必見!徹底比較してわかった本当におすすめの白髪染め

白髪染めにもいろいろな種類があります。値段が安いもの、トリートメントとしても効果があるもの、定着のしやすさがウリのもの、色落ちがほかより遅いもの、どれも魅力的です。実際、そういったことに対してのレビューも多く見られますが、参考にする前に考えて欲しいことがあります。それは、あなたの髪の毛は本当にそれを求めているのかということです。髪の毛の質は人それぞれ違います。良い効果と評判の白髪染めを使っても、思うようにいかないということもあります。自分の髪の毛についてきちんと把握した上で、どういったものが良いのか探しましょう。

すぐにでもおすすめの白髪染めを知りたい方は 理想に合わせた白髪染めの選び方 をご覧ください。

髪質によっては、染まりにくいという方もいます。また、その程度の量の白髪を染めるのかによっても求めることは変わってきます。この二つを踏まえると、どの程度白髪染めは自分の髪の毛を染めてくれるのかということと、染め終えるまでにはいくらかかるのかという値段の問題とが、主なポイントになるのではないでしょうか。トリートメントタイプなどは、表面に定着させるタイプなので、塗る面積によって、塗ったあとの髪の明るさが変わってきます。白髪の量が多いと染めたあとの髪の毛の色も明るめになるのです。暗い色にしたい場合は、そもそも濃い色を選ぶか、重ねる必要がありますね。1回で染まりにくいという人も、何回か行う必要があり、コストの面に関わってきます。希望の色に染めるということが前提ですから、低コストできちんと染まるものをピックアップし、その中で更に、美容効果や使いやすさ、落ちにくさなどを比べ、適したものを選ぶとよいでしょう。

白髪染めの男女向けの商品の違い

おすすめの白髪染め
少しでも綺麗に白髪を染め上げたいと思っているのに、自分の思う様な色合いに染められなくて困ったという経験は無いでしょうか。そんな悩みを抱えている方の中には、自分には合わないけれど仕方が無いので、この色合いで我慢をしているという人も珍しくありません。しかし妥協をした髪の色合いを他人に見せ続けるというのは、見た目を気にする人であればストレスにしかならないものです。そんな我慢をするぐらいであれば、一度は異性用の白髪染めの色合いをチェックしてみてください。

男性用と女性用の製品が世の中にはあるものですけれど、実はその二つで成分は殆ど変わらないという事が多いです。その仕上がりで一体何が違うのかと言うと、男性用と女性用では僅かに色合いが変わる様に調整している製品が多いと言われています。もし自分の髪の毛に色合いが少しばかり合わないと思った際には、同じ製品の異性用を購入して利用してみてください。それだけの事で自分の髪の毛に合った色合いを見付ける事が出来るかもしれません。本当に異性向けの商品で自分の髪の毛に合うか不安だという人は、メーカーに一度問い合わせをしてみる事をおすすめします。もしくは商品の裏に書かれている成分一覧をチェックするだけでも、男女によって成分が大差無い事が分かるでしょう。既に使っている製品の異性用を使えば、白髪を染めた後の髪の毛の手触りの違いが、まったく感じられないという事も分かるはずです。

いろんなタイプの白髪染め

白髪染めといっても、いろいろな種類があることをご存知でしょうか。染めるカラーが黒以外にもある、販売会社やブランドの違いもそうですが、白髪染めの付け方によっても3つのタイプがあるのです。一つ目は2剤式と呼ばれるタイプです。従来の白髪染めのタイプで、ヘアカラーと同様に付けます。後述する他の2タイプと比べて、安価な商品が多く、かつ、色が落ちにくいというメリットがあります。旅行先などでうっかり持参するのを忘れてしまったときや、染め直す頻度を少なくしたいという方はこのタイプがよいでしょう。

次に、トリートメントタイプです。その名前のとおり、トリートメントをする時に、同時に行えます。他の2タイプと比べると、素手で行える商品が多いこと、トリートメント効果があるので髪に優しいこと、色の定着にかかる時間が比較的短いことがメリットです。髪の毛が傷みやすい、ほかのタイプを使っていたら傷んでしまったという場合は、トリートメントタイプで修復を兼ねて染めてみましょう。最後にシャンプータイプです。シャンプーなので、洗髪をしながら行います。トリートメントよりも手軽に行うことができ、こちらにも髪に優しい成分が含まれています。洗髪という特徴から、根元までしっかり洗うと同時に、染め上げも根元までしっかり行います。髪の毛の根元が気になっているという方は、シャンプータイプがお勧めです。これらを踏まえ、更に求めるカラーや香りブランドなどで吟味し、最適な商品を見つけましょう。

白髪染めの種類と特徴

おすすめの白髪染め
まず白髪染めとは、化学変化で染めるものとヘアマニキュアタイプに大別できます。さらにヘナなどもありますがヘナ100%の物は染まりが悪いですが地肌に悪い影響は無いようですが、中には化学薬品が入ってるものがあり、しっかり黒く染まりますがですが地肌が痒くなったり、赤い発疹が出来る物があるので注意してください、化学薬品で染めるタイプの毛染めはは美容室向けと家庭向けがあり、似たような物ですが仕上がりはかなり違います。家庭用の毛染めは2週間くらいで色がさめて薄くなってしまいますが、美容室の業務用の白髪染めは一度染めた所は一ヶ月以上色落ちしません。

ヘアーマニキュアは毛髪をブリーチする力が無いので黒い髪の色はそのまま白髪がと一緒に黒っぽく染めるので全体的な出来上がりは」黒っぽくなります、その半面毛髪が損傷すると言う事が無いのでパーマをかけたりした時など美しいウェーブが出す事が出来ます、ただし汗をかいたりすると色落ちするので、夏場白っぽい帽子等々に色が付着して汚してしまい使い物にならなくなる事があるので注意してください。最近は低アルカリカラーと呼ばれるブリーチ力の無い化学変化で染める白髪染めタイプのカラー剤も出てきました。これは、ヘアーマニキュアとアルカリカラーの中間的な感じでヘアーマニキュアだと色落ちするのが嫌で、だからと言ってアルカリヘアカラーの毛染めだと毛髪と地肌が心配なので嫌みたいな方などに適した商品です。ただし色が黒目になるのでそれが嫌な方には向いてないようです。

髪の毛に優しい白髪染めで切れ毛を乗り越える

髪の毛が受けているダメージによって、白髪を染める際の注意点は大きく違ってきます。そもそも白髪を染めるにも向いていないほど、切れ毛が酷いという人は根本的な解決から始めなければいけません。まずは髪の毛の質を改善する為に食生活なども見直してみるべきなのですが、人によっては切れ毛が酷くても白髪を染められたという人も居ます。それは本当に髪の毛のダメージが酷い状態の人に合わせた、少しずつじっくりと髪の毛を染め上げる製品もある為です。白髪染めを初めて利用するという人は、そういう製品がある事もチェックしながら、まずは自分の髪質をチェックする様にしましょう。

切れ毛だけではなく枝毛が酷いという時も、これから切れ毛が発生する可能性を考えてケアを始めておくべきです。そういう時にはヘアケア効果も持っている様な、髪の毛に優しい製品の存在もチェックしてみてください。トリートメントがセットになっている様な製品もあるもので、じっくりと髪の毛を染め上げる製品と同じく、髪の毛に優しい白髪染めだと言えます。その両方を試してみたけれど、自分の髪の毛には合わなかったという人も、白髪染めを利用する事を完全に諦めない様にしてください。食生活の改善などで髪質を変える事が出来たのであれば、それからまた白髪を染める事を考えてみましょう。僅かな改善だけでも髪の毛の状態は変化するものですし、僅かな改善でも髪の毛に優しい製品ならダメージを感じる事はありません。

理想に合わせた白髪染めの選び方

  1. ルプルプ

    簡単なのに、しっかり染まるダメージ0の白髪染め
    頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを使用。これらの成分が、ダメージを与えず美しく染め上げます。また、お肌の弱い方も満足してお使いいただけます。天然由来成分を使ったルプルプ。だからとっても低刺激!パサパサゴワゴワせずに髪をキレイに染められるんです。

    ルプルプの詳細

  2. グローイングショット カラートリートメント

    お風呂で使える1品2役のカラートリートメント新登場
    髪のダメージを補修しながら染色する1品2役のカラートリートメント。いつものコンディショナーと置き換えて使うことで、ダメージを補修しながら自然な色味をプラスし、白髪が目立たないように。大きさの異なる2つのピグメントを配合。浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み鮮やかに発色。吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。1回で色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出します。

    グローイングショット カラートリートメントの詳細


白髪の存在が気になり始めた時というのは、ただ人気商品という理由で白髪染めを購入してしまいがちです。しかし白髪を染めるにしても様々な色合いに染め上げる商品がある為に、適当に商品を選んでしまうと自分好みの色合いにならなかったという事も有り得ます。まずは髪を染め上げた後のサンプル写真をよくチェックして、自分の理想とする色合いを探し出すのが良いでしょう。その際にはどういった目的で髪の色を染めるのかを考えながら、理想の色合い探しをするのがおすすめです。白髪が無かった頃の以前の自分に戻りたいという目的で、髪の色を染めるのであればサンプル写真を見る際にも、以前の自分の写真と髪の色を比較しましょう。

過去の自分の髪の色合いとそっくりなサンプル写真を見付ける事が出来たなら、白髪を染めた際にも昔の自分に戻ったという実感を得られます。今までの自分に戻りたいのではなく、新しい自分に生まれ変わるつもりで白髪を染めるのであれば、少し派手な色合いをした白髪染めを購入してみましょう。少し茶髪に近い色合いをした商品や、紫色などの少し派手な色合いに染め上げる商品も中にはあります。それらの色合いが自分に合うのか不安に思った際には、一気に白髪を染めてしまうのではなく、部分ごとに少しずつ染めていく事がおすすめです。そうする事でピンポイントで色を染めていくというオシャレも出来れば、その色が自分に合うのかという大体のイメージを掴む事も出来ます。

市販の白髪染めをお得に購入するコツ

市販の白髪染めの商品を使っている方も多いので、定期的に商品を購入している方も多いです。ずっと購入し続ける商品は、できるだけ安くお得に購入できるお店を見つけたり、買い方を工夫していくことで、購入費用を抑えていくことができるようになります。白髪を染めた後も、しばらくして髪がだんだんと伸びてくれば、再び白髪が気になるようになってくることがあります。そのため、数か月に一度のペースで白髪を染めている方もいます。気になった時にすぐに使えるように、自宅に市販の商品をストックしておくことで、安心できると思います。いくつかおいておいても、大きく場所を取る心配がないので、まとめ買いもおすすめです。

お店によっては、まとめ買いをすると、商品代金を安くしてくれるところもあります。通販サイトでは、商品一点一点の値段が他のお店よりも安いところも多いですが、一点のみの購入だと送料がかかってしまうことも多いので、2000円以上など送料無料になる条件を満たして、購入することで、お得に買い物ができます。欲しい市販の白髪染めの商品を送料無料の条件を満たすだけ、まとめ買いをしていくことで、送料の負担もなくなり、欲しい商品も安く購入できるようになります。さらに、インターネット通販サイトの中には、定期購入をすることで、商品を値引きしてくれるところもあるので、お得に購入できるショップを探してみるのもおすすめです。このように、お店をチェックしたり、買い方を工夫することで、お得に欲しい商品を購入できます。

においが少ない白髪染め

おすすめの白髪染め
年齢的にはまだ若いのに、白髪が気になり出したという人は多いと思います。白髪は、少し生え始めた頃は特に、よく目立って気になってしまうものです。みなさん、なんとかしようと、カラーリングをしたりして隠すことになります。ヘアサロンだけでなく、自宅でカラーリング出来る商品もたくさん販売されていますから、ドラッグストアなどで購入している人も多いのではないでしょうか。こういった市販の白髪染めで、自宅で染める場合は、お風呂場で行うことが多いかもしれません。その時に、どうしてもあのニオイが気になってしまって、気分が悪くなってしまうという人がいます。これは、ヘアサロンで白髪染めをしてもらう時でも、同じことが起こり得ます。そういった理由で、染めることに対して憂鬱になってしまっている人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが、においが気にならない、新しいタイプの白髪染めです。あのツンとしたきついにおいがするのではなく、どちらかというと自然の素材のにおいに近い、ほのかな香りで、染めている間も気にならない商品が販売されています。このような商品は、何度も使って徐々に染めていくシャンプータイプのものですから、一度試してみてはいかがでしょうか。一度できれいに白髪が見えなくなるといった商品ではないのですが、その分においがマイルドですし、手などの肌についても刺激が少なく、とても使いやすいと人気が出ています。

髪は年齢が出やすいのでケアが必要

成人女性に向かって、何歳ですかとぶしつけな質問をする人は減りましたが、逆に言うと年齢を確認する前にそれぞれが相手の年齢について深読みしてしまう傾向があります。その年齢は何処で判断するのかと言えば、多くの場合は髪の毛と肌の質になるでしょう。肌の質はちょっとしたことでは改善できませんが、髪の毛については白髪染めをきちんと行う等の手入れをすれば年齢以上に年寄りに見られる可能性は低いので、きちんと日ごろから手入れをしておきたいものです。そんなエイジングケアをきちんとされたい方にお勧めしたいのが、ヘナという天然染料のトリートメントです。

白髪を染めるとなるとヘアカラーやヘアマニキュアを選択される方が多いのですが、これらは自宅で手入れをしようとすると手袋の準備やその他もろもろの後片付けもあって、髪の毛を染めるだけで一苦労ということになるでしょう。ところが、ヘナのトリートメントの素晴らしいところは、素手で先発後のトリートメントの代わりに使用するだけで徐々に白髪が染まっていくのです。染めていく段階は徐々にはなりますが、一度染まってしまえば日々のトリートメントで繰り返し染められるため、意外ときれいに仕上がるのです。また、特筆すべきは扱いの簡単さです。素手でトリートメントをしても、手についた染料は意外と簡単に落とすことができるのです。手やその他洗面所についてしまっても簡単に落とせるというのは、とても扱いがしやすいので、忙しい方にもお勧めです。

地肌別白髪のお手入れ

おすすめの白髪染め
白髪染めをしたいと思っても、誰もがヘアカラーを使えるとは限りません。何故ならば、ヘアカラーは一度髪を脱色してから再び他の色を入れるという手法を使うため、髪や地肌に一定の負荷がかかってしまうからです。特に地肌の弱い人にとってはヘアカラーは地肌トラブルの元にもなりかねませんので、それを利用するかどうか決める前に美容院で相談してみると良いでしょう。例えば、自分の地肌があまり強くないと分かっている場合には、ヘアマニキュアという選択肢の方が向いている場合が少なくありません。ヘアマニキュアは、髪の毛の上にカラーコーティングをするような手法であるために、髪には優しく髪の毛のハリを付加することも可能です。

また、この髪の毛の染め方は髪の根元までは染めないためにより地肌に優しいのです。更に、より地肌に優しい染料をお好みの場合にはヘナ等の天然染料という選択も考えられます。ヘナの場合は植物系の染料であるために、髪の毛にも地肌にもとても負担が少ないのです。地肌トラブルを避けたい人は、ヘナが一番目的にかなっているかもしれません。とはいえ、ヘナの場合には、繰り返し使うことによって色が定着してきますので、最初に染め上がるまでに少し時間がかかります。一度染まってしまえば日々のお手入れの中で繰り返し染められていきますので、色が定着するので扱いは簡単です。このように白髪染めは、地肌のタイプで選ぶというのが髪と地肌にとって最良の方法かもしませんね。