白髪染めのランキングと最大限活用するためのおすすめ知識

昔は白髪染めというと、白髪を隠すためのもの、という高齢者向けの商品のようなイメージが強かったですが、ここ最近は白髪染めのバリエーションも増え、あまりカラーリングと変わらないようなイメージになってきました。それは宣伝広告に起用されている芸能人やモデルが、高齢者というイメージではなく、若いイメージが強い人が多いからともいえるでしょう。カラーバリエーションや種類が豊富になった分、選ぶのにも迷いますが、白髪染めを選ぶときはカラーの他、自宅で染めやすいかどうかということも考慮して選ぶといいです。

すぐにでも白髪染めのランキングを知りたい方は 絶対満足する自分に適した白髪染めの選びかた をご覧ください。

最近は匂いもあまりきつくなく、また自分で染めやすいクリームタイプ、ホイップタイプのものも出てきてかなり手間がかからなくなりましたが、自分だけで行おうとするとどうしても髪色がムラになってしまうことが心配です。ですから、まんべんなく塗れるように液もたっぷり入っているもの、塗りやすいものを選びましょう。そして、日が経つにつれて白髪がまた目立たないように、しっかりと染まることができて、長持ちする製品を見つけましょう。切れ毛や髪のパサつきを抑えるトリートメント効果がある製品が増えてきましたが、毛染めをするとどうしても髪はパサつきを感じるようになります。ですから、できるだけ艶が残るようにすることも大事です。枝毛や切れ毛がひどくならないように、シャンプーやリンスでも髪のキューティクルをカバーしていくことが大切でしょう。

トリートメントタイプならば手軽で安全、しかも低価格

白髪染め
白髪があるかどうかで、その人の見た目の印象は大きく変わってくるものです。できるだけ若く見られたいという人なら白髪のケアはできるだけこまめに行っておきたいところです。ただ、白髪染めにあまり良くないイメージを持っている人も多いようです。「手間や時間がかかる」とか「髪の毛が傷みそう」といったことから、白髪を染めることを敬遠している人もいるようです。たしかに、以前の商品ではそういったことも見られましたが、現在では非常に手軽に安全に白髪が染められるようになっています。

まず、手間や時間に関してですが、今人気となっている商品のほとんどはトリートメントタイプと呼ばれる商品で、髪の毛に塗りつけて5分から10分程度おいて、後はシャワーで洗い流すだけです。ですから、非常に手軽に短時間に白髪を染めることができます。また、お風呂場で行うため、もし液剤が飛び散ってしまっても手入れが簡単です。以前の商品のように飛び散り防止の為に部屋に新聞紙を敷き詰めるとか洋服をビニールでカバーするといった必要はありません。現在の商品は安全性についても非常に気が使われています。以前の商品だと頭皮がピリピリしたり、髪の毛が傷んでしまうといったことが見られましたが、最近では刺激の少ない天然成分が使われているので安心・安全に使用することができます。トリートメントタイプの商品は一回あたりの価格が手頃というのも人気の理由です。1回分のコストが200円程度となっているので気軽に使うことができます。

白髪染めを長く使い続けるには

白髪があるとお顔の印象まで老けて見られてしまい、男性にとっても女性にとっても大きな悩みの種といっても過言ではありません。そんな白髪対策として、一番に挙げられるのはやはり白髪染めを使うことです。でも白髪染めは、一回染めてもその効果はそんなに続くものではありません。長くて10日くらいで、だいたいは1週間もすれば、またちらほら白髪が目立ってきてしまいます。白髪とは減るものではなく、むしろ増えていくものですから、長くお付き合いをしていくなかで、やはり頭皮に優しくかぶれないものを選びたいです。

また白髪で髪が傷むと、染髪しようと思っても色が入らなくなるので、選ぶときのポイントとして、天然成分を用いてる商品を選ぶことを忘れないでください。つまり天然成分【大豆や昆布など】や無添加にこだわることで、結果としては髪にも頭皮にも栄養を与え続けられるので、よりトリートメント効果になって髪にも艶がでてくるというわけです。また、生え際などの部分染めには、便利なスティックタイプなどの染料を使用されると良いです。このスティックタイプの白髪染めがたいへん便利で、白髪は染めて数日するとすぐに生え際の方から白い髪が目だってくるのですが、毎回全体染めするよりも、気になった時にスティックで目立たないようにする方が、髪のダメージも少なくてすみます。このように顔が老けた印象になる白髪は、決して悪者ではないのですが、長く使い続けることを考えれば、やっぱりじっくり検討しながら自分にあった染料を選ばなければいけないことがわかります。

白髪の悩みは白髪染めで解決しましょう

白髪染め
私たちの髪の毛の色はもともと黒色なのですが、最近の若い方はカラーリングを行いてブラウンや金髪にしてイメージを変えるケースが増えています。しかしながらこれは一時的なもので、社会人になりますと多くの方は従来の黒い髪の毛に戻すケースが多く、そして一定年齢になりますと白髪の発生するケースが増えて来るのです。最初のうちは数本の白髪で目立たないのですが、徐々に本数が増えてきまして気になる方は白髪染めを行います。これを行う場所としては、美容室などでカットと一緒に対応するケースや或はヘアカラーを購入してきて自宅で行うケースに分かれるのです。

ヘアカラーの使用に際しては、頭皮の敏感な方ですとまれに炎症を起こすケースも有りますので、この場合にはヘアマニキュアの利用がお勧めとなります。ヘアカラーは一旦髪の毛の色素を抜いてから、そこに色を浸透させるもので一種の化学反応をさせていますが、ヘアマニキュアは髪の毛の表面に色を付けるので万一地肌に付いた場合にも刺激が少ないのです。ただヘアカラーに比べて色持ち期間が短いので、定期的にヘアマニキュアを行う事が必要となります。これらを買い求める際にはドラッグストアに行きますが、多くの会社の製品が販売されており、どれを選択するか迷うケースも少なくありません。これから白髪染めを新たに購入される方は、比較サイトを閲覧するなどして各商品の特徴を予め理解しておく事も大切となってきます。

臭いも気にならない

昔市販の白髪染め商品を利用したことがあったのですが、その時は臭いがきつくてだめでした。それ以来利用できていなかったのですが、最近になって試供品をもらったのです。どうせまた臭いがきついのだろうな、と思っていたのですが、試供品を使ってみると全く臭いが気になりません。おまけに使いやすく、染めた後なのに髪の毛がつやつやしていました。これなら自宅できれいに染められるのではないか、と思い商品を購入することに決めたのです。商品を利用してみるとトリートメント効果が高く、白髪染めをした後のパサつきなどは一切ありませんでした。私はもともとキューティクルが見られないほど髪の毛が傷んでいたのですが、白髪染めをした方がきれいになり、キューティクルも発生している、という状態で驚きでした。これは嬉しい誤算です。

そしてまだまだ使用して嬉しいことが、それは持続性です。市販の商品だからそんなに長持ちはしないかなと思ったのですが、1か月たってもしっかりと染まった状態でした。2か月目になるとやはり徐々に薄くなったりしましたが、それでも市販の商品でここまでしっかりと持続すると思っていなかったため、これならコストパフォーマンスもよくて利用を続けられそうだな、と思いました。髪の毛に自信がついて、自分でいうのもなんですが何だか前よりも若々しくなったような気がします。口コミなども参考にして選んでみると、より効果の高い商品が選べるでしょう。

絶対満足する自分に適した白髪染めの選びかた

  1. ルプルプ

    簡単なのに、しっかり染まるダメージ0の白髪染め
    頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを使用。これらの成分が、ダメージを与えず美しく染め上げます。また、お肌の弱い方も満足してお使いいただけます。天然由来成分を使ったルプルプ。だからとっても低刺激!パサパサゴワゴワせずに髪をキレイに染められるんです。

    ルプルプの詳細

  2. グローイングショット カラートリートメント

    お風呂で使える1品2役のカラートリートメント新登場
    髪のダメージを補修しながら染色する1品2役のカラートリートメント。いつものコンディショナーと置き換えて使うことで、ダメージを補修しながら自然な色味をプラスし、白髪が目立たないように。大きさの異なる2つのピグメントを配合。浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み鮮やかに発色。吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。1回で色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出します。

    グローイングショット カラートリートメントの詳細


白髪が気になる方は、白髪染めをしてみましょう。最初は量も少ないと思うので、ヘアサロンよりもリーズナブルな、ホームケアをしてみてはいかがでしょうか。さまざまなタイプのものがあり、自分に適したものを使うことが出来ます。まずは定番のクリームタイプです。こちらは2種類のクリームを混ぜ合わせて使います。生え際など気になる部分にだけ使うことが出来るので、髪や頭皮へのダメージが少ないのが特徴です。ドラッグストアなどで気軽に買うことが出来ます。乳液やジェルタイプのものもあります。こちらは広範囲の白髪に悩んでいる方におすすめです。ムラなく染めることが出来るのが特徴ですね。

泡タイプのものもあります。これの特徴はなんと言っても、手軽に染めることが出来るということでしょう。不器用な方でもムラなく塗りやすいと思います。使いきりタイプのものと、小分けできるものどちらもあるので、購入する際はしっかりとチェックするようにしてください。あまり見かけませんが粉末タイプの白髪染めもあります。必要量を水で溶かして使うので、とっても経済的です。またニオイがないのが特徴なので、ニオイを気にせずにいつでも使うことが出来ます。最後にヘアマニキュアがあります。こちらは髪の表面を染めるのです。カラーも豊富にありますね。髪や頭皮にやさしいのも人気の秘密になっています。しかしカラーの持続性はそれほど高くないので、こまめにケアすることが可能な方におすすめです。

白髪染めの種類はどれくらいあるのか?

白髪染めの種類はたくさんあるように思われますが、ヘアカラーやヘアマネキュアと、一時染めの3種類が大別してあるだけです。ヘアカラーは2種類へ分けられて、泡のタイプ・クリームのタイプへ分けられます。一般的に使われるものはヘアカラーで、髪のメラニン色素を分解して染料を内部まで浸透させるのです。色が定着するので、白髪が綺麗に染め上がります。髪の中まで色素が入り込むため、髪の色が驚くほど変わってどのタイプよりも長持ちするのです。ヘアサロンなどではこのタイプを最も使用して、ドラッグストアの多くが販売してます。しかし、このタイプは頭皮や髪へ負担が大きいのです。使い続けた場合はキシミが出たりパサつくケースもあります。肌が弱い人は炎症の出るケースもあるので、事前にパッチテストをしてから使用しなければなりません。

ヘアマニキュアは、前述のヘアカラーの欠点がないため、特にアレルギーのある人へは人気の高い製品です。特徴は、髪の表面だけに色を付ける点で、多くの人へ愛用されてます。欠点といえば長持ちしないことで、使用する場合はその点を考えておかなければなりません。一時染めですが、染めた効果が長持ちするものではなくて、外出する時やお客の対応へ、応急的に白髪の目立つ部分へ使用するケースが多いのです。ヘアサロンなどや、自分でヘアカラーした後に髪が伸びて目立つ際、利用されてます。スティックタイプとスプレータイプなどがあり、とても便利です。

頭皮を守ってくれるタイプを選ぶ

白髪染め
若い人でも白髪がある人は多いです。
そしてその量がかなり多い人も、そんな人は若いうちから白髪染めを行う人もいるでしょう。白髪をきるのもよいですが、全て切っているとヘアスタイルがおかしくなりますし、伸びてくるたびに切っていたら大変です。抜くのは論外です。抜いているとそこからは白髪しか生えなくなってしまうでしょう。そんな時には市販の白髪染めを使って、リーズナブルに自然な髪色にしていってください。この時商品選びで重要なのは、地肌を守ってくれるかどうか、ということです。若いうちに地肌に負担をかけてしまうと、それこそ抜け毛の原因になってしまいます。なるべく地肌に優しいタイプ、低刺激タイプを選びます。そしてむらなくきれいに染められるタイプかどうか、という点も非常に重要でしょう。

やっぱり若いのに白髪があるという状況は、嬉しいことではありません。周りの人にも知られたくないことですし、染めたということもわからない方が良いのではないでしょうか?ムラがあるとやはり染めたことがわかります。自分で染めてもムラがない状態にできる商品を選ぶようにしましょう。いろいろと選んでみて、該当する商品を使ってみてください。最近は返金保証がついている商品もたくさんありますから、リーズナブルな値段で試すことができると思います。サービスを活用して賢く自分に合った、白髪染め商品を探していきましょう。色も様々なタイプがあるので、自分の髪の毛の色に合わせることができるはずです。

白髪染めは若い人でも使えるの?

白髪染めとヘアカラーはどう違うのでしょうか。実は、白髪染めはヘアカラーの一種なのです。白色に染めるカラーを「白髪染め」と呼び、黒髪に染めるカラー「黒染め」と区別しているだけのことなのです。ですので、ヘアカラーと統一しても良いくらいですね。では、成分に違いはあるのでしょうか。白髪染めとヘアカラー、どちらも永久染毛剤と呼ばれるものです。白髪用は毛色を濃く染め、ヘアカラーは黒髪を薄く染めます。つまり発色させる成分の量や配合が異なります。学生の時、夏休みや冬休みに羽目を外して明るく染めたことはないですか。長期休暇が終わるころ、またはアルバイトや就活が目的で黒く戻すことになりますね。そんな時に役に立つのは黒髪用ではなく白髪用です。私も長い間お世話になっていました。若い人でも購入して使用していいものなんです。ブリーチをかけて傷んだ髪の毛は白髪によく似ていて、ダメージがあり黒髪用では染まりにくいこともあります。

白髪用にはトリートメント効果があるものもあり、コストパフォーマンスの面でもいいと思います。私の場合は金髪を黒髪に戻していましたから、元の黒い髪の毛が伸びて染めなくてもよくなるまで2年間何度も白髪用を愛用していました。時々は美容院でこれ以上髪が痛まないようにヘアケアをしながらドラッグストアの市販品を使用していましたが、特に頭皮や髪質に問題はなかったですよ。むしろトリートメント効果で金髪より艶やかになりました。若い人でも、黒髪戻しとして白髪染めはお勧めです。

白髪の原因と白髪染め

白髪染め
白髪が目立つようになってきたために白髪染めを愛用しているという人も多いと思いますが、白髪というのはどのような原因で増えてしまうのでしょうか。白髪になる一番の原因は加齢です。ヒトの髪の毛の中にはメラニン色素があります。このメラニン色素がたくさんあることで髪の毛は黒い色を保っています。しかし、年齢を重ねるにつれてメラニン色素をつくり出す働きを持つメラノサイトという細胞の働きが弱まってしまし、その結果メラニン色素が減少して黒い色が抜けてしまうのです。栄養不足も白髪の原因の一つです。特に女性の場合にはダイエットが趣味になってしまっている人が多いですが、そのような人は偏食がちで栄養も偏ってしまいます。するとメラノサイトに十分に栄養が補給されなくなり、メラニン色素をつくり出すことができなくなってしまうことで白髪になってしまうのです。

白髪を改善するために栄養のバランスを考えた食生活を送るように心がけましょう。仕事や育児などのストレスも白髪を増やす原因となります。ストレスは交感神経を刺激して身体を緊張状態にするため、血管が収縮して血行を悪くします。血行が悪くなれば血液によって髪の毛に運ばれる栄養が減少してしまいますから、メラニン色素の生成が阻害されてしまいます。また、ストレスは白髪だけでなく抜け毛や薄毛の原因ともなるので注意が必要です。これまでの原因は生活習慣の改善などによってある程度白髪の増えるスピードを食い止めることができますが、努力ではどうにもならない原因もあります。それが遺伝です。遺伝的な要因による白髪の場合にはやはり白髪染めを使用するのが一番よい方法でしょう。

白髪染めを上手く使っていつまでも若々しく

顔のスキンケアにはお金も時間もかけるけど、髪の毛まで綺麗にケアしている人は、なかなかいないように思えます。私自身も、敏感肌、乾燥肌ということもあり、顔のスキンケアは怠らないようにしているのですが、髪の毛に関しては、たまに美容院でトリートメントをするくらいで、しっかり時間をかけてやることはありませんでした。しかし、加齢とともに白髪が気になってきて、定期的に髪の毛のチェックをすると、白髪以外にも部分的にはベタついているのに毛先はパサパサだったり、肌よりコンディションが悪いことに気がつきました。なかなか、時間も金銭的にもゆとりがないので、この機会にセルフメンテナンスを考えてみることにしました。

まず、気になったのがチラホラ出てきている白髪です。それほど目立つことはありませんが、確実に増えてきていることを、実感しています。抜いてしまうと、後から生えてきたときに、飛び出てきてしまって、処理に困ってしまうので、ここは市販の白髪染めを使うことにしました。以前の白髪染めというと、だいぶシニアの方が使うようなイメージがあり、あまり使いたくありませんでしたが、最近では、CMでも綺麗なタレントさんがやっていることもあり、気軽に手に取ることができるようになった気がします。それに、色も黒だけではなく、いろいろな色から選ぶこともできますし、カラーリング特有の匂いが少ないものや、髪の毛にも良いトリートメント成分が入ったものなど、白髪染めを使うことによって、トータル的にヘアケアできるのも嬉しいですよね。