白髪染めおすすめランキング|1000人の市販比較!

髪も年齢とともに少しずつ老化が進んでいき、髪が細くなったり、ぱさついたりといった症状が出てきます。そして特に老化が目に見えてわかりやすいといえば、やはり白髪があげられるのではないでしょうか。日本人の髪はもともと黒いため、たとえ数本程度であっても白髪が出るととても目立ってしまうものです。ある程度の年齢になると白髪スタイルも素敵ですが、若い世代の場合はどうしても老けて見られてしまいますので、やはりしっかり染めて若さを保っておきたいものです。

すぐにでも白髪染めおすすめランキングを知りたい方は 失敗しない初心者の白髪染め選び をご覧ください。

白髪染めは様々な種類があり、美容室で時間をかけてゆっくり染めてもらうという方法もありますし、忙しくされている方なら、より手軽に利用できる自宅で染められるヘアカラーを選んでおくのも良いでしょう。自宅で手軽に利用できるタイプといえば、ヘアマニキュアタイプなどもありますし、クリームタイムなども使いやすいこともあり、昔から人気があります。さらに最近はムースタイプなども登場していますので、使いやすいものを選んでおきましょう。ヘアカラーを行うと、髪はしっかりきれいに染まりますが、カラーはやはり髪には多少のダメージはありますので、髪を傷めないよう、トリートメントなどのヘアケアはしっかり行っておきましょう。トリートメントタイプのカラーは一度でしっかり染まるのではないですが、髪をいたわりながら染められるので、髪になるべく負担をかけたくない場合はトリートメント成分がしっかり配合されたものを選ぶのも良いですね。

白髪染めの手入れの仕方

おすすめの白髪染め
白髪染めをしたものの、根元の部分のみの白髪が目立つようになったということは、多くの人が体験する悩みの一つでしょう。私の場合も、髪の毛全体を染めているものの、時間が経つにつれて髪の根元だけが白髪になり、これが目立ってきて困っていました。ですが、その対応策を考えましたので、こちらで紹介させていただきます。そのケアの方法は3つあります。1つめは、髪の根元だけが問題だけれど、思い切って髪全体を染め直すという方法です。

確かに髪全体に再度カラーリングをするのはもったいないということを感じるかもしれませんが、根元だけを染めるというのも意外と難しいので、ここは思い切って全体を染めてしまうというやり方があるのです。これは実はとても簡単です。2つめは、天然染料のヘナのようなものを使って、日々のトリートメントの中でジワジワと染めていくという方法です。この場合、毎日のヘアトリートメントやシャンプーをこの天然染料が入ったものに切り替えるだけで大丈夫です。天然の染料なので扱いもとても簡単で、何よりも日々のお手入れの中で根元染めが終わってしまうという簡単さがよいですね。3つめは、部分染めの白髪染めを購入するという方法です。この場合、部分染めのスティックと染料がセットで入っています。巨大なマスカラのようなものをイメージしていただければと思いますが、髪の根元に対してこの巨大マスカラで白髪染めを行うことができるようになります。

成分も無添加で安心な白髪染めがある

最近髪の毛を見る度に白い髪の毛が気になってきた・・・という方もいるでしょう。髪の毛は黒いと若々しく見えますが、白い髪の毛が増えただけでも急に老けたように見えてしまいます。TVの中の俳優さんで、役柄で髪の毛をまっ黒にして演技をしている方でも、プライベートで白髪交じりの髪をしているとそれだけでも老けて見えてしまいます。特にこれが女性となれば、若く綺麗に見られたいと思っている方も多いと思うので、白髪染めを使わなくては・・・と思ってしまうでしょう。肌が強い方もいれば中には敏感な方もいるので、敏感な方は少し強い薬液でできた白髪染めを使ってしまうと肌が荒れてしまったりします。せっかく髪の毛が黒くなっても、頭皮が痒くなったり湿疹が出てしまっては意味がありません。

最近では、無添加や無香料などで製造をされている白髪染めも増えてきています。天然由来の成分だけでできている製品であれば、合成された成分がないので肌の弱い方でも安心して利用する事ができるでしょう。万が一使ってみて合わない場合には、その会社によりますが返金制度を用意してくれているような会社もあります。返金制度があれば万が一合わなかった場合には、安心して返品できるので使ってみようかな?と思う方もいるのではないでしょうか?お店に行って探して見る事もできますが、お店にある製品にはメーカーに限りがあります。様々な良い商品を比べてみる為にも、インターネットで探してみるのも良いでしょう。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

おすすめの白髪染め
年齢を重ねると気になってくるのが白髪ではないでしょうか。とくに女性は鏡を見る機会が多いこともあり、気にする方が多いですよね。特に生え際の白髪は目立つので、人の目が気になることもあります。ドラッグストアなどで気軽に買うことの出来る白髪ですが、その多くが1剤と2剤のクリームなどを混ぜ合わせて使うことが多いです。必要量を混ぜ合わせて使うので、低価格で染めることが出来ます。ではその仕組みはどうなっているのでしょうか。まずひとつは酸化染料というものです。そしてもうひとつは酸化剤と呼ばれるものです。このふたつが混ぜ合わされることによって、白髪を染められます。

カラーリングといえばおしゃれ染めが定番ですが、残念ながらこちらでは白髪を染めることが出来ません。白髪用のものは染毛力が高いため、白髪を染めることが可能なのです。以前は白髪染めというと数少ないカラーから選ぶのが普通でしたが、近年ではおしゃれ染めの様に暗いトーンのものから、明るいトーンのものまで豊富なカラーから選んで染めることが出来ます。ですから白髪が出てきたらおしゃれ染めを卒業して、白髪染めを使うことをおすすめします。またヘアサロンで染めてもらうのも良いですが、白髪はふとした瞬間に気になるものなので、部分染めは自宅で行い、髪全体を染めるときはヘアサロンで行うなど使い分けするのもいいでしょう。白髪を気にするのは女性が多いと思いますが、もちろん男性用の白髪用カラーリングもあります。面倒だと思わず白髪が気になるようになったら、しっかりと染めて若々しさをキープしてみてはいかがでしょうか。思ったよりも簡単に染めることが出来ますよ。

白髪が増えてきたと思ったら

髪の毛は顔の額縁と言われるように、とても印象が強いものです。そんな髪の毛に白髪を発見したら、ショックを感じる方もいるでしょう。しかも1本ではなく、複数の白髪を見つけたら自分の年齢を感じるという方も多いはずです。白髪の多さには個人差がありますが、年齢、生活環境、そして疾患によるものの3つが白髪が増える原因と考えられています。特に白髪が増えるとふけて見られるのではないかと気にする女性が多いでしょう。年齢的には、40歳前後から白髪が増え始める方が多いとされています。白髪を減らし、若々しくみせるためには生活環境を整えることはもちろん効果的ですが、即効的なのは白髪染めを使うことです。

白髪染めはいろいろな方法があります。美容院でカラーリングと同じように染めてもらう方法、自分で薬剤を使って染める方法、そしてシャンプーなどに含まれる成分を使って目立たなくする方法です。白髪は、一晩にして一気に増えるということは実際にはありません。ちらちらと見られるようになってきたな、というくらいの本数ならシャンプーなどを使って、自然に白髪を目立たなくすることは周りにも気づかれにくく、手軽に試すことが出来る方法です。普通にシャンプーを使うだけで、すこしずつ白髪が黒く着色されていくので、自分でも気がつかないくらい自然で、しかも手間がかからないので抵抗なく使うことができます。白髪が増えてきたなと思ったら、ぜひ手軽に出来ることからはじめてみてはいかがでしょうか。

失敗しない初心者の白髪染め選び

  1. ルプルプ

    簡単なのに、しっかり染まるダメージ0の白髪染め
    頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを使用。これらの成分が、ダメージを与えず美しく染め上げます。また、お肌の弱い方も満足してお使いいただけます。天然由来成分を使ったルプルプ。だからとっても低刺激!パサパサゴワゴワせずに髪をキレイに染められるんです。

    ルプルプの詳細

  2. グローイングショット カラートリートメント

    お風呂で使える1品2役のカラートリートメント新登場
    髪のダメージを補修しながら染色する1品2役のカラートリートメント。いつものコンディショナーと置き換えて使うことで、ダメージを補修しながら自然な色味をプラスし、白髪が目立たないように。大きさの異なる2つのピグメントを配合。浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み鮮やかに発色。吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。1回で色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出します。

    グローイングショット カラートリートメントの詳細


白髪がちらほりと出始め、そろそろ気になる状態になってきました。俺も一気に老けてしまったと落ち込み悲しみにひたるのは寂しいことです。白髪交じりになるのは若い人でも起きうることで、逆にこれからは髪を染めて新しいファッションが楽しめると前向きに考えた方が人間楽だと思うようにしました。しかし、人間は必ず歳をとるのに、今まで白髪染めに関してなにも考えていなかった自分に気づかされました。白髪の出始めは白髪でない黒髪は健康そのもので、濃い黒々とした髪の中で逆に白髪が目立つ状態になってしまってます。白髪部分を染めるというより髪全体を染める方が色にムラができずにキレイな感じになります。そうなると、髪全体の色変更となるわけで、この選択を誤ると大変なことになってしまいます。できれば、自宅で自分で染めたいと考えていた私は、商品選びに困りました。

そこで、インターネットで専門サイトをチェックして商品の勉強と選択をすることにしました。調べた結果、トリートメントタイプの商品が手間もかからず、髪全体を染めるのに適していることを知りました。トリートメントタイプのメリットは髪全体をゆっくりと染めることができるので他の人に染めたことを気づかれずに少しずつ髪がきれいになっていくことです。私のような白髪染め初心者にはうってつけな商品です。もちろん、商品選びには他にも安全性や自分の肌に合っているかどうかとかも初心者には全く分かりませんから、返金保障とかがついている商品は購入しやすいのでオススメでしょう。

白髪染めどうしていますか?

エイジングによって、白髪が目立つようになるということは、誰にでも起こることです。そして、その白髪の手入れについては考え方も人それぞれですが、私の場合はやはり黒髪を維持したいと思って白髪染めをしています。とはいえ、私は頭皮がとても弱いので一般のブリーチのようなタイプのものは体が受け付けずに困っています。そんなある日、美容院で相談してみたところ、私のように地肌が弱い人はブリーチタイプのカラーリングではなく、ヘアマニキュアが良いということが分かりました。ヘアマニキュアは髪の毛の根元までは染めないので、地肌に直接薬剤がつかずに良いのだそうです。

また、ブリーチのように一旦髪の色を抜いてから新しい色を入れていくのではなく、髪の毛の状態の上にマニキュアをつけるかのように載せて色をつけていくものなので髪の毛にも負担が少ないということでした。ヘアマニキュアに代えてから、私の白髪染めによる地肌トラブルは解決することができました。ヘアマニキュアの場合は、髪の毛を洗っていくうちに染料が落ちていくためカラーのもちが余りよくないということでしたが、シャンプーをノンシリコンタイプの洗浄力の優しいタイプに切り替えてからは、その問題も解決することができました。エイジングにおいて白髪染めは、いろいろな人にとっての悩みになると思いますが、自分にあった染め方を選ぶことができるとわかり、一安心です。これからもヘアマニキュアを続けたいです。

白髪染めでもやっておきたいパッチテスト

おすすめの白髪染め
皮膚に直接つける化粧品であればパッチテストをするのはごく自然な行為ですが、それを自宅で白髪染めをする時にもやったほうがいいと言われると、「髪の毛を染めるだけなのにどうして?」と思われるかもしれません。でも薬液が髪の毛ではなく頭皮に付着する可能性は十分にありますし、頭皮がかぶれてしまうと、フケもいっぱい出るので見た目にも不潔です。それを改善したくてもシャンプーのようなほかのヘアケアもしにくくなりますから、問題が起こる前にやっておいて損はありません。

ではパッチテストはどのようにすればいいかというと、綿棒を使って腕の内側に十円玉程度の大きさで薬剤を塗りましょう。腕でパッチテストを行う理由は万が一悪い反応が出た時にもすぐに洗い流せるからだそうです。その後自然乾燥させて、2日間放置してから肌の状態を確認します。その時にかゆみや発疹などが出ていなければ、使っても問題ありません。このパッチテストは自宅で白髪染めをする場合は毎回行ったほうがいいとされているので、この面倒くささから髪の毛を染めるのをあきらめる人も存在します。あまり手間をかけずに白髪頭とさよならしたい場合は、パッチテストのいらない商品を使ってみるといいでしょう。パッチテストは合成成分に対して行われるものなので、それらの成分が一切含まれていない天然由来のみでできている白髪染めであれば、パッチテストはしなくても大丈夫だと言われています。天然由来であれば敏感肌の人でも使える商品が多いので、安心して使用できるでしょう。

髪や肌に優しい白髪染め

白髪は40代ぐらいになると目立ってくる人が多いですが、早い人ではすでに20代から目立ってきます。私の父や伯母も早くから白髪が出るタイプで20代から自宅で染めたり、美容室の毛染めを利用していました。ヘアカラーを行うと、白髪はカバーされ若々しい髪を保つことができるのですが、やはり問題もあり、ふたりとも長年染め続けていたこともあり、もともとは硬くてしっかりしていた髪も、カラーのダメージで、コシがなく柔らかい髪になってしまったとのことです。そして頭皮にもやはりダメージがあったのか、二人ともやや薄毛の傾向がありました。ヘアカラーはドラッグストアなどで市販品でも多くの商品が提供されていますが、やはり選ぶときは慎重に行いたいものです。市販のヘアカラーは自分で染める手間がありますが、そのかわり、かなり安く費用を抑えることができます。

短時間で染められるのは良いですが、早く染まる変わりに髪や頭皮に良くない成分が含まれている可能性もありますので、成分などもよくチェックして慎重に選んでいきましょう。白髪染めはクリームタイプやヘアマニキュアタイプなど多くの商品が販売されていますが、やはり髪のダメージを抑えるのであれば、トリートメント効果のあるものを選んでおくのも良いですね。白髪は長期に染めていくこととなりますから、それだけに髪や頭皮に与える影響は大きいですから、品質の良い薬剤を選び、正しい方法で利用していきたいものです。

白髪染めを使って若々しさを保ちましょう

おすすめの白髪染め
20代の頃は、ほとんどの方は白髪が目立ちませんが、30代を過ぎてから少し目だってきたと感じている方が多いようです。ヘアカラータイプの商品は、しっかりと髪を染めることが出来るので、50代以降の頭髪の半分が白髪になっている方にお勧めしたいです。ヘアカラータイプの白髪染めの欠点は、ツンとした刺激臭がすることと、髪の毛のダメージを受けやすくなっています。30代ぐらいの人は、白髪の本数もまだ少ないので、マニキュアタイプやトリートメントタイプがお勧めです。

トリートメントタイプの商品は、バスタイムの時間を使って染められるので、仕事を持たれている方でも、平日に染めることができます。ヘアカラータイプに比べても、ツンとする刺激臭がないですし、植物由来の頭皮や髪の毛の優しい成分が含まれているので、髪の毛にダメージがないのが特徴になっています。豊富なカラーが揃っており、仕上がりもとてもきれいです。30代や40代の場合は、お肌がきれいでも、頭髪に白髪があると年齢よりも老けた印象に見えてしまうので、悩んでいる方が多くなっています。美容院に通院をして、白髪染めをしてもらうととても仕上がりがきれいですが、定期的に通院をしていると、費用もかさんでしまいますね。市販の白髪染めは、最近は使いやすく高品質な商品が増えているので、人気の高い商品を使ってみると良いと思います。美容院代を節約できますし、若々しい外見を保てるようになります。

手軽に白髪染めをしよう

年が重なってくるにつれて、髪の毛も衰えて白髪になってきます。それを防止するためには白髪染めを利用しなくてはいけません。染めなければどんどん増えていって見た目も、悪くなってしまいます。てっぺんや、後頭部の白髪は特に分かりづらく、家族のものに言われたり知人から言われたりすると気がつくものです。人に言われると、ちょっとショックですよね。なので、定期的に白髪染めをする必要があります。月に一度か二度のペースがいいですが、髪の伸びる頻度は人にもよりますから、それは自分で気を付けていないといけません。ネットやテレビ通販でも、自分でも染めやすいものが売られています。

泡で染めるタイプのものやペーストになっているものなど、液体タイプも色々です。自分で染める方が美容院へ行く手間も省けていいと思います。白髪染めを自分でするのは染め残しとかあったりするのでやりにくいですけど家族の人に手伝ってもらって行うのもいいかと思います。
私もよく親の毛染めを手伝わされることがありますね。一度でキレイに染まるならば言うことないですね。使い方を間違えると、そんなにすぐには染まりません。髪の質にもよるので、何度か試してみて自分にあったものをなるべく選ぶようにしたいですね。合わないものを使っていて頭皮が荒れてしまったりすると大変です。匂いもキツいものがあったりしますが、今では、そんなに匂いが無いものも売られています。色々と自分で探してみるのもいいかもしれないですね。