青汁の口コミと効果を最大限活用するための全知識

いつまでも健康な体を維持するのって、誰にとっても目指すべき望みですよね。長生きは出来てもいろいろな病気を患ってしまっているというのはあまりうれしい状態ではありませんし、せっかく長寿国家として知れ渡っている日本に住んでいるのですから、健康なまま体を維持できる努力をしたいものですよね。そのために数多くの栄養補助食品があり、世の多くの人々は自分の体にあったものを選び、購入していることだと思います。そして数多くの健康補助食品の中でも特に人気の高い、青汁。青汁は栄養補助食品の中でも長い歴史のあるものですし、歴史があるのと利用者が多い、人気が高いのは比例しますからそれだけ人々の支持を得た、効果を期待できる栄養補助食品だといえますよね。

すぐにでも青汁の口コミと効果を知りたい方は お得な青汁の選びかた をご覧ください。

人々の健康をサポートするために、青汁を利用するのは非常に有効な方法です。青汁には普段の食事だけではなかなか摂取しにくい栄養素がたっぷりと含まれていますから、忙しくて食事になかなか気を配れない方、食事以外でもしっかり必要な栄養素を摂取したいとお思いの方、体になんらかの悩みがある方にはもってこいの製品なのです。ですが、確かに青汁は人々の健康を維持するために大活躍の栄養補助食品ですが、利用上の注意点がまったくないというわけではありません。残念ながら青汁の利用をおすすめできない方というのもいらっしゃいます。当サイトではこの青汁を利用する上での注意点、アドバイスに的を絞ってお話ししていこうと思います。まずは、知っておくべき知識として青汁の利用をおすすめできない人はどんな人なのか、ということについてです。これは特に持病がある方にとってはとても大事な情報ですから、必ず読んでくださいね。そして青汁を購入する際の注意点や、青汁を利用する上で副作用など困った事態が起こる可能性はあるのか、についてです。このあたりもとても大事なポイントですから、ぜひお時間があるときにでも読んでみてください。最後には青汁を購入したけれど、残念ながら味がうけつけず飲めなかった、という方や青汁をいつまでも美味しく飲みたい、という方のための、青汁の美味しい飲み方のご紹介をしようと思います。青汁はとてもたくさんの栄養素を含んだ、非常に優秀な栄養補助食品ですのでぜひ長くいろいろな方に飲んでほしいものです。そのためには青汁についての注意点もしっかり知って、把握した上で利用を開始する必要がありますから、当サイトの情報をご参考の上楽しい青汁ライフを送ってくださいね!

青汁を飲んではいけない人

青汁の効果
青汁は体にとって非常に嬉しいたくさんの効果を与えてくれますが、残念ながら青汁を飲むことが出来ない人、飲んではいけない人もいるのです。青汁を飲んではいけない人、それは腎臓の疾患を抱えている方です。腎疾患、腎不全などの病気にかかると、体内の毒素を対外に排出しようとして排尿の量が増えてしまう傾向にあります。しかし摂取した水分をじゃんじゃん尿として排泄してしまうと、体は脱水を起こしているのと同じ状態になり、病状の悪化を起こしてしまいます。かといって摂取する水分量を増やしてしまうと、病状が進行してしまっている腎疾患では水分や塩分を排出することが難しくなっていますので、摂取した水分や塩分は体の中にたまり、むくみや肺水腫などの弊害を起こしてしまうこともあります。

つまり腎疾患を抱えている方は、水分や塩分、カリウムやリンなどの摂取量のコントロールが必須で、それゆえいくら健康にいい青汁でも自己判断で飲用を始めてしまうのはいけないことなのです。特に青汁にはカリウムが高濃度含まれているものが多いです。カリウムは不必要な塩分を体の外に排出してくれる、とても嬉しい働きをもった成分なのですが、腎疾患にかかるとこのカリウムの排泄がうまく出来なくなり、体内に蓄積されてしまいます。体内のカリウム濃度が高くなりすぎてしまうと、心停止や不整脈の危険性が高まってしまいますので、それゆえ腎疾患の方は水分摂取量の制限とカリウム制限の二つの観点から青汁を飲用してはいけないのです。

青汁に副作用はあるの?

体に嬉しいたくさんの効果を与えてくれる、青汁。青汁を飲むことで健康や美容など、いろいろな面で嬉しい結果を得ることが出来るということは皆さんもうご存知だと思うのですが、逆に困ったことがおきてしまう、青汁を飲むことで副作用が起きてしまうことってないのでしょうか。これは、基本的にはないと考えていいです。青汁はいくら高い健康増進効果があるといっても、所詮飲み物、食べ物です。病院で処方してもらう薬のような、劇的に体の中を変える働きはありません。しかし、副作用というほど問題の大きなものではありませんが、気をつけなければならないことはあります。それは、便秘解消のために青汁を飲む場合です。便秘解消には食物繊維がその効果を発揮してくれ、青汁には食物繊維がたっぷりと含まれています。なので便秘症の方が青汁を飲むこと自体はまったく問題がありません。

ですが便秘を解消しようとして、青汁をたくさん飲んでしまうのは問題です。青汁を飲むことで胃腸の働きがよくなり消化が促進され、それゆえ便となる残りかすが出なくなり便秘が悪化してしまうこともあるからです。それに加えて便秘解消のために青汁を飲みすぎてしまうと、青汁に含まれている水溶性食物繊維の働きでお腹がゆるくなる、下痢をしてしまうこともあります。水溶性食物繊維は水分を保ち便を膨張させる働きがありますので、それゆえ水分が増えた便は下痢となってしまう、というわけですね。こういったこともありますので便秘解消のために青汁を飲むのはいいのですが、飲みすぎないで適量を守って飲むようにしましょう。

青汁を購入する際は

青汁の効果
健康にも美容にもいい青汁。青汁を飲みたい!利用したい!と思い青汁の購入を決めたら、後はどうすればいいのでしょうか。青汁は数ある健康食品の中でも、高い人気と知名度を誇る食品なので、探そうと思わなくてもどこにでもあります。スーパーやドラッグストア、薬局やショッピングセンター、果てはコンビニにあるケースもあるようですね。なので青汁を飲もうと思ったら、そういった青汁を販売しているお店に行って自分に合ったものを購入し、利用するといいでしょう。ですが、青汁は飲み続けて少しずつ体を変えていくものです。なので確かに購入するものも利用するものも利用者であるあなたに合っていたらどんなものでもいいのですが、今後ずっと購入し利用する、ということを考えたらはじめからある程度のめぼしをつけておいた方がいいでしょう。

たとえば、味です。味でつまづく方は多いようですので、飲みやすいものを求める方ははじめから飲みやすさを謳っているもの、味について高評価を得ているものを事前に調査してそれを購入するといいでしょう。そして金額です。継続して利用するためには、毎月の出費が無理のない額でないといけません。いくら高品質なものでも、金額が高すぎてしまったらはじめはよくても後々続けるのが難しくなってしまいます。なので一日に何袋飲むのか。一ヶ月に何箱、何袋購入することになるのか。そして大体一月の出費はいくらになるのかをはじめに頭に入れて、無理のない金額の製品を選ぶことをおすすめします。

美味しい青汁の飲み方

いくら味に難ありだといわれることが多い青汁でも、毎日飲むものなのですから出来るだけ美味しく飲みたいですよね。最近は味に工夫を凝らし、グリーンティのような美味しく飲める青汁も増えてきているようですが、それでも毎日飲んでいると飽きてしまうこともありますし、工夫を凝らした青汁の美味しい飲み方については知っておいて損はないはずです。そこで青汁の美味しい飲み方のご紹介です。まずはスムージーです。ジューサーに青汁の粉末、ヨーグルトか牛乳、バナナを半分と甘みをつけるために砂糖かはちみつを入れて、スイッチオンするだけです。たったこれだけで美味しくて健康的な青汁スムージーが出来上がりますので、普通の青汁に飽きた方、青汁をもっと美味しく飲みたい方はぜひ試してみてくださいね!お砂糖やはちみつの量、使用するフルーツなどはお好みでいろいろなものに変えてみてもいいですよ。

次に、美味しく小腹を満たすことが出来る、青汁で作る蒸しパンのご紹介です。蒸しパンは小麦粉とベーキングパウダーで作るのもいいのですが、より手軽さを求めるのならホットケーキミックスを使用することをおすすめします。ボウルに青汁粉末とホットケーキミックスを入れ菜ばしで混ぜ合わせます。そこに卵と牛乳、サラダ油を入れしっかり混ぜ合わせて耐熱容器に八分目くらいまで入れて、レンジで加熱するだけで出来上がりです!加熱時間はお使いのレンジによって変えてくださいね。はじめは1分間隔で加熱して、ちょうどいい時間を調べてみてください。

お得な青汁の選びかた

  1. おいしい青汁-森永製菓

    毎日たった1本でケアする機能性表示食品
    青汁なのにおいしい!85%と評価※2016年「おいしい青汁」天使の健康モニターアンケート(森永製菓調べ)。野菜不足の方へ、この一本で一日の野菜摂取量不足分を補います。さらに、中性脂肪が気になる、血糖値が気になる、お腹の調子が気になる、こんなお悩みにうれしい3つの機能性で効果を発揮します!

    おいしい青汁の詳細

  2. やわた本青汁

    150億個の乳酸菌と大麦若葉の栄養をまるごと
    国産の大麦若葉を厳選。毎日たったコップ1杯で、大麦若葉. 最近では、多種類の原料を使用した青汁が増えてきましたが、やわたは原点にかえって、シンプルに大麦若葉だけが主原料の昔ながらの本青汁を作りました。

    やわた本青汁の詳細

  3. 熊本県産くわの葉青汁

    新芽にこだわった天然桑の葉を100%使用でマイルドな飲みやすさ
    熊本県の中山さんが農薬を使用せずに育てた桑の葉の新芽にこだわった無添加桑100%の青汁です。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養価も高く、何より美味しい青汁です。抹茶風味なのでお湯やお水、牛乳などに溶かしてご家族でお召し上がりください。

    熊本県産くわの葉青汁の詳細


皆さんが、青汁を初めて購入する際に、基準としているものは何でしょうか?前項でも述べたように、安心・安全な青汁であることはもちろんですが、続けやすいこと、効果が期待できることも、基準のひとつではないでしょうか?しかし、青汁の飲みやすさや、効果のほどは、個人差があるため、一概に広告などの宣伝文句を鵜呑みにしてはいけません。そこで今回は、実際に青汁を継続している利用者の声を集めてみました。皆さんも、口コミで好評な青汁を是非、お試しください。まず、ご紹介したい人気の青汁は、ステラの贅沢青汁です。青汁とはいうものの、その形状は錠剤です。1日3~9粒飲む必要はありますが、苦い青汁を無理してゴクゴク飲まずに済むため、続けやすい青汁と言えそうです。利用者の方で多かったのは、便秘が解消された、翌朝に疲れが残らなくなったなどの嬉しい声です。是非皆さんもこの効果を実感してみて下さい。

次にご紹介するのは、美味しい!と好評の飲みやすい青汁です。その名も、レモンの青汁です。グリーンハウスが提供するこの青汁は、味を重視する方には非常にお勧めの青汁です。レモン果汁の風味がしっかりしていて、青汁を飲んでいることを忘れるようだという口コミが多いようです。主原料にケールが使用されているので、栄養価も高いのですが、甘味料などの添加物が気になる方にはお勧めできません。しかし、飲みやすいという点では、青汁界トップと言っても過言ではなさそうです。是非お試し下さい。

安心して飲めるお勧めの青汁

沢山の青汁が市場に出回る中、皆さんは、それらの違いを十分に理解できるでしょうか。私たち消費者は、青汁と聞くだけで、体に良いイメージを持ちます。まさか、青汁を飲んで健康被害があることなど、予想すらしていないのが事実です。しかし、青汁と謳った健康食品にも、粗悪と呼べる商品は少なからず存在します。例えば、化学肥料などの農薬を使用した野菜が主原料となっている青汁です。国の残留基準の値を超えていない場合でも、毎日摂取する物に、微量の農薬が混じっているというだけでも心配です。特に、お子様が摂取する際、微量の農薬でも健康被害が生じる恐れがあるので要注意です。

そこで、青汁を購入する際は、信頼のおけるメーカーであること、農薬不使用と表記されている物を選ぶことが大事と言えます。また、海外の野菜は農薬の基準なども日本とは異なるため、できるだけ避けるようにしましょう。国産の野菜を使用していると安心できそうです。お勧めの青汁をいくつか紹介しましょう。まずご紹介したいのが、大手飲料メーカー、サントリーが提供する極の青汁です。主原料である大麦若葉と明日葉の栽培農家は国内で、残留農薬や近隣の農薬使用状況の調査も行っているようです。他にも、アサヒ緑健の青汁は、有機JAS認定を受けた畑で栽培された大麦若葉を使用しています。有機JASは、厳しい審査のもとに認定されるようです。安心と安全にこだわった青汁で、心も体も健康でありたいものです。

青汁初心者必見!?美味しい青汁

青汁の効果
青汁を試してみたいと考えている初心者の方には、是非、美味しい青汁を続けてみることをお勧めします。初めから栄養たっぷりの飲みづらい青汁を続けるのは、苦痛になるかもしれないためです。飲みやすい青汁から始めて、少し継続することができたら、栄養価の高い青汁にシフトチェンジすると継続がしやすいと思います。また、今まで飲んでいた青汁が飲みにくいので、違う青汁を試したいという方にも、お勧めの青汁をご紹介致します。まず、ご紹介したい青汁が、神仙桑抹茶ゴールドです。名前の通り、桑の葉や抹茶などを使用しているため、ケールの苦みが苦手な方にお勧めで、アレルギーの心配も少ないようです。青汁というよりも、お茶のような感覚で飲むことができ、普段の食事にもぴったりです。続けやすさナンバーワンの青汁と言っても過言ではありません。是非一度お試しください。

次にご紹介したい青汁は、キューサイのはちみつ青汁です。大手青汁メーカーであるキューサイの提供する、甘くて飲みやすい青汁です。青汁にほんのりはちみつ風味が加わり、苦みが抑えられています。こちらは、ケールが主原料で、栄養価も他の青汁に劣りません。お子様にも人気の甘い青汁、是非一度ご家族で体験してみてはいかがでしょうか。
最後にご紹介する青汁は、その名も、エバーライフのおいしい青汁新鮮絞りです。名前からして美味しそうなイメージですが、実際は、「とても美味しい!!」というわけではありませんが、飲みやすい青汁と言えます。ヒアルロン酸やローヤルゼリーが配合されているため、女性にお勧めの青汁です。

美容効果の高いお勧めの青汁

近年、青汁は、高齢者の方だけでなく、若い女性に高い人気を誇っているようです。その理由として、人気モデルや人気タレントを広告に起用した青汁が多く発売されているためです。そしてそのような青汁の効果のひとつに、美容やダイエットなどの嬉しい効果が期待できるようです。女性なら誰しも、若々しさや綺麗を維持し、美しい肌や美しい体型を自分のものにしたいと願うはずです。青汁で、健康と美容を手に入れてみませんか。きっと、お気に入りの青汁が見つかるはずです。まず、お勧めの青汁は、美感青汁です。まるでゼリーのような、とろみのあるジェルタイプで、美味しいデザート感覚の青汁です。マンゴー味が人気でしたが、ついにザクロ味が登場し、新たな味わいが楽しめるようになりました。青汁を飲んでいる感覚はなく、クラッシュゼリーを食べているような、とにかく美味しい青汁です。コラーゲン、コエンザイムQ10、プラセンタ、ヒアルロン酸、セラミドなど、これでもかというほど美容成分が含まれています。主原料はクマザサですが、他にも明日葉や大麦若葉などを配合しています。至れり尽くせりの青汁ですね。

次にご紹介したい青汁は、美力青汁です。こちらも、ヒアルロン酸、フィッシュコラーゲン、セラミド、ビタミンC、ローヤルゼリーを配合しており、美肌効果が期待できます。100%国産の大麦若葉を使用しており、農薬不使用、化学調味料などの添加物も一切使用せずに製造されているので、安心ですね。健康的で綺麗な女性の必須アイテムとなりそうな青汁です。

青汁の効果と効能

青汁の効果
青汁は原料によって含まれている栄養素は異なりますが、ビタミン、ミネラル、カルシウム、食物繊維など健康的な身体作りに欠かすことの出来ない栄養素はどの青汁にも豊富に含まれています。青汁には毎日の野菜不足を補う健康食品としての効果以外にも私たちの身体に嬉しい効果、効能があることをご存知でしょうか。近年社会問題ともなっている生活習慣病、これは不規則な生活や食生活の乱れ、運動不足が原因で起こる現代病と言われていますが、予防、回復に効果的な栄養素がビタミンCです。ビタミンCは生活習慣病を引き起こす原因の活性酸素を抑える働きがあり、1日1杯の青汁で必要量を摂取することが可能です。生活習慣病と同じく患者数が増えている糖尿病の予防にも青汁は効果的です。青汁に含まれる食物繊維が糖の吸収率を抑えてくれる働きがあり、食事をとる30分前に青汁を飲むのがもっとも理想的とされています。

次に、女性に嬉しいのがアンチエイジング効果です。寝ている間に起こりやすい肌トラブルを防ぐためには質の良い睡眠をとることが大切とされています。青汁の原料として有名なケール、そして明日葉には睡眠の質を高めるメラトニンという成分を多く含んでいますので、アンチエイジング効果を期待する方はケールや明日葉を使用している青汁を選んで飲むのが良いでしょう。この他にも青汁は便秘解消や美白効果の期待も出来る優れものですので、気になる症状がある方は1度お試しいただくとよいでしょう。

長く飲み続けるために

青汁には毎日不足しがちな栄養素を補う健康食品としての役割以外にも生活習慣病や糖尿病の予防、便秘の解消やアンチエイジング効果による若返り、そして美白効果が期待できます。健康的な身体を作り維持するために飲み始めた人も多いと思いますが、青汁に即効性はありませんので効果を実感するためには継続して飲み続けることが大切になります。
そこで重要になるのが自分好みの飲みやすい青汁選びと価格ではないでしょうか。青汁は苦いという印象をお持ちの方も多いと思いますが、最近販売されている青汁は様々な味があります。はちみつで甘さをプラスしたものや後味がサッパリとしたレモン入り、まろやかな味わいの抹茶味などどれも美味しく飲めそうですよね。その日の気分に合わせて味を変えることも可能です。

まずは無料サンプルや初回お試し価格での購入などを利用して、実際に飲んで味を確認してみるのが味選びを失敗しない良い方法なのではないでしょうか。次に気になるのが価格です。いくら身体に良いものでも家計の負担が増えてしまえば長く飲み続けることは難しくなると思います。定期購入の申し込みや1度に数箱のまとめ買いで定価よりも安い価格で購入することが出来ることもありますので、購入する青汁が決まっている場合はこうした割引サービスを利用するのも良いかと思います。賢く美味しい青汁を選んで健康的な身体作りを心掛けたいものですね。皆さんもぜひ青汁を飲んで健康的な身体を手に入れてください。