青汁を飲むべき効果とおすすめ3選

青汁にはたくさんの栄養素が含まれていますので、その効能も様々あります。原料ごとに効能をあげてみましょう。(クロロフィルについては次の項目で説明いたします。)ケールにはたくさんの栄養素が豊富に含まれていてその中でもスルフォラファン、ルテインという成分に注目です。スルフォラファンはキャベツやブロッコリーなどアブラナ科の植物に含まれています。抗酸化作用や解毒作用を促す働きがあり、体内の酵素を生成促進し、ピロリ菌の除菌、花粉症の抑制、肝臓を回復、二日酔いにも効きます。また、コレステロールを減らしたり、脂肪分解を促進させたり、がん細胞の抑制にも大きな効果があります。ルテインも抗酸化作用があり、目のサプリメントとして注目がされています。白内障や飛蚊症などの予防にもなります。

すぐにでも青汁のおすすめを知りたい方は 青汁を選ぶなら比較したうえで選ぶ をご覧ください。

大麦若葉にも豊富なビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分、マグネシウムなどが含まれており、中でもSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素という抗酸化作用のある酵素が若返りに大きな効果を与えることが分かっています。若返りとは、体内の活性酸素を分解することといっても過言ではありません。人間は霊長類の中でも寿命が長いのですが、その原因はこのSOD酵素を持っているからといわれています。しかし食事や生活習慣、ストレスなどで肉体が酸化し生活習慣病を引き寄せ、寿命を削っているのが現実です。40歳を過ぎるとこの酵素が減少するため、この年齢から生活習慣病が急増するというのもわかりますね。血糖値を下げる働きもあるため糖尿病の予防などにも効果があります。明日葉にはカルコンとよばれる明日葉独自の成分があり脂肪の分解、セルライトを解消する働きがあり、女性には嬉しい成分です。日本で古来より使われてきたヨモギですが、鎮痛、止血、月経調整、桑の葉は利尿、血糖値を下げるなどの効果があります。お灸のもぐさとして使われる理由は経路を温める効果があるからとのことです。桑の葉はてんぷらなどにして食す人もいます。利尿作用や解熱作用、血糖値を下げる作用などがあるそうです。植物の持つ力ってすごいですね。どうしても苦みやえぐみなどから敬遠することが多かった青汁。この時代になりようやく飲みやすく美味しくなり、そして手に入りやすい環境が整いました。今も生成技術はますます革新しています。様々な情報を取り入れ、地球からの恩恵を頂きながら、毎日健康で楽しい生活を楽しんでいきたいですね。

原料には色々な種類があります

青汁の効果
青汁の原料には様々な種類があります。まずはケールです。ケールはアブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーはこのケールの品種改良から生まれました。濃い緑色をした厚みのある葉です。栽培は年間を通して行われます。日本ではなじみがありませんが、欧州では家庭料理でよく使われる野菜として流通しています。次に有名なのが大麦若葉です。大麦若葉はイネ科の植物である大麦の20センチほどの若葉を収穫したものをいいます。まだ若い麦の芽には栄養がいっぱいです。

そして明日葉です。明日葉は紀伊半島から房総半島までの太平洋沿岸に自生しています。栽培は主に伊豆諸島で行われているセリ科の植物です。ヨモギを原料にしたものもあります。ヨモギはキク科の植物で、よく道端などに生えていますよね。地球上のどこでも生育可能なのでとても逞しい植物です。お灸のモグサにしたり、ヨモギ団子にしたり日本人には昔からなじみのある植物ですね。漢方では万能薬として扱われてきました。最後に桑の葉ですが、カイコの餌というイメージが強い植物です。実はジャムや果実酒などに加工して食すことができます。桑の皮は桑白皮とよばれる生薬として使われ、漢方では五虎湯などに使われています。日本では昔から桑茶が飲まれたり、柔らかい桑の葉はてんぷらなどにして食べられることもあります。そのほかイグサやミドリムシなども青汁の原料になっています。普段私たちが料理などで口にしにくい材料が青汁の原料として使われていることがわかりますね。

栄養素を詳しく調べてみました

青汁に含まれる栄養素は原料によっても違いがありますが、共通している有効成分には葉緑素であるクロロフィルやビタミン、ミネラル、食物繊維などがあります。クロロフィルは植物に不可欠な成分です。葉緑素という光合成をおこなう成分です。人間がそれを取り込むことで、様々な効用があります。ケールはあらゆる栄養素において優れていますが、その中でもビタミンCやE,カリウムが特に豊富です。そして注目したいのがスルフォラファンやルテインといった栄養素です。大麦若葉の栄養素は豊富なビタミン、ミネラルのほかに、SOD酵素と亜鉛があります。SOD酵素とは、活性酸素から細胞や遺伝子を守る重要な役目を担っています。また血糖の上昇を抑えるという働きもあるため、糖尿病など別の病気を抑えます。亜鉛も多く新しい細胞を作り、たんぱく質を合成することを促進します。新陳代謝を活発にするので皮膚や骨格の発育を助けます。大人だけではなく、成長期のお子さんにもいいですね。

明日葉も多くの栄養素のほか食物繊維や、ポリフェノールが多く含まれています。その中でもカルコンという成分が大きな要素になります。ユーグレナというミドリムシに含まれている成分は栄養素というよりも微細藻類です。植物と動物の中間的なもので、コレステロールを下げ、体を作る効果があります。ここで挙げた栄養素は青汁のほんの一部になりますが、それでもたくさんの栄養が含まれていることがわかりますね。

クロロフィルってなんでしょう?

青汁の効果
クロロフィルとは葉緑素のことをいいます。葉が緑色に見えるのはこれらのクロロフィルがびっしりと含まれているからです。小学生のころ、「葉緑素は太陽の光が当たると光合成をする」と習いましたね。葉緑素自体は栄養を作れないのですが、栄養をつくるための動力としての大切な働きがクロロフィルにはあります。葉緑素は人間の血液の色素ととても似ています。人の体に葉緑素が取り込まれると血液中の鉄分と結合して、ヘモグロビンに変化します。ヘモグロビンとは、血液の赤血球に含まれる成分で、酸素を送り届ける役割があります。人はヘモグロビンが少ないと細胞レベルの酸素が減少し、命に関わる状態になるため、動悸や息切れなどを起こし、心拍をあげて全身に酸素を取り込もうとします。葉緑素を取り込むことでこうした体の負担を軽減することができるなんてすばらしいですね。

またクロロフィルには解毒作用もあります。人の体は食べ物などから有害な金属物質やダイオキシンなどが取り込まれていますが、こうした有害物質を吸着させて排出することができるのです。そして有害物質だけではなく、コレステロールも吸着するため、血液をサラサラにして血流をよくするのです。こうした抗酸化作用から老化がくいとめられ、細胞の癌化を抑制します。さらに口臭、体臭予防もあるとか。このように、人の体には欠かせない栄養素であるクロロフィルは青汁の中に入っており、青汁が体調を整えるのに効果的な飲み物であることがよくわかりますね。

こんな時こそ青汁を

テレビのコマーシャルなどを見ていると、一度体調を崩した人が青汁を選んだというイメージが強い青汁ですね。実際はどのような時に青汁を飲むのがよいのでしょうか?栄養価、効能の面から考えると病中病後の方だけではなく、成長期の小中高校生、受験生、インフルエンザが流行る時期、花粉症の時期、熱い時期の夏バテ予防、熱中症予防、ダイエット中の栄養素の補充、妊娠中、授乳中、子育て中、飲み会の前後、海外赴任中・・などと青汁を飲むタイミングはいつでもありますね。でも、一番いいのは日常的に飲むことです。食べるものが体を作ります。個人や環境にもよりますが、必要な栄養素をきちんととり、運動と睡眠を十分とり、神経伝達を正常に行わせ、気持ちが落ち着くことがベストな状態です。免疫力が高まっていれば病気や怪我になったとしても、回復も早いでしょう。

青汁は薬ではありませんし、即効性もありません。体調が悪くなってからでは遅いのです。青汁の効果は普段は何も感じなくても「考えてみたら最近体調がよかったな」と後から気づくものなのです。毎日毎日元気な方はそういません。いたとしても気力でカバーしている部分も大きいでしょう。重い病気にかかってしまう人も世の中にはたくさんいます。でも、いつもよりも少しだけ元気な日が増えただけで喜びを感じるということはありませんか?長い間寝込んでいて、元気になると「あぁ、やっぱり健康が一番だな」と思うでしょう。病気中だとしても「今日はなんだか体調がいい。気分もいい」というときはとても幸せを感じることがありますよね。そうした日を一日でも多く増やすためにも、普段から飲んでおくことを強くおすすめします。

青汁を選ぶなら比較したうえで選ぶ

  1. おいしい青汁-森永製菓

    毎日たった1本でケアする機能性表示食品
    青汁なのにおいしい!85%と評価※2016年「おいしい青汁」天使の健康モニターアンケート(森永製菓調べ)。野菜不足の方へ、この一本で一日の野菜摂取量不足分を補います。さらに、中性脂肪が気になる、血糖値が気になる、お腹の調子が気になる、こんなお悩みにうれしい3つの機能性で効果を発揮します!

    おいしい青汁の詳細

  2. やわた本青汁

    150億個の乳酸菌と大麦若葉の栄養をまるごと
    国産の大麦若葉を厳選。毎日たったコップ1杯で、大麦若葉. 最近では、多種類の原料を使用した青汁が増えてきましたが、やわたは原点にかえって、シンプルに大麦若葉だけが主原料の昔ながらの本青汁を作りました。

    やわた本青汁の詳細

  3. 熊本県産くわの葉青汁

    新芽にこだわった天然桑の葉を100%使用でマイルドな飲みやすさ
    熊本県の中山さんが農薬を使用せずに育てた桑の葉の新芽にこだわった無添加桑100%の青汁です。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養価も高く、何より美味しい青汁です。抹茶風味なのでお湯やお水、牛乳などに溶かしてご家族でお召し上がりください。

    熊本県産くわの葉青汁の詳細


青汁と聞くと苦いというイメージや、野菜独特のクセが強く飲みづらいというようなイメージを持っている方も多くいます。ですが、現在では青汁も豊富な種類があり飲みやすく改良されている青汁も多くあります。青汁には原材料にも様々な種類があり主にどの野菜を使っているかによっても飲みやすさが違っています。昔ながらの青汁は主にケールが使われていて苦みやクセが強いものですが、大麦若葉などを使った青汁は比較的に苦みも弱くクセも少ないため飲み始めるには適していると言われています。また、明日葉なども同様にケールよりも飲みやすいのでそういった原料から選ぶのも飲みやすい青汁を選ぶポイントになります。

また、最近では昔のように冷凍になっている液体タイプの青汁以外にも粉末でスティックタイプになっている青汁などもあります。粉末の青汁の場合は飲みやすさに力を入れて苦みを抑えているようなものもあります。また、どうしても青汁を液体で飲むという事に抵抗があるのであれば、サプリメントのように取り入れることができるタイプの青汁もあります。これは粉末の青汁や冷凍タイプの物と違い錠剤になっているので苦みなどを感じずにサプリメントとして青汁の栄養素を体に取り入れることができます。また、ゼリータイプの物などもあり味も工夫がされているものも多くあります。苦みが気になるという方はそういったタイプの青汁を選ぶとよいでしょう。また、口コミなどでも飲みやすさやどれくらい苦みがあるのかといったことなどを調べると購入の際の参考になります。

原材料で選ぶ青汁

青汁は豊富な野菜の栄養素が凝縮されていて普段取り入れることのなかなかできない栄養素を手軽に補うのにとても良い補助食品です。毎日飲むことによって体の不調などを内側から治すことができますし健康な体を作っていくことができます。また、青汁にはデトックスの効果などもあるため、ダイエットを目的に青汁を飲むという方もいます。そこでどのような青汁を選ぶのが良いのかという事ですが、青汁には主にケールや明日葉、大麦若葉などといった野菜を主原料に使っている青汁に分けることができます。野菜が違うためやはりそれぞれの青汁には特徴があり栄養素の面から見ても飲みやすさから見ても若干の違いがあります。ケールを使った青汁は昔ながらのクセの強い苦みが多い青汁ですが栄養素の高い青汁です。ビタミンが豊富に含まれているため皮膚に出来てしまったニキビなどの改善にもつながりますし体の免疫力を高める効果もあります。

また、明日葉を使った青汁はビタミンやミネラルなどといった栄養素がバランスよく含まれている青汁です。中でも明日葉を使った青汁はカリウムが多く含まれているため体内にたまっている不要な水分を外に出してくれるといったデトックスの効果が期待できます。そのため、美容やダイエットを気にして飲むという場合に適している青汁と言えます。また、大麦若葉を使った青汁は最近では最もポピュラーな青汁で、苦味やクセがあまりないため多くの方が飲みやすいという理由で飲んでいる青汁です。この青汁も栄養素をバランスよく含んでいますが、大麦若葉の青汁の特徴はビタミンB1が豊富に含まれているという点にあります。また、カルシウムの量も豊富で丈夫な骨を作るといったように、体の基礎をしっかりと整えてくれるといった効果が期待できます。

青汁の種類について

青汁の効果
青汁には現在では様々な種類があり、含まれている野菜の違いやそれによる栄養素の違いなどがあるほか、様々なタイプの青汁が販売されています。一番多くの方が飲まれているタイプの青汁は粉末タイプのもので、これは青汁を一度乾燥させて粉末状に加工した物で持ち運びに便利でどんなものにも溶かして飲むことがきるため気軽に青汁を摂取できることから最も普及している青汁のタイプと言えます。また、栄養価は液体タイプの物と変わりませんが飲みやすいように味に工夫がされているものなども多くあるため初めての方でも比較的飲みやすい味になっているものも多くあります。次に一般的なものが液体タイプの青汁です。これは野菜を絞ったものを冷凍してパックにしてあるタイプでほかのタイプの青汁よりも栄養素が凝縮されています。

ただし、少し難点があり搾りたての野菜から作られているために野菜の青臭さなどがほかのものと比べると強く、青汁独特のクセがあるため飲みにくいといった特徴もあります。ですがほかのタイプの物と比べると栄養素が格段に多く含まれているので栄養面で青汁を取り入れようという方にはおすすめのタイプの青汁になります。また、最近ではサプリのように錠剤として取り入れることのできるタイプの物も発売されており、青汁の苦みや青臭さが苦手な方でも気軽に栄養素を取り入れることができるようになっています。栄養価はどうしても冷凍されたものや粉末の物と比べるとどうしても劣ってしまいますが手軽に取り入れることができるという大きなメリットがあります。このように青汁と一口に言っても様々な飲み方があるので自分にあったタイプのものを選ぶとよいでしょう。

安全性で選ぶ青汁

青汁を飲もうという方は健康や栄養面をよりよくするために飲み始めるという方が多いかと思いますが、それにはやはり継続して飲み続けるということが大切です。そこで青汁を選ぶ際に気を付けてほしいのがどのような野菜からその青汁が作られているのかという事です。今では数多くの種類の青汁がありますが、美味しさや飲みやすさを重視してあまり栄養面に気を使っていないようなものもあります。もちろん、栄養素が全くないというわけではありませんが通常の物に比べると劣る場合もあります。また、青汁を購入する際にどこで作られた野菜を使っているのかがきちんと記載されているものを選ぶというのも大切なポイントです。せっかく毎日飲むものですから、余計な添加物などが含まれているものはなるべく避けたいものです。

そこで、野菜をどのように栽培しているかやどのような加工がしてあるのかを調べるのも大切です。無添加とうたってあるだけではしっかりと安全性を見極めるという点では少し不十分で、いくら無添加とうたっていても野菜を栽培する際に体にとって良くない有害な農薬などを使って栽培している野菜を使っているのでは意味がありません。そこで、添加物の有無以外にも化学肥料などを使わずに有機栽培で育てられた野菜で作られている青汁を選ぶという事が大切です。有機栽培の野菜はどうしても虫がつきやすく売り物として育てるのに非常に手間のかかっているものです。そのため、有機栽培の野菜が使われている青汁というのは安全性の面でも安心が出来ますし、野菜そのものを農家の方が丹精込めて作っているという点でも信頼のおけるものであるという事が言えます。

あくまで健康補助食品

青汁の効果
青汁は薬ではありません。病気やダイエットの代替食品でもありません。青汁の素晴らしさを他の項目でたくさんお伝えいたしましたが、これだけ栄養豊富ならばこれさえ飲んでおけば大丈夫!というわけではありません。青汁はあくまで健康食品であることをご理解ください。(健康補助食品の定義については割愛させていただきます。)忙しい現代社会、私たちは食事をあまりにもおろそかにしすぎてきました。お酒を飲み、甘いものを食べ、早くて簡単、美味しいもの、好きなものだけを食べ続けることによって毎日おなか一杯食べているはずなのに、栄養不足を招いてしまっていたのです。交通機関が発達し、歩くこともほとんどなくなってしまいました。食べるものを変えず、歩こうともせずに青汁を飲めば全てクリアになるわけがありません。

ぜひ自分の体に問いかけてみてください。最近のお食事はバランスが取れていますか?食べ過ぎではありませんか?睡眠はとれていますか?運動はできていますか?体は冷えていませんか?青汁の素晴らしさを理解したうえで、体質に合わせたバランスの良い生活を実践していくことが青汁の効果をさらに高めることにつながるのではないでしょうか。食べているものが体を作ります。作られた体で私たちは心を動かします。落ち込み過ぎている時、元気がないとき、精神科や心療内科にいくまえに、まず食生活を見直してみてください。心と体はつながっているのですから。

飲めない場合もあります

青汁は誰でも飲めるように思えますが、投薬中や病気によっては飲めない場合もありますのでご注意ください。まずは脳梗塞、心筋梗塞を患った方や血栓がある方です。血液をサラサラにするワーファリンという薬を飲んでいる方が多いかと思いますが、青汁にはそのサラサラにする作用とは真逆の、血液を凝固する作用があるため、青汁を飲むことができません。そして腎臓に疾患がある場合も同様です。腎臓の機能が著しく低下している場合は青汁に含まれるカリウムなどの排泄が難しくなるため、体内のカリウム濃度が高くなり、不整脈や頻脈、吐き気などをもよおし、悪化すると死にいたってしまうため注意が必要です。

腎臓病の疑いがあるとき、または糖尿病の疑いがある場合は腎臓の機能が低下している可能性があります。どちらも初期段階では自覚症状がほとんどないため、気が付かないことが多いそうですが、血圧が高い、健康診断で注意をされている場合などは青汁の摂取については慎重になったほうが無難かもしれません。甲状腺機能低下症がある方はケールが入った青汁を控えたほうがよいでしょう。ケール、キャベツ、ブロッコリーなどには、虫などに食べられないようにするためにイソチオシアネートという辛み成分が含まれています。このイソチオシアネートの一種がスルフォラファンとなのですが、甲状腺のヨウ素の摂取を阻害してしまうそうです。自分自身の体調や体質に合わせた青汁を探し、無い場合は控えることが大切ですね。