口コミ比較でわかった白髪染めおすすめランキング

白髪染めと一言で言っても本当に多種多様です。そのタイプについては液・乳液やクリーム、そして泡や粉、さらにヘアマニキュアなどの状態のものがあります。液・乳液タイプは全体的に白髪がある人におすすめです。またのばしやすいところが特徴です。クリームタイプは白髪が気になる部分を部分的に染めたい人におすすめです。なお全体を染めることもできますし、全体染めに適した白髪染めと併用することもできます。そして泡タイプはフォームタイプとも呼ばれるもので、スタイリング剤感覚で塗ることができる、塗りやすいものです。粉タイプは白髪が気になる部分を部分的に染めることもできますし、全体を染めることもできます。また水に溶くだけで使えるところが特徴です。これはアンモニア配合されていませんから、その独特の匂いがありません。

すぐにでも白髪染めおすすめ商品を知りたい方は 失敗しない白髪染めの選び方について をご覧ください。

さらにヘアマニキュアタイプがあり、これは髪の毛の表面だけを染めるものです。その大きなメリットは刺激がほとんどなく、皮膚のアレルギーを調べるためのテストをする必要がないところです。それぞれのタイプの特徴を理解して、自分に合うものを選びましょう。またその色も若い人の中に好む人が多い明るい色から、落ち着いた色まで、本当にバリエーションも豊富ですから、気に入るものがきっとあるでしょう。なお黒髪用のヘアカラーと白髪染めは異なるものです。黒髪用のヘアカラーではその色の作り方により、白髪をきれいに染めることはできません。

高性能の白髪染めを使って美髪を保とう

白髪染め
「白髪染め」というと、年配の方が全体にある白髪を黒く、または茶色に染めるためのもの、と考えている方もいるかもしれません。また一昔前は、使った後は髪がパサパサになり、余計に髪のダメージが目立って白髪も増えてしまうとも言われていました。それにより、今も自分で白髪を染めるのは何となく嫌だなぁと思っている方も多いかもしれません。しかし、今は植物由来の、髪や地肌にとてもやさしい素材で出来た製品もたくさん登場しています。アトピーやアレルギーのある方、肌が弱い方、髪がすぐにパサパサ、ゴワゴワになってしまう方でも、安心して使うことができます。また、良い香りがするものも多いので、カラーリング特有の嫌な臭いが苦手、という方でも大丈夫です。また、染める方法も、今は色々なものがあります。

例えば、普通のシャンプーのようにして使い、時間をかけてじわじわと染めていくものもあります。これなら、急に白髪がなくなって、違和感を覚えることもありませんし、誰かに知られてしまうこともありません。自分で白髪を染めている、という意識もあまりないので、手軽に染めることができます。また、美髪成分が豊富に含まれている製品も多いので、白髪染めをしながら髪のトリートメントをする、という一石二鳥の役割を果たしているものもあります。これなら、白髪が少し気になってきたけれど、白髪染めをするほどでもないかなぁと思っている方も、抵抗なく使うことができます。

白髪染めの手法

白髪染にはいくつかの手法があります。美容院で染める方法がひとつの方法です。美容院では白髪染をする時に併用しておしゃれ用のヘアカラーを使っているところもあります。そうすると二度染めることになり自然な仕上がりを見込めますが、どうしても髪にダメージがあります。髪にダメージが入るのが嫌だという人の場合は美容師に相談して自分にあった方法で白髪染をすることができます。あるいは気軽に出来る方法としては自分で白髪染めをするという方法もあります。そもそも白髪染は数週間で根元から白い毛が生えてきてしまうのである程度頻度を高くして染め直しする必要があります。

白髪は目立つので、ほうっておくとあまり良いことはありません。しかし、こまめに美容院に通うのは負担だという人も多いです。そのような場合にはこまめに自分でリタッチをするという方法が良いでしょう。美容院で一度きちんと染めてもらい、あとは根元に白い毛が目立ってきたらリタッチをする。この方法で多くの場合は白髪を目立たなくすることが可能です。しかも、最初に美容院で染めているためかなり自然な仕上がりとなる場合が多いです。もちろん数ヶ月に一度はまた美容院で染め直してもらったり、リタッチのうまいやり方などを相談してみるのが良いでしょう。そのように美容院とセルフをうまく使い分けることが白髪染めを賢くリーズナブルに行う方法なのです。この手法でしたらお財布にも優しいですね。

白髪染めの種類もいろいろ

白髪染め
みなさんは、白髪染めというとどのようなタイプのものを思い浮かべますか。ヘアカラーやヘアマニキュアなどを思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、これだけではありません、もっと多くの種類があるのです。ヘアカラーは永久染毛といって、しっかり染めたい時におすすめですが、髪を傷めてしまうことがあるのが玉にきずでしょう。ある程度染めたいけれど、髪を傷めたくないという方には、ヘアマニキュアやトリートメント、シャンプーなどがおすすめです。髪の根元が染めにくかったり落ちやすいというデメリットがありますが、髪を保護しながら染めることができるため髪に気を使っている方にピッタリなのではないでしょうか。

他にも、ヘナなどがあります。ヘナは時間はかかりますが、回を重ねるたびにゆっくりと自分好みに染めることができるのが良いところです。部分的に染めたいのであれば、マスカラなども有効でしょう。しっかり白髪染めをしなくてもいいからその日だけ染めたいという場合は、スプレーやファンデーションなどもあります。パウダーなどで白髪をわからなくさせる効果があり、手早く染めたい時におすすめです。ヘアカラーの中にも、最近は髪をいたわりながら染めることができるものも登場していますから、それぞれの特徴をよく知ってから利用するようにしてください。それぞれのタイプの白髪染めにはメリットとデメリットがありますから、それぞれの特徴をよく比較して自分に合ったものを選びましょう。

自分の髪質を把握する事が綺麗な白髪染めの第一歩です

自分の髪質がどんなものか知っていますか。当たり前の事ですが、同じ白髪染めの商品を使っても髪質が違うと出来上がりも変わってきます。ヘアサロンで髪の毛を染めてもらうとお金がかかるから自宅でケアしている人でも、一度はヘアサロンでプロに自分の髪質がどんな具合かを聞いてみるといいでしょう。まず白髪染めに限らず毛染めでは、柔らかくて細く色素が明るい髪の毛が染まりやすく、その正反対の髪質が染まりにくいと言われています。その他に白髪染めの特徴として、使用する色によっても違いが出てくるのをご存知でしょうか。具体的にいうと、黄色味の強い染料は柔らかい髪質に馴染みやすく、赤味の強い染料は硬い髪質のほうがいいと言われています。

今まで染まりが悪かったり、思うような色がでないと感じていた染料も本をただせば自分の髪質に合っていなかっただけという事もあるかもしれません。また部屋の温度が与える影響もあります。ほとんどのメーカーでは室温が20度から30度程度の部屋で、標準的な髪質の人が商品を使った場合を想定して取り扱い方法を作成しており、硬い髪質の人は書かれている時間よりも少し長めに放置し、適切な温度の部屋で作業をするのがいいそうです。それ以外にも自分でケアしている場合、髪の毛の生え際や白髪が特に多い部分など染まりにくい場所もあるでしょう。そんな時は染料を多めにする方法のほかに、先に染める事で放置時間が長くなるように調節する方法もあります。

失敗しない白髪染めの選び方について

  1. ルプルプ

    簡単なのに、しっかり染まるダメージ0の白髪染め
    頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを使用。これらの成分が、ダメージを与えず美しく染め上げます。また、お肌の弱い方も満足してお使いいただけます。天然由来成分を使ったルプルプ。だからとっても低刺激!パサパサゴワゴワせずに髪をキレイに染められるんです。

    ルプルプの詳細

  2. グローイングショット カラートリートメント

    お風呂で使える1品2役のカラートリートメント新登場
    髪のダメージを補修しながら染色する1品2役のカラートリートメント。いつものコンディショナーと置き換えて使うことで、ダメージを補修しながら自然な色味をプラスし、白髪が目立たないように。大きさの異なる2つのピグメントを配合。浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み鮮やかに発色。吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。1回で色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出します。

    グローイングショット カラートリートメントの詳細


白髪染めはセルフケアだと人も多いと思います。根元がすぐ白っぽくなってきてしまうため、その都度美容院に行って染めてもらうのはお金も時間もかかってしまいますよね。ドラッグストアなどに行くと、たくさんの種類の白髪染めが売られていますし、テレビのCMや、インターネット、雑誌の広告などに載っている通販のものもあります。どうやって選べば良いのでしょう。まずは、自分で染めるのですから使いやすいものが良いでしょう。洗面所の壁や床などが汚れないように古新聞を敷いたりという手間をかけるのは面倒です。そんな時は、シャンプータイプがお勧めです。すぐには染まりませんが、シャンプーするたびに徐々に染まっていきます。毎日お風呂で使えるのは利点です。次に、コストパフォーマンスの高いものなら、通販で買えるものが良いかも知れません。通販でしか買えない商品は、高品質のものをコストを抑えて発売されていることも多いです。

口コミサイトを覗いてみたり、送料無料の商品を探してみたりするのも良いですね。せっかく染めるんだから色持ちのいいものをお探しなら、トリートメントタイプがいいでしょう。美容院で染めるのに比べると、セルフ染めは色落ちが早いのは否めませんが、トリートメントタイプなら、1週間~10日おきにお風呂で手軽に染めることができ、しかも髪を傷めることもありません。白髪があるのは恥ずかしいことでは決してありませんが、少しでも若々しくいたい女性にとっては悩みの種になってしまいます。白髪染めを上手に利用して、人生を楽しみたいですね。

白髪染めにこだわろう

白髪はきれいに染めることで、気にならなくなりますし、抜くよりも染めてしまった方が、髪のボリュームを守ることにもつながります。全体的に白髪がある場合は、全体をきれいに染めることで、問題を解決できますし、部分部分で気になる箇所があるという方もおられるので、そういったときは、部分的に白髪染めをしていくことで、頭皮や髪の負担を軽減させることができます。こまかく白髪を染めることにこだわっていきたいという方は、美容院で、美容師さんにお願いをして、部分的に染めてもらったり、髪にあまり負担をかけない方法を提案してもらうこともおすすめです。プロの美容師さんに相談をしてみることで、一人一人に合った適切な方法を提案して、実行してもらうことができ、安心感を持つことができます。

美容師さんの腕を信じることもおすすめですし、市販の白髪染めの商品の実力を期待する方法にも注目してみることをおすすめします。市販の商品をチェックしてみると、新商品もたくさん登場しており、低刺激で白髪を染めることができる商品があったり、香りもあまり気にならないので、使いやすく、使用方法も簡単な商品もあります。一人でも白髪を染めることができる便利な商品もたくさんあるので、ぜひ試してみてください。普段何気なく、白髪染めをしている方も多いと思いますが、改めて白髪を染めていくことにこだわることで、低刺激で負担を少なく抑えた方法を見つけることができるようになったり、きれいに白髪を染めることができる新商品を見つけたりすることもできるようになります。

白髪染めの特徴を理解しよう

白髪染め
年齢とともに増えていく白髪をきれいに染めたい人も多いでしょう。自分の頭皮や髪の質によって、相性のいい白髪染めがありますので、それぞれの特徴を把握しておき、使いやすいものを選ぶと安心です。たとえば、もっともメジャーなヘアカラーは、複数の種類の薬剤を使って染めるタイプです。クリームや泡タイプなど、自分の使いやすいタイプを選べるので、手軽に染められます。少々においが独特なのと、人によっては頭皮や髪への負担がある場合もあるので、相性のいいものをクチコミサイトで調べて選ぶと安心です。ヘアマニキュアというタイプもあり、通常よりもつやのある神に仕上げたい方にオススメできます。多少染めるときにカラーの発色が弱くなるので確認することも大切です。

天然の樹木の葉を乾燥させて作ったヘナは、頭皮や髪に一番負担が少ないのが特徴といえます。染めるときに時間をかけてゆっくり染まっていくのと、通常の染めるものと違い独自のやり方があるので、じっくり染めたい方向きです。シャンプーで染めるタイプもあります。毎日シャンプーやコンディショナーで染めることによって、自然な形で染められるのです。また、毎日洗髪することによって染められます。シャンプーの種類によってはカラーバリエーションが少ないので、自分で希望するカラーがある方にオススメです。スティックタイプもあります。全体的な染め方には向いていませんが、一部だけ白い場合には手軽です。

白髪染めと髪質による選び方

白髪を美しく変化させる白髪染めは、自分の髪がどんなタイプなのか、またどんなカラーに染めたいのかを考えることで選びましょう。たとえば、比較的太くて黒目の髪が多数ある方の場合には、黒いタイプの染料のほうがきれいに仕上がります。また、カラーリングをする場合には、比較的暗めの色のほうが美しいのです。とはいえども、どうしても明るいカラーリングにしたい場合には、自分たちで希望しているカラーよりもワントーン明るめのものを選ぶと、成功します。また、比較的細い髪の方はカラーリングが成功しやすいので、カラーをきれいに入れたい方にむいています。明るい色のほうがきれいに仕上がるのですが、どうしても暗めのものを入れたい場合には、希望しているカラーよりもワントーン暗めの色を選んで使うことで、きれいに仕上がるでしょう。

とはいえども、頭皮や顔などが敏感肌の人の場合には、天然成分が豊富なカラーリングをしておくことをお勧めいたします。天然成分100パーセントのものもありますし、シャンプーなどによって比較的穏やかに作用して、きれいに染まりやすいものを選ぶと、頭皮へのダメージが軽減します。時々サンプルなどを使って試してみると、仕上がり具合がどうなるのかわかりやすいでしょう。毎日快適に過ごしたいからこそ、きれいに仕上がるタイプのものを選びたいものです。最良の結果をもたらせるように、サンプルやクチコミを比較して一番きれいなカラーを選びましょう。

白髪染めを行う頻度

白髪染め
いったいどれくらいの頻度で白髪染めをしたらいいのか、気になる方も多いでしょう。実際に染めるときには数週間後とに染める人なども多いのですが、髪や頭皮に負担をかけず、きれいに染め上げたいものです。基本的には染める頻度として2ヶ月ごとくらいが平均的になります。もちろんそれは人間の髪の毛が生えてくる頻度によって異なるのですが、平均的に1ヶ月に2cm程度髪が伸びるので、その部分が目立ってくる2ヵ月後程度であれば、簡単に染め直すことができます。部分的にちょっとだけ染まりきれなかった場合には、部分染を使って頭皮や髪全体に負担をかけず、少々の部分だけを染めることも可能となっていますので、参考にしておきましょう。

部分染めの場合に気をつけておきたいところとして、自分が普段使っているものと同じカラーが存在しているかどうかになります。そのため、自分たちで染めておくときにある程度部分染めを購入するときのカラーと比較して、同系統になるように購入しておくと後悔が少ないです。なお、それらのことをあまり気にしなくていい白髪染めとして、ヘアトリートメントやシャンプーがあります。これらの場合には、あまり染める頻度を気にせずに使用できるので、自分たちで白髪が目立ってきたときに使うと効果的です。早い人ならば数週間ですぐに染めることができるので、使い勝手がいいといえます。毎日の洗髪のときにプラスワンで染められるので、とてもお得です。

白髪染めの男女差は

初めて白髪染めをするときに、どうしても不安を感じることが多いものです。だからこそ、疑問を感じたことに対しても適切に調べて、実際にどうなのか把握しておくことで、どんなものを選んだらいいのかわかり、快適に使って過ごせるでしょう。たとえば、どうして男女に分かれて白髪を染めるアイテムがあるのか、疑問に思う方も多いのです。実はとても重要なことなのですが、基本的に染髪に関する内容はそれほど違いはありません。男女での染めるときに必要な成分に対しては、人間である以上それほど大きな違いはないのです。とは言えども、男女それぞれ別のアイテムとして販売されているのは、それぞれに違った香料を使用されていること、女性向けのアイテムには髪を保護する成分が比較的豊富に含まれていることなどがあげられています。

実際にさまざまなカラーリングのバリエーションが豊富なのは、比較的女性のほうが多いのは、ドラッグストアなどで販売されているものを見るとわかる方も多いでしょう。また、女性のカラーリングに関しては非常に豊富なものとなっていますが、男性はビジネスシーンに清潔感を感じられるものを中心としたラインナップとなっているので、ある程度落ち着いたカラーリングが多いのです。そのため、自分たちだけできれいに染めたい場合には、選ぶときに男性用、女性用のくくりではなく、自分たちで染めやすいカラーのものを中心に、お店で選ぶことをオススメいたします。