口コミ比較でわかったウォーターサーバーおすすめランキング

ウォーターサーバーは冷水や温水がいつでも利用できるだけでなく、取り扱う業者により異なる水源からの水を綺麗に濾過して衛生的に処理しボトルにつめているので水質汚染の心配がありません。また、身体に有効な成分が含まれているものもあり、健康に気をつかう方に人気があります。手間もかからないという点でもウォーターサーバーは優れており、いちいちお湯を沸かしたり冷蔵庫に出し入れする必要もありません。しかも、多くのウォーターサーバーは定期的か必要時に水の入ったボトルを自宅まで届けてくれるため、重いボトルを購入して持ち運ぶ苦労はありませんし、定期購入であればボトルの割引などの特典が多いのも魅力があります。

すぐにでもウォーターサーバーのおすすめを知りたい方は みんなが選んだウォーターサーバー人気ランキング をご覧ください。

そしてコストが高く高級志向と思われがちですが、実はペットボトルのミネラルウォーターを購入するよりも割安になることが多いのです。電気代も電気ポットと比べてみると安いというウォーターサーバーが多いので、ウォーターサーバーの方がお得に賢く利用できるともいわれています。しかし、利用をしようと調べてみると、取り扱う業者によりひとくちに水といっても様々な種類の水が取り扱われていることに気づく方もいるかと思われます。実際にウォーターサーバーを調べてみると、天然水と呼ばれるものやRO膜水と呼ばれる水があります。天然水は基本的な不純物のみ取り除いた状態でボトルに詰めた状態の水です。ミネラルなどの成分はそのまま残っています。RO膜水は特殊なフィルターでミネラル分も不純物もほぼ取り除いた純水に近い状態になります。それぞれの水の特性がありますので、個人の好みや使用用途により選ぶことができるのではないかと思われます。また、便利に冷水や温水がすぐに利用できるというのは様々な面で便利に活用ができますし、特に料理に使用をすると味の違いに驚かれる方も多いようです。このように意外と知らないウォーターサーバーの知識を知ることで、お得に更に便利にウォーターサーバーを利用していきましょう。

ウォーターサーバーと浄水器の違い

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーを考えるときに浄水器とあまり違いを感じない方も多いかと思います。綺麗な水であれば浄水器でも良いと考える方も多いでしょう。ここではこのふたつの違いを改めて考えてみたいと思います。まずこのふたつを比較してみた時大きく違う点は水の採取場所や使用目的です。浄水器は水道水にそのまま取り付けますから、水道水の不純物は取り除かれて水は綺麗になりますが成分はそのままの状態です。普段は水道水でも飲み水はペットボトルという方もいます。ウォーターサーバーの方ですが、各業者が選定した採水場所からの水をボトルに詰めたものを購入して冷水や温水が出るサーバーに取り付けて利用をします。飲み水の他料理にも利用します。温水はかなりの高温ですから電気ポット代わりになりますし、冷水は冷蔵庫に入れなくてもかなりの冷たさです。また、業者により様々な種類の水があり水道水では難しいミネラルなどの成分も豊富に含まれています。

また、メンテナンスの面での比較ですが浄水器は定期的なフィルターのカートリッジの交換が必要ですが、きちんと行なえば優れた濾過機能を発揮して、稀ですが水道水に含まれる可能性がある有害物質や大腸菌などの除去を行ない万が一の汚染に対応することができます。ウォーターサーバーは天然水をほぼそのまま詰めるのが主ですがメンテナンスは業者が主で手間はかかりません。このようにどちらも良い点はあるのですが、コストや便利性を考えるとウォーターサーバーは優れている点が多いかと思われます。

ウォーターサーバーのメリットデメリット

便利に感じるウォーターサーバーですが、良い面も悪い面も当然存在します。まずメリットとしては衛生面と手軽さです。綺麗なミネラルウォーターを業者が届けてくれて専用のサーバーにセットしますが、雑菌が入らないようなサーバーの構造になっており、清潔も保たれるような工夫がされているのでいつでも綺麗な水を利用することができます。この綺麗な水も業者が選んだこだわりの水でミネラル成分も豊富に含まれています。また、その綺麗な水を冷たい状態や温かい状態で利用ができるのでいちいち冷蔵庫から出したりお湯を沸かすなどの手間がありません。水のボトルも重量がありますが、外に買いにいかなくとも定期的に宅配もしくは業者が届けてくれることがほとんどです。また、ボトルひとつは大体10リットルはあるので、万が一災害や事故等で水道水が使えなくなったりした時にでもウォーターサーバーのボトルはストック用の水として利用ができるので、余分な水を用意しておくことも必要なく経済的です。

また、温水が出るのでかかると思われる電気代も実は電気ポットよりもかからないことが多く返って経済的です。デメリットの面ですが、実はさほど多くはありません。強いていうならば、サーバーを設置しなければならないため、住宅状況により電源確保との兼ね合いから置き場所を多少選んでしまう点かと思われます。ただ、最近はスリムタイプのサーバーなども出てきているので、多少狭い部屋でも置きやすくなってきているようです。

ウォーターサーバーの気になる水代と電気代

ウォーターサーバー
前項にも少し紹介しましたが、ウォーターサーバーについて多くの方が気になる水代と電気代について紹介をしようと思います。まずウォーターサーバーの水代ですが、サーバーの契約と同時に専用の水ボトルの契約も行ないます。この水代は業者により価格に多少の差があります。また、水の種類によっても多少価格に差がありますので一概に言えませんが、セットで利用するサーバーの利用料金と合わせて料金面を検討すると良いでしょう。それでも平均的な価格としては12リットルいりひとつで1000円から2000円台が多いようです。高いと思われる方もいるかも知れませんが、ペットボトルのミネラルウォーターと比較をすると、500ミリリットルのペットボトルを100円で購入すると仮定するとそれよりも安いことが多いのでとても経済的なのです。

次に電気代ですが、ウォーターサーバーは冷水と温水を供給するために通電をさせています。これは一日中点けっぱなしの状態になっています。この電気代も各業者のサーバーの仕組みにより電気代に差がでてきます。月々1000円近く電気代がかかるサーバーが多いのですがそれ以下のものもあり、同じように一日いっぱい通電させお湯を利用する電気ポットに比べると割安な場合が多いようです。特に電気ポットはお湯を沸かすときに多くの電気を使用するので、電気代は更に増してしまいます。また、ウォーターサーバーであれば冷水も出るので電気ポットよりも使い勝手が良く、よりお得感があります。

ウォーターサーバーの気になるその他の費用

ウォーターサーバーはその他にも様々な費用を検討する場合があり、まずサーバーのレンタル料ですが、現在は水ボトルを同時契約で無料という業者も多くなってきています。そうでない場合は1000円前後が多いようです。ちなみに買取りになると数万円かかるようです。水ボトルの配送料金は無料がほとんどのようなのですが、一部有料地域となる場合があるので確認が必要です。同時に、リサイクルボトルの場合は場所により回収料が発生する場合もあるようなので、これに関してもボトルリサイクルの際回収に料金がかかるかを確認しておく必要があります。

継続して利用をしていくにはメンテナンスにかかる費用も必要です。綺麗で清潔な水を利用するにはメンテナンスは必要不可欠なため欠かすことはできません。メンテナンスに関しては業者が訪問して行なってくれることがほとんどのようですが、メンテナンス料が無料であったり、年間で数千円かかる場合や定期的にサーバーごと交換するといった、業者により違いがあるのでどれが良いか、自分の生活スタイルに合わせて検討することが必要です。しかし維持費が大きいとお得感のメリットが低くなるため注意が必要です。その他としては、水ボトルの割引特典はボトルを最低本数購入しなければいけないこともあるため条件の確認が必要です。そして契約時のことばかり考えてしまいますが、万が一解約をする際についても確認をしておきましょう。解約手数料の条件やサーバーの返却料などがどのようになっているかも見落としがちな費用のひとつとなり注意が必要です。

みんなが選んだウォーターサーバー人気ランキング

  1. クリクラ

    サーバーレンタル料が無料!宅配料も無料でお届け
    飲んでおいしい 適度なミネラルバランスで、口あたりがいいのが特長です。クリクラは苦味がなく、さわやかな飲み口が評判です。 軟水はまろやかなので、うまみ成分が溶け出しやすく、香りや味が引き立ちます。ご飯を炊くときも、軟水を使うとお米に水分がしっかりと吸収され、ふっくらと仕上がります。ミネラル成分のほどよい量が、素材そのものを生かして、うまみを上手に引き出してくれます。

    クリクラの詳細

  2. コスモウォーター

    スタイリッシュでインテリアにも最適
    選べる4種の天然水を、採水地よりお客様のご自宅に宅配いたします。コスモウォーター安心本舗の天然水は、4種類いずれもまろやかで飲みやすく、日本人に好まれる軟水。軟水の用途は広く、炊飯をはじめ和食全般にぴったり。お茶やコーヒー、赤ちゃんのミルクづくりなどにも適しています。

    コスモウォーターの詳細

  3. フレシャス

    富士天然水の美味しいウォーターサーバー
    数百年という歳月をかけ富士山がじっくりと澄ました「フレシャス」は、大自然がつくる貴重な天然水(ナチュラルミネラルウォーター)。 ほのかにあまく感じる後味は、富士山のやさしさです。限界まで追求した採水環境と、徹底した品質管理によって、自然の恵みをそのままに利便性とともにお届けします。

    フレシャスの詳細


ウォーターサーバーは実に沢山の種類があります。そのためどれを選んで利用をした良いのか正直悩んでしまう方も多いかと思われます。選ぶ時の基準は色々とありますが、総合的な面で検討をしてから個々の状況に合ったものを利用するべきです。ひとつめに衛生面や安全性ですが、サーバーの内部の水を溜めているタンクに空気が触れにくい構造であるかをチェックしましょう。また、小さな子供がいる場合は、お湯が出るサーバーは思わぬ事故を起こす場合があります。そのような事故を防ぐことができる構造になっているかもチェックしておくと良いでしょう。そしてサーバーの構造だけでなく水ボトルの素材にも注目をしてみましょう。一般的な水ボトルは再利用を目的としてガロンボトルタイプというものを採用しています。その中にポリカーボネート素材を利用したボトルである場合があるようで、この素材が乳幼児や胎児の健康に悪影響を及ぼす恐れがあり、使用を控えるよう国からも注意が出ています。妊婦さんや子供がいる場合は特にボトルの素材にも注意をして確認してみましょう。

ふたつめには使い勝手の良いものを選ぶことなのですが、自分の使用目的に沿って検討しましょう。沢山使いたい人は大型ボトル対応のサーバーが、設置場所が狭いのであればスリムタイプか卓上などのコンパクトなものを扱っていう会社を選びます。操作が自分で扱える機能かどうかも確認しましょう。そして、最後はレンタルか買取りかを比べ、その他にも電気代、水ボトル代、メンテナンス代などの総合的な費用を合わせて自分が納得できる業者選びをしましょう。

ウォーターサーバーの水の種類と選び方

ウォーターサーバーで利用されている水にも種類があり、それぞれの会社でその中身や特徴にも違いがあります。そして、その水の違いを会社のこだわりとして大きく宣伝をしていますが、どのような違いがあるのか理解をしないまま、サービスの特典などで利用を決めてしまう場合もあります。水の特徴を理解すれば、より自分に合った水を利用できるのではないかと思います。まず、ウォーターサーバーで扱っている水は天然水とRO膜水のふたつに分かれます。天然水はナチュラルウォーターと呼ばれ、自然の採水場から汲んだ水を基本的な不純物を取り除き加熱殺菌をしたものをボトルに入れています。ミネラル分はそのまま残しているので、採水場によって水の甘みや口当たりに違いがあり美味しい水が楽しめます。

RO膜水というものはかなり細かいものも通さない特殊なフィルターを使用して徹底的に綺麗にした水にしたものです。これは通常の不純物と呼ばれるもの以外にも大腸菌や有害物質などもカットしてしまうため、限りなく純水に近い状態です。しかし、当然ミネラル分もカットしてしまうため、衛生面や安全性はとても高い水ですが旨味が少ないのでもの足りないと感じる場合があります。そのためRO膜水に人工的に後からミネラル分を人工的に加えたものが多いようです。以上のことからウォーターサーバーを検討するときには自然の味を楽しみたいか、徹底的な衛生面や安全面を重視するかを自分の好みや希望に照らし合わせて選択をする良いかと思います。

ウォーターサーバーはレンタルか買取りか

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーの利用をしようと思ったときに、レンタルにするのか買取りにするのか悩んでしまうという方も多いかと思います。実際、サーバーを買取るとしたら安い物で3万円ほど、高いものは10万円くらいと価格に開きがあります。レンタルにすると月々1000円ほどになるのですが、長く使うと初めから決めているのであれば3年ほどで低価格のサーバーは購入できる金額になってしまいます。そのためどちらの方法を選ぶかは、個々の生活スタイルや状況によるものかと思われます。買取りの場合は最初にサーバー代として費用が高くついてしまいますが、その分月々のレンタル料はかからないため余計な費用はかかりません。分割払いを選択した場合でも、支払いが終わればメンテナンス代のみで済みます。買取りを検討する場合は、利用予定期間をレンタルした場合の金額とサーバーの総価格をと比較し、レンタルが上回ってしまうのであれば購入した方が良いでしょう。ただしサーバーは会社により仕様が異なるため、使い回しはできないので注意が必要です。

レンタルの場合は初期の費用が安く済みますので利用がしやすくなります。しかし、上記のように長期間の利用はレンタルでは割高になる可能性がありますし、レンタルですから自分のものにはなりません。期間限定で使用期間の目処がついているのであれば検討しても良いでしょう。そして、レンタルであれば不要になった際の処分は会社が行なってくれます。しかし最近はサーバー自体が無料というものも出てきているので、総合的に自分にとってお得という方を選ぶと良いでしょう。

ウォーターサーバーと赤ちゃん用の水

ウォーターサーバーの水にもいくつかの種類があるということが分かりました。赤ちゃんがいる家庭では、綺麗で清潔な水であればどんな種類でも大丈夫と思っている方も多いかも知れません。しかし、赤ちゃんが口にする場合は水の種類に気をつけて頂きたい点がいくつかあり、水の種類を選ばなくてはいけないのです。水には硬水と軟水と呼ばれる種類に分けることができます。硬水はマグネシウムなどのミネラル成分が沢山含まれているため腸に刺激を与えやすく、便秘に効くといわれています。ヨーロッパでは硬水が多いようです。軟水は逆にミネラル分が低く、身体に浸透しやすいのが特徴で、日本の多くはこの軟水になります。

それでは、赤ちゃんにはどちらの水が良いのかというと、軟水になります。硬水ではミネラル成分が消化器官の未熟な赤ちゃんに負担をかけやすく下痢を起こしてしまい、更に粉ミルクを硬水で調乳してしまうと、ミネラル成分が規定値を大幅に超えてしまうため赤ちゃんには健康面から危険にさらす可能性があるので避けましょう。また、国産では殺菌処理は徹底されていることが多いのですが、海外から輸入されたミネラルウォーターのほとんどは未殺菌の状態です。そのため、少ないながらも細菌が含まれている可能性が高いため、赤ちゃんには危険です。必ず煮沸をして冷ましたものを使用するようにしましょう。同様に、妊娠や授乳中も細菌やミネラル分のバランスが重要となるため、飲み水は注意をすることが大切です。

ウォーターサーバーの活用方法

ウォーターサーバー
業務用として始まったウォーターサーバーも今ではすっかり一般家庭にも普及し、特に健康や清潔面に注意を払う乳幼児のいる家庭などを中心にかなり利用をされているようで関心の高さが伺えます。しかし、ウォーターサーバーを導入したものの、どのように活用をしてみたら良いのか困ってしまう方もいるかと思います。ここでは活用例をいくつか挙げてみたいと思います。ウォーターサーバーはもちろん飲用水が基本ですから、そのまま美味しく飲んで楽しめます。

これだけでは物足りないので、家庭では料理に利用をしましょう。食材を洗うだけや下茹でにウォーターサーバーの水を使うのはもったいないので、ご飯を炊くときの水や汁物を作るとき、煮物の水などに利用をしてみましょう。適度なミネラルバランスの効果でいつもよりも美味しく調理ができることにびっくりする方もいるかも知れません。また、温水もすぐに出ますから、お茶やコーヒーなども美味しく飲めます。電気ポットも必要なくなり経済的に利用ができるでしょう。赤ちゃんに利用ができる水であればミルク作りや離乳食にも重宝します。冷水と温水を使い分ければ面倒なミルクの適温も冷めるのを待たなくてもすぐに調整できます。会社でももちろん多く見かけますが、普及率が高いのはやはり来客が合った際にすぐに綺麗な水でお茶や冷水が出せるという点が重宝されています。また、クリーンなイメージが会社のイメージアップに繋がるようです。

ウォーターサーバーのお手入れ方法

ウォーターサーバーも使用を続けると、どうしても汚れてきてしまいます。これは避けられないことなので、綺麗で安全な水を利用するには定期的にお手入れが必要です。ウォーターサーバーのメンテナンスに関してですが、現在はそのウォーターサーバーを取り扱っている会社の担当の方が定期的に対応をしてくれることがほとんどのようです。だからといって、全てを業者任せにしておいても業者は数ヶ月か1年に一回程度のメンテナンスが多いのでしょうから、内部に汚れが付きにくい設計だとしても日ごろから自分で綺麗にしておくことが必要です。油断をしていると思わぬところにカビや汚れがついている状態のまま利用をしている可能性があります。自宅で行なえるメンテナンスですが、メンテナンスの際は事故を防ぐためにコンセントを抜いて電源を切った状態にしておきましょう。

まずは水ボトルの周りを綺麗にしましょう。新しい水ボトルに交換する時に、そのまま交換をするのではなく綺麗な付近でボトルの差込口や周りを綺麗に空拭きしましょう。同様に消毒用アルコールなどで消毒するとより綺麗になります。蛇口と受け皿も汚れやすい部分です。濡れたふきんで拭き取りここにも消毒アルコール類などで消毒をします。受け皿は取り外して綺麗に洗いましょう。サーバー本体はホコリや手垢で汚れやすいので、ふきんで綺麗に拭きましょう。特に本体の後ろ側や電気のプラグ付近はホコリが溜まりやすくショートの危険が高くなります。掃除機でホコリを吸い取り綺麗に拭きましょう。