてしまう危険性があります。「体に良いから…」、「もっと効果を得たいから」といった理由で1度に大量に飲むことは避けましょう。一日の生活の中で野菜を食べる機会が少ない人は、毎回の食後などに飲むと良いでしょう。逆に毎回たくさんの野菜をバランスよく食べられている人は、1日1回でも問題はありません。このように、個人の体質や生活習慣によって、飲む量や回数が変わってくるのです。多忙な人や飲み忘れてしまうことがある人は、「食後に飲む」などのルールをつくっておくと、長期間飲み続けられることができるでしょう。

また、粉の青汁に関しては1回の量が適量で個別に梱包されていることが多く、飲むたびに摂取する量が著しく偏る心配もありません。また、多くの人に効果が出やすい量をメーカーが独自に研究しているので、自分で微調整をしなくても手軽に飲むことができます。そのため、青汁を初めて飲む人や、まだ飲み慣れていない人は梱包通りに飲むことをオススメします。長く飲んでいくと、どのくらいの量が自分に合っているのか考えながら飲むと良いでしょう。そこで増やしたり減らしたりすることができます。しかし増やすにも減らすにも、いきなり大量に増減してはいけません。青汁に慣れてきた体内が突然の変化に驚き、予想できない症状を引き起こしてしまう可能性もあります。ゆっくりと、自分の体と相談しながら、青汁と長い生活を続けましょう。