おすすめな白髪染め3選と全活用法

人間は初めて出会う相手に対して、初対面の時の印象によって相手を判断します。例えば着ている服装がみすぼらしい場合には、本当は高収入の人物に対しても収入が少ないのではないかと感じます。同じように、髪に交じる白髪の量も人の見た目を大きく左右します。髪の毛が黒々としている人は若々しいと感じられますし、逆に白髪が交じり始めている人は初老、髪の毛が真っ白になってしまった人はかなりの高齢と判断されてしまうのです。

すぐにでもおすすめな白髪染めを知りたい方は 白髪染め選びで大切なこと をご覧ください。

このように髪の色は老けて見られる原因にもなりますから、少しでも若く見られたいのであれば、白髪染めを使って髪を染めておくことをおすすめします。白髪染めとは、白くなってしまった髪の毛を黒く染め直すことができる商品です。ドラッグストアやホームセンターなどで売られていることが多く、商品の箱の中に入っている染色剤を使って髪の毛を染めていきます。染色剤以外にも手袋やシートなどが入っており、肌を汚さないようすぐに使える便利な製品です。価格は1000円前後のものが多く、それほど高くはないので気軽に購入できるのもメリットです。白髪染めが便利な点は、黒だけでなく様々な色に染められる点にあります。ビジネスマンの方であれば黒く染めても構いませんし、女性の方であればライトブラウンやパープルなど好きな色を選んで染めることができます。明るい茶色系の色に染めれば、印象をグンと若返らせることができます。イメージチェンジにも最適な商品です。

ヘアカラーをしていても白髪に気をつけよう

おすすめな白髪染め
30歳をすぎてくると、白髪は女性にとって気になる話題になります。カラーリングをしていると白髪が増えてきたことに気がつきにくくなりますが、生え際などはぜひチェックしてみましょう。同年代の友人に白髪が増えてきたということは、あなたも決して例外ではありません。こまめに髪の毛の状態をチェックしましょう。そして白髪が増えてきたと思ったら、ぜひ早めの対策を考えなければいけません。目に見える部分はほんの一部です。鏡に映る自分の髪の毛に白髪を発見したら、見えない後頭部や側頭部にも当然白髪はあるでしょう。

白髪が数本のうちは、今まで使用していたカラーリングでも充分対応できます。カラーリングは、本来黒髪の色を薄くするものですが、白髪でも着色します。しかし白髪が本格的に増えてくると、白髪染めを使ったほうがよいでしょう。白髪染めは白い髪を染めるために作られていますが、仕上がりの色は選べるので、真っ黒だけではなく、自然な茶色や緑が買った色に染めることも出来ます。今までカラーリングをしていた方であれば、仕上がりの色を同じにすることで、不自然ではなくなります。そして白髪染めを使用し始めてから注意してほしいのが、根元から生えてくる白髪を染めることを忘れずにいることです。これらはホームケアとしてドラッグストアなどで売られているものを使えば、手軽に手入れが出来ます。若々しく見えるためにも、マメなお手入れを心がけましょう。

白髪を染めれば印象アップ!

白髪の量は年齢を感じさせます。最年長のプロサッカー選手として活躍する三浦和良選手や野球のイチロー選手の髪の毛に、白いものが混じっているのを見て年齢を感じる方もいるはずです。しかし彼らの白髪は決して印象が悪いものではありません。白髪は決して悪いことではなく、白髪があることで、その人の貫禄が増したり、年齢相応の落ち着きを感じさせることもあるので、マイナス要因と捕らえないことも大切です。女性の場合はどうでしょうか?還暦をすぎた女性が、髪の毛を紫に染めたり、真っ白な白髪をそのままにして神々しい姿をしているのを見ることがあります。しかし多くの女性は、白髪を染めているのが現状です。女性の場合は、髪の毛が長いために、髪の毛の印象がその人の全体に占める印象に大きく影響を与えます。

しかも白髪はある日突然増えていくわけではなく、多くの場合は徐々に増えていきます。白髪交じりの年代は、どうしても印象が老けて見えがちなので、染めるということになるのです。白髪が気になり始めたら、多くの人は抜くという行為から始めます。しかし必ず白髪は増えていくので、抜くだけでは追いつかなくなります。そうなると白髪染めを使うことになるのです。ドラッグストアなどで売られているホームケア用白髪染めは、カラーリングと同じような使い方が出来ます。気になる部分に薬剤を塗って、決められた時間キープして洗い流します。値段も手ごろで、ホームケアは人気の方法です。気になり始めたら、ためらわずに早めに試して見ましょう。きっと抵抗なく使えるはずです。

白髪をカラースプレーで染めてみたら

おすすめな白髪染め
白髪は全体の印象を大きく左右します。白髪があると、どうしても老けて見えがちです。白髪があること、年齢を重ねることは悪いことではありませんが、清潔感やさわやかさを感じさせたいのなら、しっかりと白髪にも気を配って印象をアップさせたいものです。そんな白髪対策として、白髪染めを使っている方も多いでしょう。とても便利なものですが、マメにお手入れをしないと生え際が白くなってきてしまいます。どうしても手入れをする時間がない、そんなときは困ってしまいますね。そんなときに便利なのが、ヘアースプレータイプの白髪染めです。シュッシュッと気になるところにスプレーすれば、黒く染まります。もちろん黒だけではなく、茶色など自然な色もあるので、今の髪の色に合わせて選ぶと簡単に染めることができます。

応急処置には、とても便利です。白髪が気になるかたは、ぜひ1本自宅に常備しておくことをお勧めします。しかし一点だけ、このスプレータイプの白髪染めには弱点があり、それは水に弱いということです。一度シャンプーすると完全に落ちてしまいます。そのために、雨が降ったり、調理などで水ハネが考えられるときには、配慮する必要があります。また全体を染め上げるのには向いていないともいえます。スプレーなので、どうしても色ムラが出やすいからです。しっかりと全体を染め上げた上で、応急処置としてやワンポイントだけ染めたいときに使用するのがお勧めです。ぜひこれらを使って髪の毛のお手入れを楽しんで見ましょう。

全体染めと部分染めを使い分けて髪の傷みを抑えよう

髪からアンチエイジングをはじめていつまでも若々しい気持ちでいたいなら、髪の毛からのぞいている白髪の処理は必要不可欠です。でも白髪染めは髪の毛を痛める心配があるので、頻繁にやるのは遠慮したいという人もいるのではないでしょうか。もちろん近頃では徹底的に植物由来の成分にこだわった肌に優しい商品などもあるので、一概にすべての白髪染めが髪の毛にダメージを与えるとは言い切れません。ただそれでも心配なら、全体染めと部分染めをうまく使い分けて髪の毛を綺麗な状態に保つ方法があります。実はこの方法は髪の毛を常に綺麗に見せる以外にも、費用の掛かる全体染めの回数を減らせるのでお財布にも優しいんです。まず全体染めははじめて髪の毛を染める時や、最近染める時間が取れなくて白髪が髪全体にある時に行います。

全体染めは手間がかかるので面倒な人はいっそのことヘアサロンで染めてもらうのもありでしょう。その時は染めるのに使った薬剤の番号を聞いておくと後々便利です。そして一度全体的に染まったら、次からは生え際の白髪が目立ちはじめた時に自分で部分染めをしていきます。こうする事で全体染めをした時に多少傷んだ髪をまた傷つけることなく、髪の色だけをキープできるからです。部分染めをする場合はクリームやホイップ状の液垂れしにくいものを選ぶのがおすすめです。全体染めと部分染めで色合いの違いがでないようにするには、ヘアサロンで聞いた番号に近いものを選ぶようにしてください。絶対に同じ商品で染めたいのならドラッグストアで買った商品をヘアサロンに持ち込んで、これで染めてほしいと頼んでみましょう。

白髪染め選びで大切なこと

  1. ルプルプ

    簡単なのに、しっかり染まるダメージ0の白髪染め
    頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを使用。これらの成分が、ダメージを与えず美しく染め上げます。また、お肌の弱い方も満足してお使いいただけます。天然由来成分を使ったルプルプ。だからとっても低刺激!パサパサゴワゴワせずに髪をキレイに染められるんです。

    ルプルプの詳細

  2. グローイングショット カラートリートメント

    お風呂で使える1品2役のカラートリートメント新登場
    髪のダメージを補修しながら染色する1品2役のカラートリートメント。いつものコンディショナーと置き換えて使うことで、ダメージを補修しながら自然な色味をプラスし、白髪が目立たないように。大きさの異なる2つのピグメントを配合。浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み鮮やかに発色。吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。1回で色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出します。

    グローイングショット カラートリートメントの詳細


誰でも歳を取れば、身体が老化をしていきます。お肌も老化してしみやしわが増えますし、髪の毛も老化して白髪が増えます。老化して白髪になってしまった髪の毛は元に戻すことはできません。黒い髪を取り戻したいのであれば、白髪を染めなくてはなりません。白髪を目立たなくする薬剤が販売されていますので、気になるかたは染めてみてはいかがでしょう?白髪染め剤には、ヘアカラータイプ、トリートメントタイプ、シャンプータイプいろいろな種類があります。よく見比べてみて、自分が使いやすそうだと思ったものを選ぶとよいでしょう。デリケートなお肌の方は、無添加の商品を選ぶことをおすすめします。白髪染め剤の中には、強い刺激をもたらす化学成分が含まれている場合があります。人によっては、そのような強い成分の影響で、頭皮がかぶれてしまったり、髪の毛が傷んでしまう方もいます。

できるだけ安全な成分が配合されているものを選んでおけば、安心して使うことができます。最近は、ヘナなどの天然染料が使われているものが人気が高くなっているようです。天然染料は、頭皮のかぶれや髪の傷みを防いでくれて、自然な仕上がりになるのが魅力です。頭皮や髪の毛を健康的な状態にしてくれる効果も期待できます。ただ、天然染料だからといって、すべての人にトラブルが起きないということでもありません。トラブルを防ぐためにも、ご使用になる前に、必ずテストをしておくと安心です。

白髪は自分で染めるのがよいのか?美容院で染めるのがよいのか?

歳を取れば、誰でも白髪が生えてきます。白髪が生えていると、より老けて見られやすいので多くの方が染めていますね。白髪を染めてしまえば見た目も若く見られる効果があるだけでなく、精神的にも若返ったような気分になることができます。白髪を染めている方は、自分で行っているか、もしくは、美容院で染めてもらっているかのどちらかです。どちらの方法もそれぞれにメリット・デメリットがあります。自分で染める方法は費用が安いというメリットがあります。市販の白髪染め剤は数千円程度で購入できますので、美容院で染めるよりも格安です。

白髪が気になったら、すぐに自分で染められるというメリットもあります。ただ、使用するときには、洋服や室内が汚れやすいという点に気をつけなくてはなりません。服や家具などに白髪染め剤がついてしまうと、落とすのが非常に大変です。染める時には、汚れてもいい服を着て、床や家具などにはシートを敷いておくとよいでしょう。また、自分で染める場合には、慣れていないと色ムラになりやすいというデメリットもありますね。自信がない方は、美容院で染めてもらうのが無難でしょう。美容師さんがキレイに染めてくれるので、とてもナチュラルな仕上がりになります。服を汚す心配もありません。ただ、美容院で染めてもらう場合には、お金が高くなりがちです。定期的に美容院へ通わないとならないというデメリットもありますね。初めての方は、美容院で染めてもらうのが無難だと思います。

オシャレに白髪染め

おすすめな白髪染め
年齢を重ねてくると、気になってくるものの一つが白髪。一気に、歳をとったような気がしてしまい、暗い気分になります。今は、白髪染めも豊富になり、カラーバリエーションも豊富になりました。従来からある、乳液タイプの物や、最近では泡タイプの物もあります。自分の白髪のタイプに合わせて選ぶことができます。日常で、これから出かけるのに、こんな所にキラリと光る白いものがと、白髪を見つけてしまい、ショックだし、出かけるのも億劫になってしまうことないですか。そんな時にサッと使える、ペンシルタイプやマスカラタイプの物もあります。気にする物がなくなると、気分良く出かけることができます。手軽に簡単に、髪型も変える必要もありません。

でも、面倒くさいと思ってしまうのが白髪染め。忙しい方やお子さんがいる方など、時間がない人は定期的に美容院に行く時間もありません。自宅で染めようと思っても、手間がかかります。そんな時に使えるのが、毎日のシャンプーの時に使える、トリートメントタイプの物もあります。時間はかかりますが、頭皮や髪に負担をかけることなく、ゆっくりじっくりと染めることができます。今白髪は、ネガティブな物ではなくなってきています。オシャレなタレントさんが、オシャレに宣伝をしてくれているからでしょうか。白髪染めもオシャレになってきている様に感じます。おしゃれの一つとして、髪の色も楽しみながら白髪と付き合っていきたいですよね。

若い世代でも利用している白髪染め

白髪というと高齢者がなるものというイメージを持たれている人が多いです。しかし、最近では20代30代の比較的若い世代でも白髪に悩まされている人が増えているのです。その原因は食生活の乱れ、不規則な生活サイクル、過剰なストレスなどが挙げられています。どの原因にしろ若いのに白髪が出てしまうと見た目よりも老けて見えるため悩みの種となりがちです。その白髪をなくすことは難しいですが、それを見えなくする方法があります。多くの人々がご存知の白髪染めです。高齢者が利用するイメージがありますが、若い世代でも利用できるものもあるのです。数年前までは黒色に染めるものしかなかったのですが、最近ではカラーバリエーションも増えてきたため、若い世代でも利用するのに抵抗がなくなっています。

といっても、やはり20代30代の人がコンビニやスーパーで白髪染めを購入するのには、周囲の目線も気になって躊躇する人は少なくありません。そこで入手方法として利用しているのがインターネットショッピングです。これならばレジに並ぶ必要がないため誰かの視線を気にすることはないのです。ネットショッピングでは宅配便で送られてきますが、梱包も中身が分からなくなっていることが多いため宅配人に中身を知られる心配もないのです。そのため、多くの人々に知られていないだけで、若い世代でも白髪染めを利用している人が増えています。白髪の根本的な改善策がないため、今後もニーズが高まっていくかもしれません。

年齢で気になり始めた白髪

おすすめな白髪染め
年齢で白髪が気になり始めたという方も多いと思います。白髪が増えると、外見の雰囲気も変わるので、そのままでいるか染めてしまうかを判断していく必要もあると思います。最近は、シニア向けのおしゃれなファッションコーディネートも注目されており、シニア世代の方だけでなく、若い人から見てもかっこいいと感じるようなおしゃれなファッションを楽しむことができます。年齢で気になり始めた白髪が気になると、おしゃれを楽しむ時も影響してくるので、白髪染めを使って、染めてしまうのも一つの方法です。使いやすい市販の商品もありますし、美容院などでお願いすることで、きれいに染めてもらうこともできます。

市販の商品の場合、価格も手ごろで使いやすく、しっかりと染めることができる商品もたくさんあるので、白髪染めデビューをしてみるのもおすすめです。一人でも染めることができる商品もあるので、価格も抑えつつ、一人で手軽に白髪を染めていくことができるようになるので、定期的に白髪対策ができるようになります。年を取ると、髪のボリュームも少なくなり、気になるようになったという方も多いので、白髪を抜くのではなく、染めることで、髪のボリュームをしっかりと守っていくことができるようになると思います。シニア世代の方々向けに、さまざまなファッションアイテムも登場しているので、よりファッションコーディネートを楽しんでいけるように、白髪染めに注目してみることも一つのポイントです。

白髪染めの仕組みやタイプ

スーパーやコンビニ、薬局やドラッグストアで気軽に買うことができ、またインターネットを通して通販でも買うことができる白髪染めは、髪の毛を黒や茶色に染めるものですが、どうして染まるのでしょう。その仕組みはおしゃれ染めと同じように髪の毛を漂白して、その後に染めるという形になります。おしゃれ染めより漂白する力が強いです。また色持ちもします。それから、白髪染めはちゃんと利用することができる成分とその濃度が定められています。またおしゃれ染めとの違いは何でしょう。おしゃれ染めでも白髪は染まりますが、髪の毛の黒色が綺麗に落ちなかったり、ムラが出たりします。染める力も低いために、綺麗にその色が出ないことがあります。こう言った白髪染めを使うことを考えている人は、その種類は本当に様々なものがありますから、ちゃんと自分に合うものを選びましょう。

その種類については部分染めに最適なクリームタイプ、スタイリング剤のように塗れる泡タイプ・フォームタイプ、伸ばしやすくて素早く塗ることがでる乳液タイプ・ジェルタイプがあり、この他に髪の毛を染めるというよりコーティングするヘアマニキュアタイプ、ロングセラーのものが多く、また匂いがしないところが特徴の粉末タイプがあります。なおどのタイプのものが自分に最適か分からない人は、比較サイトや口コミサイト、ランキングサイトなどを参考にして、充分に比較・検討して最適なものを選びましょう。