ウォーターサーバーを使うべき全理由とおすすめ3選

現在、日本の多くの自冶体では、安全で良質な水道水を提供できる環境が整い、以前のように極端なカルキ臭などで、水道水が飲みにくいというような事例は少なくなってきましたが、近年、水に対する強い拘りから、スーパーやドラッグストアーなどで、天然水やミネラルウォーターを買い求める家庭が多くなってきました。中には、単なる飲料用に留まらず、料理や洗顔用にまで、その用途範囲を広げる風潮も生まれてきています。このような特別な水の需要に応えて、家庭やオフィスなどで手軽に美味しい水が飲めますというキャッチコピーと共に台頭してきたのが、ウォーターサーバーです。

すぐにでもウォーターサーバーのおすすめを知りたい方は ウォーターサーバーを選ぶなら比較したうえで選ぶ をご覧ください。

ウォーターサーバーを販売またはレンタルする会社は、あっという間に増え続け、主なところだけでも50社をはるかに越えています。テレビコマーシャルでも各社のシステムが紹介されていますが、サーバー本体は無料レンタル、水については富士山や九州などの著名な採水地を選択でき、12リットル入りのボトルは回収せずに使い捨てとなるワンウエイ方式といったシステムが人気になっているようです。また、ほとんどのウォーターサーバーには、冷水と、そのままお茶が飲めるほどの温度になった温水の両方が使えるようになっています。各社の競争も激しくなってきていて、大きなスーパーの前には、必ずといっていいほどデモンストレーション用のカラフルなウォーターサーバーが並んでいて、その場で契約をすると初回の水の配送を無料にするなど、各種のサービスをアピールしています。価格については、会社によってかなり差がありますが、12リットル入りのボトルひとつが1600円~1900円ほどになっています。ウォーターサーバーは、確かに便利ですが、水の冷却や温めに24時間電源を入れておくことになるため、意外と電気代がかかるという声をきくことがあります。機種によっては省エネタイプなどもありますので、契約時に確認をすることをお奨めします。

ウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーの取扱説明書を見ると、ウォーターサーバーを設置する際に注意をしなければならないいくつかの項目が書いてあります。基本的なことばかりですが、いずれも不注意から思いがけない事故に至るような大切なことばかりです。まず、ウォーターサーバーは、あくまでも室内専用です。直射日光や雨に当たらないところに設置してください。次にストーブなどの熱源の近くには設置してはいけません。また、ウォーターサーバーと壁との間の距離は最低でも15cm以上離してください。これらはすべて機器の変形や機能低下の原因になります。もうひとつ意外と気がつかないことがあります。温水タンクに水が入っていない状態のまま電源を入れると、いわゆる空焚きの状態になり大変危険です。ボトルが空になったら直ぐに新しいものと交換するよう心がけてください。

1台のウォーターサーバーには、水を冷やす装置と、お湯を沸かす2つの装置が付いていることは、はっきり分かります。では、それぞれがどんなユニットなのかをみてみましょう。水を冷やす装置には家庭用の場合、電子式というユニットが多く使われます。また、業務用などではタンク外周に配管を巻きつけて冷却媒体を循環させるコンプレッサー方式が使われます。電子式は消費電力が低く、電気代の節約ができるという利点がある反面、コンプレッサー方式に比べて冷却能力が劣っていて、冷却に時間がかかるというマイナス面があります。また、コンプレッサー方式のユニットは、たくさんの水を使うオフィスなどに適していますが、総じて重量が重くなるため、ウォーターサーバーの移動などに手間がかかります。お湯を沸かすには、水の中に電気コンロなどに使われているニクロム線を入れ、電流を流して加熱します。これをシーズヒータ-といいます。簡単に言うと、水の中に焼けた石を投げ入れるイメージになります。少量の水であれば、瞬時に高温にすることができます。ウォーターサーバーはこのような装置を使って、いつでも冷たい水と熱いお湯が飲めるようになっているのです。

ウォーターサーバーの種類

家庭用ウォーターサーバーの分類のひとつとして、水の種類による方法があります。水の種類は、純水や、ピュアウォーターと呼ばれるRO水と、富士山水、南アルプスの水に代表される天然水があります。地下から汲み上げた地下水をRO膜で濾過し、不純物を取り除いたものを純水や、ピュアウォーターと呼んでいます。天然水については特に正式な規定はありませんが、徹底した管理の下、特定の地域から汲み上げた地下水をそのまま飲料水としたものの総称として使われています。現在、ウォーターサーバーを取り扱っている企業の多くは、天然水を使用しています。そして、これらの水にオゾン等を使った非加熱処理をしたものを製品として出荷しています。その他、サーバーそのものをレンタル制としているか買い取り制にしているか、ボトルは使い捨てなのか、交換式なのか、家庭用ウォーターサーバーと業務用(オフィス対応)ウォーターサーバーが、はっきりと分かれているかなど、ユーザーにとってのメリットを中心に分類することもできます。

よく、天然水とピュアウォーターのどちらが良いの?という質問を受けることがあります。天然水のようにミネラル分を豊富に含んでいるものの方が美味しいという人もいますし、RO膜でしっかり濾過した水は安心して飲めるから良いという人もいます。また、ウォーターサーバーの水を使って煮物などの料理をする場合には、ミネラルや不純物が入っていない水の方が素材の味が生きてくるという人もいて千差満別です。つまり、答えはその人の好みによるということになります。また、ウォーターサーバーの多くは、5℃の冷水、90℃弱の温水の両方が常に供給できるシステムを備えています。子供が間違ってやけどをしないようにするためのロック装置が付いていたり、省エネ設計になっていたりするものがあります。いずれにしても、多くの会社から、タイプの違うウォーターサーバーが市場に出回っているため、家族構成やライフスタイルなどによって使い分ける必要があります。

手間いらずのウォーターサーバー

ウォーターサーバー
「ウォーターサーバーに興味がある」という方も増えてきていると思います。自宅に、ウォーターサーバーがあれば、いつでも冷たい水、熱湯などをすぐに利用することが出来、とても便利ですよね。何よりも、いつでも美味しい水が利用出来るというのは、ウォーターサーバーの魅力ではないでしょうか。しかし、中には「サーバーを使うということは、お手入れなどが面倒なのでは?」と思っている方もいるでしょう。

では、ウォーターサーバー利用の際の手間について、ご紹介しましょう。ウォーターサーバーは、各メーカーによってサーバーが異なっていますが、水のボトルをサーバーにセットすることで、定量の水をタンク内部に入れることが出来ますので、簡単に使用が出来ますよ。使用の際には、ボトルを飲みきった際にボトルを交換するだけで、いつでも美味しい水を飲むことが出来ます。ミネラルウォーターを常に購入している方も多いと思いますが、ミネラルウォーターの場合には、冷蔵庫から取り出す必要がありますが、ウォーターサーバーであれば、こういった手間をかけずに、すぐに水を飲むことが出来ますよ。サーバーのお手入れについては、利用する方はほとんど行う必要がありません。水が出てくる部分などは、常に空気に触れている部分となりますから、気になった時にさっと拭き取るくらいで十分といえるでしょう。水は、空気に触れない状態でサーバーに設置されていますから、何もお手入れなどを行う必要はありませんよ。メーカーによっては、メンテナンスを無料で行っているところもあり、自分で難しいお手入れをする必要は一切ありません。女性の一人暮らしや、高齢者の方でも気軽に利用することが出来ますよ。このように、ウォーターサーバーは、手間など一切かからず、とても便利に利用出来るものとなります。「お手入れが面倒そう」と、ウォーターサーバーの設置を倦厭していた方も、ぜひこの機会に設置を検討してみませんか。

ウォーターサーバーのお試し期間

ウォーターサーバーを使ってみたいと考えている方も多いと思いますが、中には「本当に、うちには必要なのか判断出来ない」という方もいると思います。また、「実際に使ってみて、どのくらいの費用がかかるのか知りたい」という方もいるでしょう。ウォーターサーバーの費用は、事前に確認することが出来ますが、実際に使ってみなければどのくらいの水を飲むのか、電気代がどのくらいかかるのかなど分からないため、「設置するか、迷ってしまう」という方も多いでしょう。そんな方は、契約前に実際にウォーターサーバーを利用出来るお試しの利用がおすすめ。

では、ウォーターサーバーのお試し期間について、ご紹介しましょう。各メーカーでは、実際にウォーターサ-バ―を利用出来る、お試し期間というものを設けているところもあります。お試し期間中には、実際に利用したお水の料金と電気代のみで利用が出来ますから、とても便利。「意外に、うちは水を飲んでいるんだなぁ」と知ることも出来ますし、「電気代は、そんなにかからないんだ」ということも事前に知ることが出来るでしょう。部屋にサーバーを置いたら、どういった雰囲気になるのかなども事前に知ることが出来ますから、とても便利ですよ。何よりも、契約前に実際に設置して「うちには、ウォーターサーバーが必要か?」ということを検討することが出来ますから、とても便利ですよ。お試し期間を経て、「うちには、必要ないな」と思った時には、そのまま返却することも出来ますし、「うちには、これは必要だなぁ」という時には、継続使用も可能となります。
「ウォーターサーバーの設置を迷っている」という方は、このお試し期間を利用して、実際に利用してみませんか。実際に利用してみることで、本当に必要かどうかを判断することが出来ますから、とってもお得。ほとんどのメーカーでは、お試し期間の使用は、無料での利用となっていますから、安心して試すことが出来ますよ。

ウォーターサーバーを選ぶなら比較したうえで選ぶ

  1. クリクラ

    サーバーレンタル料が無料!宅配料も無料でお届け
    飲んでおいしい 適度なミネラルバランスで、口あたりがいいのが特長です。クリクラは苦味がなく、さわやかな飲み口が評判です。 軟水はまろやかなので、うまみ成分が溶け出しやすく、香りや味が引き立ちます。ご飯を炊くときも、軟水を使うとお米に水分がしっかりと吸収され、ふっくらと仕上がります。ミネラル成分のほどよい量が、素材そのものを生かして、うまみを上手に引き出してくれます。

    クリクラの詳細

  2. コスモウォーター

    スタイリッシュでインテリアにも最適
    選べる4種の天然水を、採水地よりお客様のご自宅に宅配いたします。コスモウォーター安心本舗の天然水は、4種類いずれもまろやかで飲みやすく、日本人に好まれる軟水。軟水の用途は広く、炊飯をはじめ和食全般にぴったり。お茶やコーヒー、赤ちゃんのミルクづくりなどにも適しています。

    コスモウォーターの詳細

  3. フレシャス

    富士天然水の美味しいウォーターサーバー
    数百年という歳月をかけ富士山がじっくりと澄ました「フレシャス」は、大自然がつくる貴重な天然水(ナチュラルミネラルウォーター)。 ほのかにあまく感じる後味は、富士山のやさしさです。限界まで追求した採水環境と、徹底した品質管理によって、自然の恵みをそのままに利便性とともにお届けします。

    フレシャスの詳細


ウォーターサーバーというと、「企業などで、設置するもの」というイメージを持っている方も多いと思います。業務用だと思っている方も、多いかもしれませんね。しかし、ウォーターサーバーは、個人でも設置が出来るとても便利なもの。では、ウォーターサーバーのお得な活用方法について、ご紹介しましょう。最近では、健康に気づかっている方も増えてきていますよね。そのため、「水道水は飲まず、ミネラルウォーターを購入している」という方も多いと思います。水道水と比べると、ミネラルウォーターには、様々な栄養素が含まれていますし、安全性も高いですから、安心して利用している方も多いでしょう。そんな方は、ウォーターサーバーを利用することで、もっと水を活用しやすくなりますよ。メーカーによっては、海外の水を扱っているところもあれば、各地の名水を選ぶことも出来ますから、健康に気をつけている方にも、納得の水を選ぶことが出来ます。

また、赤ちゃんがいるご家庭では、ミルクづくりの際に、いつもお湯を沸かしていると思います。お腹が空いた赤ちゃんを、待たせてミルクづくりをしていると、「早く、お湯が沸かないかなぁ」と焦ってしまいますよね。そんな時、ウォーターサーバーがあれば、すぐに安全な水を使用した熱湯を使うことが出来ますから、とても便利。安全性の高い水となっていますから、赤ちゃんのためのミルクづくりにも、大活躍。更に、ウォーターサーバーの水を調理の際に使用することも出来ます。お米を炊く時などは、水によって美味しく炊き上げることも出来ますから、今まで以上にご飯がおいしく食べられるようになりますよ。コーヒーなどを淹れる際にも、美味しい水から淹れることで、美味しコーヒーを楽しむことが出来るでしょう。このように、ウォーターサーバーの活用方法は様々あります。「水道があるから」と思っている方も、ウォーターサーバーを設置することで、更に料理の腕が上がるかもしれませんよ。

お得なウォーターサーバー

「毎週末になると、ミネラルウォーターを箱で購入してくる」という方もいると思います。ご家族が多ければ、それだけ使う水の量も多いですから、頻繁に買い物をしている方も多いでしょう。ミネラルウォーターは、500mlも場合には安くても100円前後しますよね。そのため、月にするとかなりの出費となっているのではないでしょうか。その点、ウォーターサーバーであれば、お得に利用が出来ますよ。

「ウォーターサーバーは、高価なもの」と思っている方も多いと思います。ウォーターサーバーは、最初のうちはオフィスや病院、施設などでの設置が目につきましたから、「高いんだろう」というイメージを持っている方も多いと思います。しかし、今ではサーバーのレンタル代が無料のところも増えてきており、とてもお得に利用することが出来るんですよ。ウォーターサーバーを設置した際に必要となるのは、サーバーのレンタル費用やメンテナンス費用、水のボトル代、サーバーを使用する電気代などがかかることになります。サーバーのレンタル費用やメンテナンス費用は、無料というところもありますから、「費用は、かけたくない」と考えている方であれば、そういったメーカーを選ぶことで、実質水のボトル代と電気代だけで利用が可能。「水が、高いのでは?」と思われる方も多いと思いますが、ウォーターサーバーで用いられている水ボトルは、12リットル程度入っており、1,500円程度となっていますから、高価なものではありませんよ。もちろん、水の種類によっては、高いものもありますが、それぞれの好みで選ぶことが出来ますから、費用は抑えることが出来ます。サーバーによっては、熱湯が利用出来るものもありますから、お湯を利用する際には、お湯を沸かす際の電気代やガス代などがかかりませんから、とてもお得なんですよ。利便性だけではなく、意外にもお得に利用出来るということ。今まで、「ウォーターサーバーは、高いもの」と思っていた方は、ぜひこの機会にウォーターサーバーの設置を考えてみませんか。

ウォーターサーバーの安全性

ウォーターサーバー
「水道水は、安心して飲めない」という理由から、常にミネラルウォーターを購入している方も多いと思います。水道水の場合には、カルキ臭なども気になりますから、「毎回、沸かして使っている」という方もいるでしょう。そんな方は、安全なウォーターサーバーがおすすめ。「でも、ウォーターサーバーって、本当に安全なの?」と思っている方も多いでしょう。ウォーターサーバーで用いられている水は、各メーカーによって異なりますが、各地の名水などを楽しむことが出来、衛生面などもとても安心なんですよ。通常、ミネラルウォーターなどを利用する際には、ペットボトルを開けるたびに空気に触れることになりますよね。

しかし、ウォーターサーバーの場合には、空気に触れることなく、保管することが出来ますから、使用の際に雑菌などが入ってしまう心配がありません。また、用いられている水は、それぞれのメーカーにより、定期的に様々な検査を行っています。最近では、「放射能が心配」と思っている方も多いと思いますが、各メーカーでは、この放射能などの検査もしっかりと行っており、安全な水を提供していますからとても安心。小さなお子さんがいるご家庭では、「安全性の高い水を選びたい」と考えている方も多いと思いますが、ウォーターサーバーの水であれば、しっかりと検査を行った水のみを利用することが出来ますから、とても安心ですよ。放射能だけではなく、雑菌などの物質が入っていないかなどもしっかりと検査していますから、とても安心。こういった安心出来る水であれば、赤ちゃんのミルクづくりなどにも安心して使用することが出来ますよね。このように、ウォーターサーバーは、とても安全性の高い水を提供しています。「安心出来る、水を選びたい」と考えている方にとって、ウォーターサーバーは、納得の水といえるはずですよ。ウォーターサーバーに興味がある方は、ぜひそれぞれのメーカーで行っている検査などをチェックしてみてくださいね。

ウォーターサーバーのメンテナンス

「ウォーターサーバーを設置すると、いつでも新鮮で安全な水が飲める」と思っている方も多いと思います。ウォーターサーバーを利用する際には、水が空気に触れることなく、保管することが出来ますから、安全性が高いですよね。しかし、中には「でも、メンテナンスをしっかりと行っておかなければ、安全性は保てないのでは?」と思っている方もいると思います。そんな方は、「自分でメンテナンスをするのは、面倒」と思っている方も多いでしょう。

では、ウォーターサーバーのメンテナンスについて、ご紹介しましょう。基本、ウォーターサーバーのメンテナンスは、自分で行うところは少なく、メーカーで行ってくれるところがほとんど。定期的に、しっかりとメンテナンスを行ってくれますから、自分で面倒なメンテナンスを行う必要はありませんよ。メンテナンスは、メーカーによって無料で行っているところもあれば、サーバー費用にメンテナンス費用が含まれているところ、メンテナンス費用として請求されるところなど、様々あります。「お金は、かけたくない」という方であれば、メンテナンス費用がかからないサーバーを選ぶと良いでしょう。しかし、全性を保つためには、空気に触れる部分などは、自分で細目に拭き取るなどのお手入れは必要となります。水が出てくる部分、コップを置く部分などは、常に空気に触れている部分となりますので、アルコール除菌などを行っておくと、より安全性が高く利用することが出来ますよ。それほど、神経質にお手入れを行う必要はありませんが、定期的にお手入れは行った方が良いでしょう。また、コンセントを指している部分などは、ほこりなどが貯まりやすくなりますから、ショートなどを防ぐためにも、掃除機などをかけておくと良いでしょう。このように、ウォーターサーバーのメンテナンスはメーカーによって行ってくれますが、空気に触れる部分などは、自分で軽く拭く程度のお手入れが必要となります。

ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバー
「各地の美味しい水を飲みたいから、ウォーターサーバーを設置したい」と考えている方もいると思います。通常、各地の名水などは入手するのが困難ですから、ウォーターサーバーで楽しめるというのは、魅力的ですよね。では、ウォーターサーバーでは、どういった水を楽しむことが出来るのか、ご紹介しましょう。まず、ウォーターサーバーで利用出来る水には、天然水とRO膜水というものがあります。天然水とは、各地の名水と呼ばれている水。名水を、安全に利用出来る様にボトルに詰められているものとなります。RO膜水とは、どういった水かというと、浄水器などを利用して、様々な雑菌などを除去した安全性の高い水となります。通常、水の中には様々な成分が含まれており、不純物などを取り除くことで、より安全性の高い水を取り入れることが出来ます。メーカーによって、こういった水の中に、ミネラル分を加えた水を扱っているところもありますから、健康志向の方などは、こういったミネラルがたっぷりと含まれた水を選ぶと良いかもしれませんね。小さなお子さんがいるご家庭や高齢者がいるご家庭では、「安全性を重視したい」と考えている方が多いでしょうから、RO膜水などは魅力的ではないでしょうか。また、メーカーによってはハワイの自然の恵みを含んだ水を扱っているところもあり、自宅にいながら、海外の美味しい水を飲むことが出来るものもあります。こういった様々な水を選ぶことが出来るというのは、ウォーターサーバーの最大の魅力かもしれませんね。

このように、ウォーターサーバーを設置する際には、様々な水の中から設置する水を選ぶことが出来ます。メーカーによっては、いくつもの水を扱っており、それぞれの好みで選ぶことも出来ますから、それぞれの水を比べながら楽しむことも出来ます。ウォーターサーバーを設置する際には、各メーカーで扱っている水をチェックして、好みの水を見つけてみてくださいね。

ウォーターサーバーの電気代

「ウォーターサーバーを設定したい」と考え、様々なメーカーのサーバーなどをチェックしている方も多いと思います。ウォーターサーバーを設置すれば、いつでも冷たいお水や、熱湯などを使用することが出来ますから、とても使いやすいですよね。しかし、こういった便利に活用するためには、サーバーを常に電源を入れて置く必要があります。そのため、「ウォーターサーバーを使用したら、電気代がかかりそう」と心配になっている方も多いと思います。

では、実際にはウォーターサーバーを設置することで、どのくらいの電気代がかかるのか、ご紹介しましょう。まず、ウォーターサーバーを設置する際には、工事などは必要なく、置きたいスペースにウォーターサーバーを置き、電源にさすことが必要となります。サーバーは、各メーカーによってデザインも異なれば、必要な電気量なども異なってきますが、1ヶ月の電気代としては400円から850円程度が目安となるでしょう。サーバーの大きさや、使用頻度によっても、電気代は異なってきますから一概には言えませんが、それほど高い電気代がかかることはないでしょう。熱湯を使用する際には、通常は電気ポットを使ったり、ガス代などで沸かすことになりますから、これらの費用を考えれば、それほど高いものではないですよね。また、最近では節電が出来るサーバーなども出てきており、節電を行いながらサーバー利用が出来るものもあります。「電気代が気になる」という方は、こういった節電モードが利用出来るサーバーを選ぶと良いのではないでしょうか。節電モードがあれば、月の電気代は更に安く利用することが出来るでしょう。このように、ウォーターサーバーを設置した際には、今までと比べるとある程度の費用はかかりますが、それほど高い電気代がかかる心配はありません。お茶を入れる際などに、電気ポットを利用している方であれば、電気ポットが必要なくなりますから、逆に電気代が安くなるかもしれませんよ。