青汁おすすめランキング|1500人の効果比較!

青汁を飲むうえで大切なことは、自分の体に合ったものを目的に合わせて飲み続けることだと言えるでしょう。ここ数年、低価格へとシフトしてきた傾向のある青汁は、一般家庭でも飲む習慣が普及しており、商品数も多く効果もさまざまです。入手方法では、従来の通信販売型の商品以外にも、スーパーなどで気軽に購入できるものからドラッグストアがプライベートブランド企画で販売されている商品もあり目移りしてしまうことでしょう。形状の面でも、ドリンクタイプから錠剤タイプまで数多く販売されています。では、どんな青汁を選ぶとメリットが大きいのでしょうか。

すぐにでも青汁おすすめランキングを知りたい方は 失敗しない青汁の選び方 をご覧ください。

青汁を選ぶ際に参考にするものは何ですか?現在、インターネット上や雑誌などでは広告記事や口コミが多数掲載されています。このような情報をもとにして青汁を選ぶ人も増えてきており、比較サイトなども盛んに作られています。比較サイトの情報(ランキングなど)を見る時、注意したいポイントは3つです。はじめに、青汁の独特の風味が苦手な人向けに飲みやすさを重視して評価している場合です。原材料となる野菜にも、野菜本来の甘みや味の豊かさがありますが、人間の舌が感じる味の範囲には個人差があり、苦みや渋みのような刺激の強い味により反応してしまうため、青汁は一般的に飲みにくい健康食品というイメージがあるようです。これを飲みやすく加工する段階で、甘味料などの添加物を配合している場合があります。有効成分がどれくらい含まれているかは成分表示などから読み取れますが、添加物が青汁一杯の中にどれだけ入っているのかを表示していない商品も多いので、飲みやすいから良い青汁、とは一概に言えないでしょう。次に、メーカーの知名度を重視して評価している場合です。医薬品のように直接的に健康に影響を与えて病気などを撃退するものとは違い、青汁はあくまでも食品の中のひとつです。食品では、医薬品のように商品として販売する際の規制がほとんどなく、大手メーカーが作ったものが必ずしも安全性に優れている良い商品だとは限らないのです。最後に価格面を重視して評価している場合です。低価格化が進んでいる青汁市場において、コストをより押さえて良い商品を実現していくのがメーカーの課題でもあるでしょう。しかし、コストを抑えるために原材料の野菜の品質を低くしてしまったり、粉末の水溶性が低いものになってしまったりと利用者にとってメリットの少ない商品になっている可能性があるようです。また、特典などを充実させて販売する方法も多く見受けられますが、青汁自体の品質には影響していないことを考慮して比較することが大事です。以上のポイントを踏まえて、最新の青汁事情をチェックしていきましょう。

こんなにあったの?青汁の効果

おすすめの青汁
「健康に良い。」「美容効果がある。」といった、漠然としたイメージを持たれがちな青汁ですが、実はまだまだ知られていない効果もたくさんあるのです。そして、原材料となる野菜の中にもすべての効能を解明されているものはほとんどないと言って良いでしょう。つまり、今後の研究や改良によって、人間に有効な成分が発見される可能性が高い健康食品ということです。商品によって入っている成分はさまざまですが、ほとんどの商品に共通している成分があります。原材料には青菜が多く使われ、食物繊維とビタミン、ミネラル類が豊富です。

食物繊維には、腸の機能を正常化、活性化する役割のほかに、メタボリックシンドロームの主な原因となるコレステロールを撃退する側面もあります。年齢や性別に関係なく、慢性的な便秘や冷え性に悩まされているケースも少なくありません。これらは腸の働きが充分でない時に症状が出ることが多く、腸内環境を正常に導き、体全体の代謝を高める食物繊維を毎日摂取することが望ましいとされています。ビタミン類の中には、人間の体を酸化(老化)させる活性酸素を発生しにくくする、また排出しやすくする体の機能をサポートするビタミンEなどの成分もあります。ミネラル類には血圧や脂質異常を予防する役割、イライラしにくくするなど体調を整える成分があります。中でもカリウムは食事から充分な量を摂取することが難しい一方で、不足した状態が続くと脱力感や動悸がするなどの症状が出やすくなるそうです。

女性に嬉しい青汁とは?

美容に特化した青汁が今、女性の間で話題になっているようです。野菜不足を補うだけでなく、ダイエットやアンチエイジングといった多機能青汁を利用して、体内環境を整え肥満になりがちだった体質を改善したいという考え方が広まってきました。美容を目的に青汁を利用する場合は、次のような成分に着目して商品選びをしていきましょう。
青汁に使われている青菜のほとんどに入っている成分に、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがあります。どれも高い抗酸化作用がある成分だと言われています。アンチエイジングの分野では、化粧品やマッサージなど体の外側のケアと同時に、食品やサプリメントから摂取する有効成分による、体の中の毒素や老廃物を排出しやすい体作りと体全体の機能の向上(若返り)をすることがとても重要だと考えられています。

青汁の原材料として良く使われている明日葉には、特有の成分があります。それが、ダイエットに効果があるのではないかと注目されているフラボノイドのひとつ、カルコンです。カルコンには内臓脂肪をつきにくくさせる作用があると言われています。内臓脂肪は、見た目には痩せている人でも付きやすく落ちにくい脂肪だそうです。内臓脂肪は皮下脂肪と違い自覚しにくいので、隠れ肥満が進行する原因となり、自覚症状がないまま重篤な疾患に発展することも少なくないようです。SOD酵素は肌の健康に役立つそうです。こちらも、青汁原料の定番となっている大麦若葉の成分です。肌を活性化し、美白を目指す方に喜ばれているようです。

注目の青汁成分とは?

おすすめの青汁
本来は、雑多な野菜をすりつぶし、絞った液体を青汁と呼ぶ習慣が名前の由来ですが、現在ではさまざまな悩みに合わせて開発された青汁も多く、使われている野菜も多種多様です。また、従来の青汁そのものを冷凍したものや粉末状の青汁を水に溶かして飲むタイプのもののほかにも、錠剤型のサプリメントやスティックタイプのゼリー状青汁など、新しいタイプの青汁が通販売されています。多種多様な青汁製品が販売されている中、健康意識の高い消費者から注目されているのが目的を絞った効果に特化した青汁です。

例えば、栄養不足や偏った食生活の改善に真剣に取り組む方向けに、野菜が持つビタミンやミネラル、食物繊維だけでなくDHAなどの必須脂肪酸やイソロイシンなどの必須アミノ酸のような食事では十分に得られない成分を配合した商品もあります。日常的なストレス負荷の大きい方向けに開発された、休息安眠効果の高いクワイソウなどの材料を取り入れた青汁も発売されています。若い女性に人気が高まってきたことで、プラセンタやビタミンC、ビタミンEなどの成分を配合した、美容法としての青汁も多く出回るようになってきました。このような商品が開発されている背景には、青汁を単純に「健康に良さそうだ」という漠然とした理由から利用し始める人が多かった時代に比べ、青汁の健康効果や正しい利用の仕方の情報が普及したことで明確な目的を持って利用する人が増えていることが影響していると言えるでしょう。

おいしい青汁レシピを試してみよう

従来、青汁は中高年層に人気でしたが、最近では働き盛り世代や美容を気にする女性、成長期のお子様が利用するケースも増えてきたようです。とは言え、独特の苦みや渋みがあまり得意ではないという人が多いのも現実です。「野菜不足の子供に青汁を飲んでもらいたい。」「青汁でダイエットしたいけれど毎日同じ味だと飽きてしまう。」そんな方向けに考案されたおいしいレシピをご紹介しましょう。

一般的に青汁は野菜から作られたもので、ビタミンを多く含むものが多いです。ビタミンに分類される成分の中には、熱を加えると壊れやすくなってしまうもの、空気に長時間触れることで失われてしまうもの、流水で洗う際に流れ出てしまうもの、などさまざまな性質を持っています。中でも、ほとんどの青汁商品に含まれているビタミンCは加熱することでも長時間放置するだけでも減少率が高い成分だと言われています。そのため、青汁を料理に使う際には加熱時間をできるだけ短くし、作ったらすぐに食べるようにすると良いでしょう。忙しい朝でもほっこり体が温まるメニューには、青汁のポタージュスープはいかがでしょうか。さつまいもや玉ねぎ、にんじん、ベーコンなどを茹で、そこにコンソメスープの素を入れます。塩コショウを適量加え、味を整えたらベースのスープが完成です。温かいうちに適量の牛乳とミキサーにかけ、最後に青汁粉末も一緒にミキシングしてポタージュスープの完成です。ベースのスープは小分け冷凍などしておくと好きな時に解凍してポタージュスープを作ることが可能です。

失敗しない青汁の選び方

  1. おいしい青汁-森永製菓

    毎日たった1本でケアする機能性表示食品
    青汁なのにおいしい!85%と評価※2016年「おいしい青汁」天使の健康モニターアンケート(森永製菓調べ)。野菜不足の方へ、この一本で一日の野菜摂取量不足分を補います。さらに、中性脂肪が気になる、血糖値が気になる、お腹の調子が気になる、こんなお悩みにうれしい3つの機能性で効果を発揮します!

    おいしい青汁の詳細

  2. やわた本青汁

    150億個の乳酸菌と大麦若葉の栄養をまるごと
    国産の大麦若葉を厳選。毎日たったコップ1杯で、大麦若葉. 最近では、多種類の原料を使用した青汁が増えてきましたが、やわたは原点にかえって、シンプルに大麦若葉だけが主原料の昔ながらの本青汁を作りました。

    やわた本青汁の詳細

  3. 熊本県産くわの葉青汁

    新芽にこだわった天然桑の葉を100%使用でマイルドな飲みやすさ
    熊本県の中山さんが農薬を使用せずに育てた桑の葉の新芽にこだわった無添加桑100%の青汁です。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養価も高く、何より美味しい青汁です。抹茶風味なのでお湯やお水、牛乳などに溶かしてご家族でお召し上がりください。

    熊本県産くわの葉青汁の詳細


青汁は一度に大量に飲むものではなく、毎日飲み続けることで効果を発揮します。毎日飲み続けるものであるからこそ、今やたくさんの企業から様々な種類が発売されている青汁の中からどの青汁を選ぶのかということが大事になってきます。ここでは青汁を選ぶ際のポイントについて説明させていただきます。まず重要なのが原材料についてです。原材料によってその健康効果や美容効果は大きく異なります。例えば青汁に配合されることの多い代表的な葉野菜はケールや大麦若葉、明日葉などですが、栄養価の高い順番は明日葉、大麦若葉、ケールの順番になります。明日葉は、胃を整える働きや発がん性物質の除去などの効果があるとされています。大麦若葉は、妊娠中の女性に必要不可欠な葉酸を多く含んでいます。ケールはアレルギーの改善に効果的だと言われています。ご自分の目的によって青汁に使われている原材料を選ぶとよいでしょう。

次に、毎日飲み続けることを考えると味についても気になるところだと思われます。現在では飲みやすいように改良が続けられ、昔のような苦くてまずいというイメージは少なくなってきたように思われます。ただ注意していただきたいのは、飲みやすいということはつまり甘味料や添加物が加えられていることも多いため、野菜本来の味を楽しみたいという方はご自分に合ったものを選びましょう。またはちみつなどでご自分の好みの味にするのもおすすめです。他にも、安全性や価格など総合的に判断していくつか気に入ったものがあれば、お試しセットやサンプルで試してみることをおすすめします。

青汁の取り入れ方

普段の生活の中でどのように青汁を取り入れたらいいかということについて説明させていただきます。青汁は様々な形状のものがあるため、用途によって使い分けるというのもひとつの手です。一般によく見られるのは粉末タイプですが、こちらはそのまま水に溶かして飲むというのが苦手な方は、グリーンスムージーのように果物と一緒にミキサーにかけて飲んだり、牛乳や豆乳、またはヨーグルトに混ぜて飲むのもおすすめです。牛乳や豆乳には良質なタンパク質が含まれているため、栄養的にもバランスがいいでしょう。

その他にもスープやパスタソースに混ぜて使用するなど、料理の一品として使用したり、野菜嫌いのお子様のいる家庭では、パンケーキやクッキーなどとお菓子に混ぜて使うことで野菜を摂取できたという方も多いようです。お子様の健康を考えた際に、サプリメントは抵抗があるという方でも粉末タイプでしたら抵抗なく摂取できるかと思われます。次に、急速に冷凍して乾燥させたフリーズドライ形式のものがあります。フリーズドライ製法は高熱処理をしないため、一番栄養分を逃しにくく今注目を浴びています。外出先などでもお湯を注いで簡単に飲むことができます。ただ、粉末のものなどに比べ値段が高いというのが難点と言えます。次に、サプリメント形式があります。毎日決まった分を飲むだけという手軽なものですので、どうしても青汁の独特の味が苦手という方は、こちらを試してみるといいでしょう。

青汁の健康パワー

おすすめの青汁
青汁に含まれている栄養素は厳密には青汁の原料によって変わってきますが、多くの場合、カロテンの多く含まれる緑黄色野菜や、ビタミンCなどが多く含まれる淡色野菜が含まれているため、ビタミンやミネラルなどの体に必要な栄養素がバランスよく配合されています。青汁を飲むことで健康な体を維持することができるのはもちろんのこと、美容や病気の予防効果もあるとされています。まず、美容に関して言えば、野菜にはビタミンがたっぷりと含まれていますが、肌の新陳代謝にはビタミンが欠かせません。肌は何千もの肌細胞からできていますが、新しい肌細胞が作られる際にビタミンが必要になります。十分な量のビタミンがないと新しい肌細胞が作られなくなり、たるみやしわ、くすみなどの肌の老化につながります。

また、特に女性に多いと言われる便秘症の改善も見込まれます。便秘には食物繊維や乳酸菌が有効ですが、野菜には食物繊維が豊富に含まれているため、青汁を飲むことで便秘の解消につながります。便秘が解消することで、ダイエットや老廃物の除去による肌の若返りも期待できます。病気の予防の面から言えば、青汁を飲むことで風邪をひきにくくなると考えられます。人間の体の中には元々免疫細胞というものがあり、その免疫細胞が外からのウイルスの侵入を防いでいるのですが、不規則な生活や野菜不足という栄養が十分に足りていない状態が続くと、免疫細胞の本来の働きが弱まりウイルスや病原菌などの侵入を許してしまうのです。

青汁の活用や応用

青汁に含まれている栄養素はとても多く、野菜不足によって不足している栄養分を一度に吸収することができます。最近では健康食品が人気となり市場に多くでまわるようになったことによって青汁の改良が進められ日々、研究や開発がされています。本来の青汁は青葉野菜でできているため苦くて不味いものが多かったのですが、今は子どもから高齢者、男性、女性、一般の誰もが飲むことのできる青汁が販売されるようになりました。なので苦くて不味いものだけでなく甘くて美味しいものも市場に流通するようになりました。

しかしそれでも飲みにくい場合は牛乳に粉末を溶かすだけでなくハチミツや砂糖を加えることによって飲みやすいものにアレンジして青汁の摂取を継続している人もいます。また粉末を水に溶いてジュースとして飲むだけでなく、料理に粉末を加え食べ物に青汁を取り入れている人もいます。その料理はヨーグルトに粉末を加えて食べる簡単な方法からパスタのソースにして青汁パスタ、青汁を生地に練りこんだ青汁ピザ、青汁を使ったおにぎり、その他にも青汁チャーハン、青汁パン、青汁の煮物やお味噌汁、青汁グラタンなど青汁を使いアレンジした料理のレシピを活用している人もいます。毎日飽きず継続して摂取し続けなくてはならない青汁だからこそ、摂取の仕方もこのように多種多様となって青汁を取り入れている人もいます。青汁の栄養素を長期間にわたって継続的に身体に取り入れるための方法なのです。

青汁のメリットを知ろう

おすすめの青汁
青汁は青野菜を使用した健康飲料が一般的に知られています。わかりやすいメリットとして挙げられることは簡単に野菜が多く摂取できることです。現代の日本では海外の文化や食生活を積極的に取り入れているため、ファーストフードが普及したことによって野菜よりも肉や油などを使用した食事が中心となっている人が多くいます。野菜不足や栄養不足と言われる人が増え生活習慣病患者が増加しています。そんな中、この青汁はたくさんの緑葉野菜から作られているため一回の飲料で野菜の栄養分を摂取することができます。緑葉野菜にはビタミンや鉄分、ミネラルやカルシウム、食物繊維といった栄養分が多く含まれています。なので便通がよくなり便秘の改善につながることもあります。

またたくさんのビタミンを補給することができるため肌荒れの改善や疲れの軽減効果が期待できます。青葉野菜はコレルテロール値の低下をもたらし下げる作用があるため生活習慣病の予防やガン予防ともなります。しかし長期的な継続が必要となります。コレルテロール値を下げる作用は生活習慣病の予防だけでなく肥満の防止や予防にもつながります。ダイエット効果もあるといわれているので男女問わず人気があります。飲むだけというその手軽さもメリットの一つです。不足しがちな青葉野菜の栄養素を含んだ青汁を毎日飲み続けることによって健康を保ち続けることができます。日々の積み重ねが病気の予防や改善につながっていくのです。

青汁の欠点

青汁の最大のデメリットは青汁の効果や効能に即効性がないため長期間にわたって継続的に飲み続けなくては効果や効能があらわれないという点です。健康食品といってもサプリメントと同じような感覚なので継続な使用と効果や効能も似ています。即効性を期待している場合、効果はほぼ分りづらいといえるのです。なので生活習慣病の予防や改善のために青汁を飲むときは青汁を購入し続けなくてはいけないのです。継続し続けることさえできれば健康な身体作りや維持にとても効果があります。青汁を飲み続けている間は効果がありますが、青汁の摂取をやめてしまえば青汁に含まれている栄養も取り入れることがなくなります。なので効果は青汁を飲んでいる期間だけとなってしまうのです。

青汁は手軽に青葉野菜の栄養を摂取することはできます。しかし粉末状のままでは飲むことができないのでどうしても水や牛乳に溶くという作業が必要となります。個人差と個人の認識の違いによって水に溶かすという作業が時間や手間暇がかかって面倒くさいと感じてしまう人も少なくはありません。青汁によっては水に溶けにくいものもあります。また青汁に多く含まれているカリウムは腎臓機能に障害がある人にとって、とても注意しなくてはいけない栄養素です。栄養素の摂取を注意しなくてはいけません。とくに腎臓を人工的に替えている人工透析を行った患者には青汁の摂取は危険なのです。医師と相談して的確な指示のもと青汁と向き合わなくてはならないのです。