ウォーターサーバー徹底比較|一目であなたへのおすすめがスッキリわかる

ウォーターサーバーを扱っている会社は沢山あります。ショッピングモールなどで試飲や契約が出来る場合もあります。しかし全ての会社の水を飲み比べて、ウォーターサーバーを購入することはできません。したがってウォーターサーバーを選ぶ時には、契約の形態や金額、そして水の成分などで選ぶようになります。水を供給するための機械であるウォーターサーバーは殆どの場合レンタルです。したがって月々レンタル料金がかかります。またサーバーのレンタル代とは別に、月々の水の代金もあります。ウォーターサーバーの契約をする時には、レンタル代と水代など月々にどの程度お金が掛かるか比較検討して選びましょう。

すぐにでもウォーターサーバー徹底比較を知りたい方は 体に良いウォーターサーバーを選ぼう をご覧ください。

また水の成分も、契約を考える時には大事です。水には軟水や硬水の違いや、ミネラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、そしてナチュラルウォーターなどの違いがあります。このサイトではまずウォーターサーバーについての基礎知識として、知っておきたいメリットやデメリットなどについて、そして水についての知識を紹介します。必要な知識を見につけ、美味しい水を便利に購入しましょう。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーの購入を考える際には、ウォーターサーバーのメリットとデメリットをあらかじめ知っておくことが大切です。メリットとデメリットを知っておけば、自分にあったウォーターサーバーの会社を選ぶ時にも役に立ちます。まずウォーターサーバーのメリットです。温度が管理されたきれいな水を手軽に利用できるということが一点。そして次にペットボトルで水を購入する時のように、何本ものボトルを買う必要なないということです。ペットボトルの場合には2.5リットルのボトルがキッチンを侵略してしまうといった状態になりがちです。

その点、ウォーターサーバーの場合には箱に入った10リットル入りの水が配達で届きますので、水をこまめに補充したり、重い水をキッチンにいちいち運んだりといった作業をしなくてもよくなります。またペットボトルの場合にでる空のボトルの量が劇的に減ります。買い物の際、またゴミ出しの負担が減るというメリットがあります。
次にウォーターサーバーのデメリットです。ウォーターサーバーのデメリットとしては、月々に掛かる経費です。ペットボトルは購入しなければ、経費は掛かりません。しかしウォーターサーバーはサーバーのレンタル代とサーバーの電気代、そして配達される水代が掛かります。これは契約する時に、よく確認する必要性があります。またデメリットの一つとしてウォーターサーバーの設置場所があります。ウォーターサーバーは多くの場合30センチ四方で電源が取れる場所である必要があります。場所の確保が難しい場合もありますので、機械の大きさなど契約するまえに確認しておきましょう。

ウォーターサーバーのお値段

自宅にウォーターサーバーを設置する場合に心配なのがコスト面です。キレイな水がいつでも飲めるという利点はありますが、経費が掛かるのは確かです。ウォーターサーバーにかかる経費は、サーバーのレンタル代、そして水代、そして電気代です。会社によってはメンテナンス代が発生する場合もあります。まずレンタル代ですが、会社によって値段は異なります。多くの場合には、月500円から1000円程度と考えてよいでしょう。また会社によってはサーバーのレンタル料金が掛からない場合もあります。

次に水代です。水代は、月にどの程度の水を自宅で消費するかによって異なります。ウォーターサーバーに使われるボトルは10リットルから13リットル程度が1つに入っています。水により1つのボトルの料金は異なります。安い水ですと1000円から購入することができます。また定期的に購入する契約をすると料金が変わる場合などがありますので、よく確認しましょう。月の水の消費量の目安となるのは、大人一人、一日1.5リットルです。しかし夏場や、自宅にいる頻度などにより消費量は異なります。ウォーターサーバーを利用する際には電気を使います。この電気代は機械によって異なりますが、月に約1000円程度は掛かるとみてよいでしょう。最後に会社によっては水の配送料、そしてメンテナンスの代金が掛かることがあります。水の配送料は300円程度から発生しますが、会社によって異なります。定期的な購入の契約をすることで配送料が掛からない場合もあります。

ウォーターサーバーのお手入れ

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、ペットボトルと違い蛇口から水を出す感覚でキレイな水を使えることで人気があります。ウォーターサーバーの機械は、約30センチ四方で高さは約130センチです。この機械を通して、水が供給されます。ウォーターサーバーを自宅で使い続けるためには、メンテナンスが大変なのでは、と不安に思う人もいます。水は直接口に入るものですので、いつも衛生的に使いたいものです。

ウォーターサーバーは、ペットボトルなどで水を飲むよりも衛生的であると考えられています。水の中に雑菌が発生してしまう理由は、空気です。空気の中には雑菌が含まれており、水の中に空気が入ってしまうと雑菌が入り込んでしまうのです。それを防ぐためにも水道水などは塩素によって消毒されています。しかし天然水には、塩素が入っていません。したがってペットボトルの水も一度封を切ってしまうと、すぐに飲む必要があります。これはウォーターサーバーの水も同じです。しかしウォーターサーバーの場合に空気ができるだけ入り込まないように作られています。したがって雑菌の繁殖は抑えられていると考えることができます。利用者が機械のお手入れを自らすることはありません。

ウォーターサーバーのお手入れは業者によって行われます。会社によって方法は異なります。業者が自宅を訪問して機械を解体して清掃する場合、そして機械そのものを交換する場合があります。このようにウォーターサーバーの手入れは非常に簡単で、安心して使い続けることができます。お手入れの詳細などは会社によって異なりますので契約時に確認をしてください。

一日どのくらいの水が必要?

ウォーターサーバーの水は大きなボトルに入れられて販売しています。そのボトルは契約した会社が自宅まで配送してくれます。配送の頻度などは契約時に決めます。会社によっては、定期的に配送の契約をすると値引きになる場合もあります。ではウォーターサーバーバーの水は月に何リットル購入すればよいのかウォーターサーバーの契約をする時に悩む方は多いでしょう。水の消費量はその家庭によって異なります。あまりにも多くの水を注文してしまえば余分が出てしまいますし、反対に水が少なければせっかくのウォーターサーバーが便利に使えません。適当な量の水を把握することは大切です。

大人一人が一日に必要な飲料水は1リットルから1.5リットルとされています。この計算ですと夫婦と子供一人の家庭であれば、一日3リットル程度の計算で月の水の配達量を決めることができます。しかし家族はずっと家にだけいる訳ではありません。外で働いている人の場合には昼間は殆ど家で過ごさない場合もあるでしょう。したがって三人家族の場合には25リットル程度から水の配達を頼むとよいでしょう。もし足りない場合には追加の注文もできるか契約の時に確認しましょう。4人から5人の家族の場合には、月50リットル、そして6人から7人の場合には75リットルを目安に計算をしてみましょう。この分量で試してみてから、必要な分を足したり引いたりしながら自分にあった分量を決めましょう。ボトルの容量は各社10リットルから13リットル程度です。ボトルを置く場所もあらかじめ確保しておくとよいでしょう。

体に良いウォーターサーバーを選ぼう

  1. クリクラ

    サーバーレンタル料が無料!宅配料も無料でお届け
    飲んでおいしい 適度なミネラルバランスで、口あたりがいいのが特長です。クリクラは苦味がなく、さわやかな飲み口が評判です。 軟水はまろやかなので、うまみ成分が溶け出しやすく、香りや味が引き立ちます。ご飯を炊くときも、軟水を使うとお米に水分がしっかりと吸収され、ふっくらと仕上がります。ミネラル成分のほどよい量が、素材そのものを生かして、うまみを上手に引き出してくれます。

    クリクラの詳細

  2. コスモウォーター

    スタイリッシュでインテリアにも最適
    選べる4種の天然水を、採水地よりお客様のご自宅に宅配いたします。コスモウォーター安心本舗の天然水は、4種類いずれもまろやかで飲みやすく、日本人に好まれる軟水。軟水の用途は広く、炊飯をはじめ和食全般にぴったり。お茶やコーヒー、赤ちゃんのミルクづくりなどにも適しています。

    コスモウォーターの詳細

  3. フレシャス

    富士天然水の美味しいウォーターサーバー
    数百年という歳月をかけ富士山がじっくりと澄ました「フレシャス」は、大自然がつくる貴重な天然水(ナチュラルミネラルウォーター)。 ほのかにあまく感じる後味は、富士山のやさしさです。限界まで追求した採水環境と、徹底した品質管理によって、自然の恵みをそのままに利便性とともにお届けします。

    フレシャスの詳細


水は私たちの身体の基本となるものです。だからこそ、きれいで安全な水を飲むことはとても大切です。ウォーターサーバーの購入を考えている人の多くは健康について高い意識を持っています。では、身体に良い水とは何なのでしょうか。ウォーターサーバーを選ぶ時にとても大切になるのが、どの水を選ぶかということです。ウォーターサーバーの水の種類は大きく4つに分けることができます。まずナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、そしてこれらの3つに当てはまらない飲用水です。まずナチュラルウォーターと、ナチュラルミネラルウォーターは、天然水と呼ばれることがあります。これらは天然の水源から取られた水を加工処理していない状態のものです。特にナチュラルミネラルウォーターは、天然水の中でもミネラルを豊富に含んでいるものです。そして次に、ミネラルウォーターです。ミネラルウォーターは天然水に加工を加えたものを言います。そしてこれら3つのタイプ以外にも、飲用水と言った名前で売られている加工処理されている水があります。

また水に含まれている成分は、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルです。これらのミネラルは水によって量や質が異なります。会社によって水分表がありますので確認しましょう。これらのミネラル分が豊富な水が体に良いとされています。天然水がよいか、加工水が良いかは値段やミネラルの成分を比較検討して、自分にあったウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーの選び方

健康を第一に考える多くの人たちにウォーターサーバーは支持されています。そろそろウォーターサーバーの導入を考えようと考えている人も多いでしょう。しかしウォーターサーバーには色々な種類があります。このページでは、ウォーターサーバーを選ぶ際に知っておきたい基本的なことを紹介します。

まず知っておきたいのは、ウォーターサーバーの仕組みです。ウォーターサーバーとは、水を供給する機械のことです。10リットル程度の水のボトルを指し込んで使います。ウォーターサーバー本体は、30センチ四方程度の大きさです。床に直接置きます。高さは130センチ程度あります。機械の真ん中には、水を出すレバーが付いています。レバーの下にはカップーホールダーがついているのが一般的です。ウォーターサーバーの種類によってはお湯の出るレバーもついています。ウォーターサーバーを導入する際には、家のどこにウォーターサーバーを置くかを決め、どの程度の大きさまでなら置けるかをチェックしましょう。

次にウォーターサーバーの水についてです。ウォーターサーバーを提供している会社は様々あり水の種類も多種多様です。水源から直接とった天然水や、ミネラルウォーター、そしてRO水などがあります。自分の口に合う水を試飲して試すのもよいでしょう。そしてウォーターサーバーを選ぶ時に大切なのは、その値段です。ウォーターサーバーは多くの場合レンタルで借りることになります。月々のレンタル代と水の購入代金がウォーターサーバーにかかる料金です。

粉ミルクの水はウォーターサーバーでいいの?

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーの購入する家庭の多くは、子供がいる家庭です。子供にはキレイで安全な水を飲んでほしいと考える人が多いからです。小さな子供、特に乳幼児がいる家庭ではウォーターサーバーは、キレイな水がいつでも飲めるということ以外にも沢山の利点があります。まず乳幼児のミルク作りにウォーターサーバーの水が使えるということです。ミルクを作る際には、軟水の水を購入します。硬水を使うとお腹の弱い人や、乳幼児にはミネラルの成分が多すぎてお腹を壊してしまうことがあるからです。

ミルクを作る時には温度調節が大切です。熱湯のお湯で粉ミルクを溶かしてから、適切な温度まで下げる必要があります。ミルクを作る両親にとって毎回、熱湯を沸かして温度調節をするのは時間が掛かります。ウォーターサーバーを使えばいつでもバーから熱湯を出すことができます。そして水のバーを使えば温度調節も簡単です。またペットボトルのように自分で買い置きをしなくても、定期的に水を宅配してくれるので子育てに忙しい家庭には便利です。このようにウォーターサーバーは日常生活をちょっとだけスムースに運んでくれます。また定期的に水が補充されるウォーターサーバーは、災害時の備えにもなります。子供がいる家庭でお水が足りなくなるのは本当に怖いことです。ウォーターサーバーを使う場合にはスケジュールに沿って水が配送されてきますので、水の補充を切らすこともありませんので安心です。このようにウォーターサーバーは粉ミルクを始め、子育ての強い味方になってくれます。

天然水のウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水は様々な種類があります。大きく分けて天然水と加工されている水に分かれます。天然水は、特定の場所から採水された水のこと指します。ナチュラルウォーターや、ナチュラルミネラルウォーターと言われることもあります。天然水は採水された場所によって、成分や味が大きく異なります。採水される場所の自然環境などが大きく影響するからです。ウォーターサーバーを選ぶ場合には、試飲ができる時は試飲をしてみてから契約するといいでしょう。同じ天然水でも好みに合わない天然水がありますので、自分の舌で確かめてから購入するようにしましょう。

天然水を販売しているウォーターサーバーの会社は様々あります。まずフレシャスです。フレシャスは山梨県に本社を置く会社です。フレシャスの提供する水は、天然水でナチュラルミネラルウォーターを呼ばれるものです。富士山の標高1000メートルの地点からくみ取られる地下水で軟水です。このお水はバナジウムというミネラル成分と亜鉛が多く含まれています。次に、クリティアも天然水を扱っている会社です。クリティアの水も富士山から採れる天然水です。富士山麓の地下深くからくみ上げられている水で、60年もの年月をかけて地下に浸透した水です。超軟水と呼ばれる水で、赤ちゃんや妊婦の方も安心して飲むことができます。そしてBLUEウォーターも天然水を扱っている会社です。製紙会社が経営をしていて、4種類の天然水から選ぶことができます。富士山の水、京都福知山の水、島根県の水、大分県の水の4種類があり、好みの水を選ぶことができます。

RO水のウォーターサーバー

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーの購入を検討する際に一番気を使うことは、その水がどのような水であるか、ということでしょう。水には様々な種類があり、なかなか理解するのが難しいものです。ここでは水の中でもRO水と呼ばれる物を紹介します。

水には大きく分けて2種類あります。それは天然水とRO水です。天然水は、ある地域から採水された水を加工や処理せずにボトルに詰めた水のことです。天然水の中でも特にミネラルが多い水をナチュラルミネラルウォーターを呼ぶこともあります。富士山の地下水などはミネラルが特に豊富でナチュラルミネラルウォーターと呼びます。RO水とは、水をろ過したものを言います。

RO水のROとは逆浸透のことを言います。逆浸透とは海水を真水に浄化したり、排水を真水に浄化したりする技術のことをいいます。これはアメリカ海軍やNASAによって開発され、研究されてきました。逆浸透の技術を使うことで、水の中から塩分や細菌、化学物質を取りだすことができます。RO水には不純物が含まれないことから、赤ちゃんに与えるのに最適な水だと考えられています。粉ミルクを作る時に使うことができます。RO水は分子が細かく粉ミルクが溶けやすいという特徴もあります。そして不純物が無い故に、腐りにくい性質を持ちますので長期の保存が可能になることもRO水のメリットです。また水の味を左右するミネラル分が含まれていないのでコーヒーや紅茶などを飲む時にはお茶本来の味を味わうことができます。アクアクララ社などの多くの企業でウォーターサーバーのRO水を購入することができます。

軟水と硬水の違い

水には軟水と硬水と呼ばれる違いがあります。よく聞く言葉ですが、その違いは何なのでしょうか。軟水か硬水かは、水の中に含まれるミネラルの量にしたがって決められます。私たちがいつも利用している日本の水道水は軟水の分類に入ります。軟水の特徴としては口当たりが優しく、さらさらとしているという特徴があります。これは水の中に含まれるミネラルの量が比較的低いことから生まれる特徴です。反対にミネラル分が高い硬水はぬるっとした口当たりと言われます。

では水の中に含まれるミネラルとは何でしょうか。水の中に含まれるミネラルの代表はカルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムです。カルシウムは、骨を作る成分として代表されるものです。水の中にも少量が含まれています。カルシウムには筋肉の収縮を助ける役割があります。そしてマグネシウムはカルシウム同様に筋肉の収縮を助けたり、動脈硬化を防いだりする役割を持っています。軟水と硬水はこのカルシウムとナトリウムの水の中にある量から決められていいます。軟水は、ミネラル分が低く胃腸への負担が少ないことから赤ちゃんの粉ミルクをつくるのに最適な水です。もし粉ミルクを作るためにウォーターサーバーの導入を検討している際には軟水のウォーターサーバーを選びましょう。また水自体の味が軽いのでお茶やコーヒーを飲む時にも適しています。反対に硬水はミネラルが豊富ですので、ダイエット時などに良く飲まれます。身体に効率よく豊富なミネラルを取り込むことができるからです。