おすすめなウォーターサーバー3選と全活用法

いいお水はペットボトルで買うと大変ですね。高いし運ぶのと収納場所が大変です。そんな方におすすめなのはウォーターサーバーです。病院や薬局などで見たことはお有りではありませんかお水やお湯を好きな時に飲める機械です。水道に浄水器をつけるときは蛇口にあわない等の問題がありますが、ウォーターサーバーなら、比較的簡単に設置することができます。多くの場合レンタルでウォーターサーバーを借り、ご家庭や企業内で利用しているようです。レンタル料は無料から月々数百円が相場でそこにお水の代金が加わります。水の質も天然水から、不純物などをろ過した特別な水など様々です。ボトルの交換も業者がしてくれますので簡単ですよ。天然水の場合は、採取元を確認しておきましょう。水源によってお水の味は違います。口コミやランキングサイトを見てどこがいいかを探していきましょう。

すぐにでもおすすめなウォーターサーバーを知りたい方は ウォーターサーバー選びで大切なこと をご覧ください。

ウォーターサーバーを使うのを特にお勧めしたい人がいます。今妊娠中の方、小さな子供さん、そして高齢の方や病気がちの方です。こういう方々はお水をあまり飲まないことがあり、時に脱水症状を起こしてしまう事があります。子供の味覚というのは、敏感なので少しでもあわないと感じたら飲みません。私には4歳の姪がいますが水分をとらないので便秘がちになっています。こういうお子さんは多いですね。勿論お母様にも必要です。お水は沢山飲んだ方が肌には良いですからね。
ウォーターサーバーは置き場所を考えて設置しましょう。コンパクトな機器もありますのでスペースが無い方はそちらを選ぶといいですね。ウォーターサーバーを上手に利用してご家庭や職場で美味しい水を飲んで体調を整えて楽しい毎日を送りたいものですね。

美味しいお水を飲みたい

おすすめなウォーターサーバー
山紫水明、我が国程この言葉に相応しいまほろばはございません。湯水のごとく使うという言葉は我が国では浪費を示しますが、砂漠の国では黄金しろがねに勝る宝のように使うという風に取られます。水道をひねればお水が出て、それをそのまま飲める国はそう多くありません。昔、水質調査や合宿で、新潟や、長野の高原、富士山麓に遊んだことがあります。どこも素晴らしいお水なんですね。紅茶のティーバックを持参して皆にふるまいましたが、おかわりの希望者が続出しました。私の住む横浜は水道局の水が軟水でよそに売れるぐらいなのですが、やはり山の水にはかないません。水道水は、塩素が添加されていたり、水を送る管などの老朽化などで味が悪くなることが多いのです。夏蛇口をひねったら「うええ」となるような藻の匂いがしたことがあります。母方の田舎に井戸水の出る水道がありますが冷たさ、味の差は歴然としています。冬でも地下水は凍りませんし。こうした水を飲みたがる方が増えてきているようですね。

少しでも美味しい水を飲みたいという方はペットボトルを買いますが、重い、ごみが出る、コストが高いという事で大変なようです。会社や家における給水器、ウォーターサーバーが最近人気です。薬局や病院など不特定多数の人が使う空間は設置しているところが多いですね。薬を途中で飲む方などは重宝するようです。勿論ご家庭でもウォーターサーバーを使えば安全でおいしいお水を好きなだけ楽しむことができます。

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーを現実に使ったことが無い方でも、設置してあるのをご覧になったことはあるかもしれません。特別な機械で、お水と、お湯がいつでも出てくる機械のことです。メーカーによって、水の種類が違います。富士山麓や知床半島などから取水した天然水をボトリングしたものの他に、特別な方法でろ過したRO水というものを使うメーカーもあります。雑菌が繁殖しない、不純物が少ないのが特徴です。後は水素水などをサーバーに入れているジムやヨガスタジオもありますね。

ウォーターサーバーと水道の水はどう違うのか考えてみましょう。まずは渇水の心配。四国4県は毎年夏になりますと水が無くて給水制限がかかりますね。ウォーターサーバーは水を宅配する形式なので、止まってしまうという事はありません。次に水の質の均一性。最初のページで書きましたが、水道水というのはその日の条件によって味が変わります。お茶や珈琲のプロはこの味の変化に四苦八苦するのですが、ウォーターサーバーならその心配はいりません。ボトリングされていますから。また、火を使わずに温水が出ますのでお子さんでも扱えてガス代が節約できるという利点があります。ただ電気代はかかってしまいますのでご注意ください。使い勝手が良くて、メンテナンスが楽という事では水道水よりもウォーターサーバーの方が秀でているということが多いのです。逆に設置場所や電源の心配などもありますし、費用も掛かりますので、良い面と悪い面両方考えて選びましょう。

ひと月いくらぐらい?

おすすめなウォーターサーバー
単にウォーターサーバーと言いましてもメーカーによってサービス内容はまちまちです。機械を買ってボトルを使うものと、レンタルして月々のお金を払っていくものもあります。レンタル料は、有償のものと無償のものがあります。一杯の水の値段も数十円など違いがあります。ウォーターサーバーを選ぶときにはイニシャルコストとランニングコスト、この両者を考えていくことが大切です。イニシャルコストというのは導入にかかるお金のことです。ウォーターサーバーを買うお金が該当します。対してランニングコストはウォーターサーバーを使うときのお金です。水のボトル代、電気のコスト。

そして、レンタル料です。イニシャルコストが高くともランニングコストが安いウォーターサーバーとイニシャルコストが安くとも、あとでランニングコストがかかるウォーターサーバーがあるとします。前者は最初の数か月は、損をします。ですが、数か月たちますとランニングコストで他社と比べて得をすることが多くなり、イニシャルコストの対費用効果を補えるようになります。長く使うならこのタイプが有利です。逆に途中で止めてしまう場合は後者のイニシャルコストが安いものにした方がいいのです。使用頻度もありますので、この家格という事は提示できません。ランキングサイトに目安がありますので、比較しながらみていくことも大切です。また、多少高くとも使いやすくお水が美味しいウォーターサーバーを選んだ方がよいようです。

安全性は?

2011年3月11日の東日本大震災とその後の原発事故はお子さんを持つ方に大きな不安を持たせました。私は東北から遠い横浜にいますが放射能が風に乗って、神奈川県の足柄の緑茶が出荷できなくなりました。お母さん方は、少しでも安全な水を子供に飲ませようと、採取地のはっきりした水をペットボトルで買うようになったようです。でもこの行動は別の可能性を生みます。口飲みによる雑菌の繁殖です。コップに注ぐという飲み方なら、そういう事はないのですが、栓を開けて口をつけてしまいますと菌が水に入って増えていきます。密封されている時は安全でも封をあけたら危険ということも有ります。

水ではないのですがドイツワインから菌が検出されて出荷停止になったことも有ります。水道水でも、重金属や菌が検出されることがあります。特に貯水槽の掃除をしていないマンションなどは相当のものですよ。日本なのに沸かさないと飲めないということも有るのです。人間の身体には免疫機能があるので少しなら大丈夫ですが毎日飲んだらどうなるかはわかりません。特に放射能はチェルノブイリ、スリーマイル等のデーターしかなく将来的にどうなるか分かりません。ウォーターサーバーは水を出す口に直接手や口が触れることはありません。農薬や放射能も検査をしています。取水地がわかるものはデーターを集められますので気になる方は検索してみると良いでしょう。大事なことは、神経質になりすぎることなく、適切な判断をする事です。

ウォーターサーバー選びで大切なこと

  1. クリクラ

    サーバーレンタル料が無料!宅配料も無料でお届け
    飲んでおいしい 適度なミネラルバランスで、口あたりがいいのが特長です。クリクラは苦味がなく、さわやかな飲み口が評判です。 軟水はまろやかなので、うまみ成分が溶け出しやすく、香りや味が引き立ちます。ご飯を炊くときも、軟水を使うとお米に水分がしっかりと吸収され、ふっくらと仕上がります。ミネラル成分のほどよい量が、素材そのものを生かして、うまみを上手に引き出してくれます。

    クリクラの詳細

  2. コスモウォーター

    スタイリッシュでインテリアにも最適
    選べる4種の天然水を、採水地よりお客様のご自宅に宅配いたします。コスモウォーター安心本舗の天然水は、4種類いずれもまろやかで飲みやすく、日本人に好まれる軟水。軟水の用途は広く、炊飯をはじめ和食全般にぴったり。お茶やコーヒー、赤ちゃんのミルクづくりなどにも適しています。

    コスモウォーターの詳細

  3. フレシャス

    富士天然水の美味しいウォーターサーバー
    数百年という歳月をかけ富士山がじっくりと澄ました「フレシャス」は、大自然がつくる貴重な天然水(ナチュラルミネラルウォーター)。 ほのかにあまく感じる後味は、富士山のやさしさです。限界まで追求した採水環境と、徹底した品質管理によって、自然の恵みをそのままに利便性とともにお届けします。

    フレシャスの詳細


ウォーターサーバーは、国内にあるメーカーだけでも沢山の商品が出ています。今まで使ったことが無い方は、どれを選んだらいいか分かりませんよね。そんな時は口コミやランキングのサイトを見てみましょう。いくつかの商品について他の人が出した評価を見ることができます。あくまでも主観的なものですので、すべての人がそうというわけではないのですが頼りになりますよ。

確認すべきところは次のようなものです。まずは水の種類と味。お好みがありますし、RO水がいい方と天然の水が、いい人がいます。味は水源によって違います。天然水の中でも豊かな森を水源としたものは味が柔らかいことが多いです。私は富士の裾野に遊んだ時、落ち葉と岩盤に濾過された天然の美しい水をみました。地層が水を作るのです。
次はサーバーの大きさ。あまり大きいと部屋におけません。スリムでコンパクトなものが、ご家庭で使うならお勧めです。後は操作のしやすさ、子どもがいじっても温水で火傷をしないかなども確認ポイントです。操作法があまり複雑ですと高齢の方は使えません。そこの配慮も必要です。電気を使うものはアンペアにあったものかを確認したいですね。電気代もかかりますし、気をつけないとブレーカーが落ちます。

あとはレンタル代と水の値段、一日あたりのコストもチェックしないといけません。お水を買うかそれともウォーターサーバーにするかも考えながら計算していきます。そこにいる方全員が気に入って使えるウォーターサーバーを選びましょう。

硬水と軟水

私は紅茶や珈琲を自宅で丁寧に淹れます。皆様、紅茶の世界でいうポットのための一杯とは人数分に加えていっぱいプラスして茶葉を使う慣習は何故生まれたと思いますか。それは紅茶を愛したイギリス人が使える水が硬水、マグネシウムが多いお水で成分ができらない美味しくない苦い水だったからです。日本の水は軟水ですのでポットのための一杯はいりません。お茶などが美味しく入るのは軟水なのです。ただ、アールグレーなど香りが強いものは、硬水で入れるときつさが和らぎます。何種類も同じ茶葉で試してみましたが、水で味が全く違います。汲みたての新鮮な水であればあるほど、美味しく淹れられるのです。良い茶葉を買っても粉を買っても、水が駄目ならすべて台無しです。

硬水は美味しくないという事ではなく日本人が飲みつけていない味だという事です。中にはお腹を壊す人もいます。健康やダイエットのために、硬水のお水を飲む方もいます。ただ、日本の水は軟水ですので、硬水はペットボトルで買わないといけないのです。重いしかさばる、気が付いたら賞味期限が切れている。そんな落ちがよくあります。それに高いですしね。ウォーターサーバーのお水は、硬水も軟水もありますので、好きなものをお選びになると良いでしょう。お茶や珈琲に使わずとも、そのままで美味しくいただけますよ。お好きな方さのお水を探してウォーターサーバーを使ってのどを潤しましょう。大人もお子さんも快適に過ごせますよ。

途中で止められる?

おすすめなウォーターサーバー
思ったより費用がかかる、使う頻度が少ない。お水の味や使い勝手が自分の想像と違っていたという事はウォーターサーバーの利用者には良くあることです。もし使わないという事であれば途中で使用をやめることも可能です。他のサービスもそうですが皆様はご自身のお金をいかに使うかを決める裁量があります。止めてしまうときには、機器の返却法や、月半ばで止めた時のレンタル料の返還の有無などを確認しましょう。買取のタイプよりレンタルの方が、途中でサービスを変えることができウォーターサーバーに不慣れな方には良いようです。契約をする時に返却もしくはサービス停止の時の注意点を確認していきましょう。後で、こんなはずじゃなかったということが無いようにしたいものですね。

また、先に無料で体験できるウォーターサーバーを試してみるという手もあります。人気のあるところはお試しキャンペーンを行なっているところが多いですよ。実際に使ってみてわかることも有ります。特にご家族や会社の方、お客様がどれぐらいの頻度で使うかを確認してください。お水を良く召し上がるようになったときには、その機器がその環境にあっているのでしょうし、そうでない場合は、他のウォーターサーバーを選んだ方がいいことも有ります。いきなりひとつに決めるのではなく、幾つか候補をあげて使う人の意見を聞きながら絞り込んでいくようにしましょう。そちらの方が満足度も高いですし、効率的です。

メンテナンスは

ウォーターサーバーは飲料水を出す電気機器という属性上、こまめな清掃が必要です。普段から水の出し口や、ボタンやレバーなどをふいてよごれたものが水に混ざらないようにしましょう。お子さんには出し口を触らないように教えておきましょう。今国民生活センターにお子さんが温水機能を勝手に触って火傷をしたウォーターサーバーの事故が報告されています。設置する部屋も人の目がある場所の方がよいですね。迷った時は問い合わせをしてみましょう。またボトルがきちんとはまっているか確認しましょう。ずれている場合、床に水がこぼれ、漏電や下の階への漏水などの問題につながります。漏水してしまいますと絨毯や壁面に水のシミができてしまいますよ。またコンセントはたこ足配線はせず、埃が溜まらないようにしてください。発火することがあります。

こうした利用上の注意を守ればウォーターサーバーは、安全に使えます。でも故障したときは自分で直そうとはせず、必ず専門の業者に頼んでください。元に戻せなくなってしまったり、怪我をする恐れがあります。レンタルの場合、メンテナンスが無償もしくは格安でできるようになっているところが多いです。定期的にメンテナンスがあることを売りにしているところも多いので、口コミや公式サイトを見ながら、ご自分のそしてご家族の状況にあった、会社の状態にあったウォーターサーバーを選びましょう。焦って物を決める必要はないので情報をきちんと集めていきたいですね。

地域とメーカー

おすすめなウォーターサーバー
ウォーターサーバーが、気になるので水を宅配してもらおうという方は、次のことを確認してください。折角気に入ったものがあっても、注意を怠りますとサービスが利用できないことがあります。一番は配送地域ですね。全国に配達してくれるところもありますが、地域が関東、近畿など限られているところもあります。宅配という性質上、営業所数が少ないと、全国に運ぶことはできないんですね。全国配送でも山間部や離島などは配送地域に入っていないことも有ります。また宅配の送料や、届くまでの時間帯、時間帯の指定ができるかも確認しましょう。重い荷物ですので宅配ボックスに入らないということも有ります。電気を使う機器ですので、コンセントが使えるかどうかも確認しましょう。関東とそのほかの地域の出力は違います。電気が無いと温水が作れませんので、ご注意ください。

また、メンテナンスなどのサポートがしっかりしているか、コールセンター等に使い方の相談ができるかも確認しましょう。地域によってサービスセンターが無い、もしくは遠いことも有り得ます。もし機器が壊れた時の修理の料金や、保証の内容は、書面にして確認しておくのが原則です。ウォーターサーバーは比較的耐久性が高い機器ですが、毎日使うものなので、いつかは機能が落ちます。その時にレンタルならば、機器も変えてもらえますが買取ではそうはいきません。契約時に疑問に思った事は、聞いて、導入するかどうかを考えてみましょう。

どんな人に向いている?

ウォーターサーバーの水はどなたでもご利用でき美味しいものです。ですが、特にお勧めしたい方がおいでです。ひとつ、ご高齢の方。お年寄りというのは、お水をあまり召しあがりません。体感覚が薄いという事もあります。頻尿を気にする方もおいでです。でも、お水は飲まないと便秘になったりしますし、夏は熱中症になって命を落とす方が絶えません。お水をいつでも飲めるという事はいいことなのです。私の家では朝お茶を1リットル作ってテーブルに置いておきます。家族の誰が飲んでも良いようにしてあり、昼もう一度作っています。水がいいと、お茶も美味しいので飲む量が増えます。お小水もしっかり出るので結石や膀胱炎がある方この方法がよいようです。

次はお子さん。またまた私事で恐縮ですが、私には姪がおります。これがお水を飲まないんですね。水道水のカルキなどを嫌がるお子さんは多いです。でも子供は脱水状態になる可能性が大人より高いですし、便秘などは水を飲まないと、解消しません。美味しいお水は子供さんも飲みたがりますよ。皆様突然ですが、ほうじ茶はお好きですか。ノンカフェインのお茶なので赤ちゃんに飲ませるお母様が多いのです。飲む以外にも石川県などでは、おむつ替えの赤ちゃんのおしりふきに使うそうです。ウォーターサーバーのお水は安全性が高いのでこうしたことにも使えますよ。安心して使えて効率の良いウォーターサーバーを選んでいき、楽しく子育てしましょう。