白髪染め市販ランキング|一目であなたへのおすすめがスッキリわかる

市販の白髪染めを使ったのになかなか染まらない、なんて不満を抱いている人もいるかもしれません。きちんと使用方法を守っても、思っていた以上に染まらないこともあります。なぜなら人によって髪質が違うからです。髪質が違えば染まり具合も違いますので、自分なりにちょうど良い染め方というものを研究していかなければなりません。難しいように思えますが、コツをつかめば簡単です。そもそも白髪染め商品の中でおすすめなのは、複数回に分けて染めるタイプのものです。ぜひそちらの商品で試してみてください。

すぐにでも白髪染め市販ランキングを知りたい方は 自分に合った白髪染め探しのポイント をご覧ください。

商品によっても染まり具合は違うでしょうから、まずは決められた通りの使用方法で白髪染め商品を利用してみましょう。どの程度染まったのか、仕上がりを確認してください。あまり染まっていないなと感じた場合、もう一度挑戦です。今度は半分の量にして染めてみますが、全く染まらなかった人はもう一度同じ量を使って染めていきましょう。放置時間は決められた時間で行ってみてください。その後は染まり具合によって利用する量、時間を調整していきます。複数回に分けて利用するタイプだと、1回1回きちんと染まり具合をチェックできるため、染まり過ぎた、という事態を防ぐことができます。初めて白髪を染めるような人にこそ、こういったタイプの商品を選んでもらいたいです。複数回に分けるタイプは低刺激のものが多いので、肌が弱い人でも使いやすいでしょう。ぜひ試してみてください。

白髪染めの種類は豊富にあります

市販の白髪染め
ふと鏡を見ると、なんとなく気になってしまうのが白髪があるかということですが、見つけてしまった瞬間、すごくショックという方もいらっしゃいます。年を重ねていくことは素晴らしいことですが、見た目の美しさは、いつまでも維持していきたいですよね。そこでもし白髪を見つけてしまったら、迷わずに白髪染めを使って髪の毛を染めてみましょう。今は全体的にむらがなく染められるタイプが、豊富に販売されておりますし、ニーズに合わせて選べますよ。

一番気になるのは泡タイプでして、髪の毛全体に馴染ませながら、シャンプーで洗い落とすだけの簡単作業なのです。好きなカラーを選んで、オシャレな印象に仕上げることも出来ますよ。あとはスプレータイプや、シャンプーになっているタイプもあり、魅力的な白髪染めがたくさんですね。髪の毛が長い方でもきちんと自分で染められるように、容量もたくさん含まれておりますし、お値段もそんなに高くありません。根元からしっかり染めて、全体的に若々しさを出したカラーリングが可能だと思います。自分で染めるのはなかなか大変ですが、クシがついているタイプなら、後ろ髪もきちんと染められますよ。匂いは気にならないと思いますし、白髪染めの独特な匂いで部屋が充満することもないと思います。いつまでも若々しくいたい、キレイで艶やかな髪の毛を維持したいという方は、美容液が付帯されているものを選びましょう。様々なタイプがあり、染めるのが楽しくなりそうですね。

いつまでも若々しい髪の風合い

つややかで指どおりのよい女性の髪は誰がみても美しいものです。そして誰しもがそのような髪でありたい、と思っていながらもホルモンのバランスや加齢によって髪には白髪が発生します。そんな時に必要になってくるのが、白髪染めです。薬局にいくと数多くのメーカーから、様々な商品が発売されていて、染め方も色々、染め上がりの色もバリエーションが豊富です。しかし一体どれがよい効果なのか中々分かりづらく、店頭で迷われてしまう方も多いのではないかと思います。昔からある方法としては染料2種類を混ぜ合わせるという染め方でした。今では混ぜ合わせずに、染料を直接乾いた髪につけるという商品もあります。しかし上手に塗貼しないと髪の色がムラにしあがってしまったり放置時間がまちまちになってしまうことがあります。

一方、従来の染め方とは違い、シャンプー方式に白髪染めをするという方法もあります。これならば染料を混ぜ合わせたり、分量を考えて上手に塗貼をするという手間はかかりません。お風呂に入って普通にシャンプーするだけで、段々と髪が黒く、艶がでるというものです。お風呂の中の熱を帯びた湿気というのは髪を染める時にスチームの役割もあるので、効果的です。またシャンプーしながら染められるので、洗うのも簡単です。忙しいOLさんや主婦の方には、お風呂タイムに白髪染めができると、何かと時間の節約になっていいことだと思います。お風呂から上がって、ブロードライをしたら、鏡の向こうには若返った貴方が居ますよ。

白髪染めあれこれ

市販の白髪染め
白髪に悩む人は、年齢とともに増加していくものです。そして、白髪をケアしたいと思っていろいろな情報を得ることにフォーカスしている人も少なくないでしょう。私も同じように白髪に悩み、今まさにいろいろな情報を収集しているところです。お題は、どのようにしたら地肌に優しく白髪染めをすることができるだろうか?ということです。私の場合、生まれつき地肌がとても弱く、一度ヘアカラーを試したところ、地肌が真っ赤になってしまって皮膚科で薬が必要となってしまいました。よって、いかに地肌に負担がかからないものを見つけられるかというのが、私の関心事でもあるのです。

そんな私が美容院で相談のうえ今選んでいるのは、ヘアマニキュアという選択肢です。ヘアマニキュアは原則として、地肌付近には塗らないことになっているため、地肌が傷つくリスクを回避することができます。また、カラーリングとは異なり、髪の毛を脱色してから染めるのではなく、上から髪の毛にマニキュアのようにコーティングするだけなので、そういう意味では髪の毛に対しても優しい施術なのです。実際にヘアマニキュアで白髪染めを行うと、髪全体がつややかになり、張りも出てくるというのもうれしいものです。とはいえ、上から色を乗せて染めるという施術であるために、色の持ちはそんなに長く続かないという点もあります。とはいえ、私の場合には、地肌と髪に優しい白髪染めをしたいという希望があるので、ヘアマニキュアにとても満足しています。

頭皮に優しい天然成分の白髪染め

年齢を重ねると気になってくる白髪ですが、白髪を隠すには手っ取り早く染めてしまうという方法があります。白髪を染めるためには、美容院で染めてもらうかもしくは自宅で自分で染めるかのいずれかになります。ただ、美容院は綺麗に染めてくれるけどお金がかかるのが難点で、頻繁に染めるとなると家計には優しくありません。かといって自分で染めると髪の毛が傷んでしまい、人によっては化学成分の影響で頭皮が荒れてしまうこともあるため気をつけなくてはなりません。では、安く且つ頭皮に安全に利用できる白髪染めはないのでしょうか。実は、そんな便利な白髪染めがあるんです。

それは、トリートメント剤の白髪染めです。文字通りトリートメント剤ですので、シャンプーの後にタオルドライをした髪の毛に塗り付けて、しばらく放置してから洗い流します。すると、白髪が綺麗に染まっているという仕組みです。髪の毛全体にトリートメントをするため、素人でもムラなく仕上げることができるでしょう。また、入浴しながら使えるので汚してはいけないなどと周囲に気を配って使う必要もなく、何よりも最大の利点は髪の毛や頭皮を傷めないということです。主成分はメーカーにより異なりますが、その多くはヘナや昆布と言った天然成分を使用しているため頭皮が弱い方でも問題なく使用することが可能です。カラーも豊富、価格はピンキリですがとっても経済的で1本で複数回も使えるので経済的負担を抑えます。

自分に合った白髪染め探しのポイント

  1. ルプルプ

    簡単なのに、しっかり染まるダメージ0の白髪染め
    頭皮と髪にやさしい植物由来の天然染料、ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などを使用。これらの成分が、ダメージを与えず美しく染め上げます。また、お肌の弱い方も満足してお使いいただけます。天然由来成分を使ったルプルプ。だからとっても低刺激!パサパサゴワゴワせずに髪をキレイに染められるんです。

    ルプルプの詳細

  2. グローイングショット カラートリートメント

    お風呂で使える1品2役のカラートリートメント新登場
    髪のダメージを補修しながら染色する1品2役のカラートリートメント。いつものコンディショナーと置き換えて使うことで、ダメージを補修しながら自然な色味をプラスし、白髪が目立たないように。大きさの異なる2つのピグメントを配合。浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み鮮やかに発色。吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。1回で色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出します。

    グローイングショット カラートリートメントの詳細


白髪と言えば、誰にでもある程度の年齢になったら生えてきます。とはいってもそのまま放置しておくと、次第にその量は増えて行き見た目を老けさせてしまう事も少なくありません。出来るだけ若々しくいたいと思ったら、まずは白髪染めを利用して髪の色を整えておくようにしましょう。白髪染めですが、美容院などで行ってもらう事も可能ですが、自宅でもできます。自分に合っている方法を選ぶようにしましょう。定期的に美容院などに通っている人は、カットのついでに染めて貰うのもお勧めです。自分好みの色のトーンにしてもらえるので、黒くなり過ぎたとか明るくなり過ぎたという事が少なくなります。勿論自宅でも染める事が出来ます。生え際などだけ染めるとか、後はヘアマニキュアを利用して髪全体に塗布して行う事も可能です。

見える場所だけでなく、後頭部などにも白髪がある人はより手軽にできるヘアマニキュアやトリートメントを使った方法が良いでしょう。これならば即効性は有りませんが、使い続ける事によって白髪がかなり目立たなくなっていくはずです。白髪は1本あるだけでも結構目立ってしまう事が少なくありません。なかなか自分では見えない場所にあるからこそ、日頃から頭髪のチェックをする事、そして自分で気になりだしたらぜひ白髪染めでアンチエイジングをしてみてはいかがでしょうか。また鏡で見える部分だけでなく、後頭部やサイド、襟足なども結構白髪が生える事があるので、出来れば誰かに定期的にチェックしてもらうのをお勧めします。

キレイに白髪染めをする方法

年齢を重ねるにつれて気になる白髪ですが、鏡をみるたびに気になってしまい、つい抜きたくてなりますよね。しかし白髪がはえてきても、決して抜いてはいけません。なぜならまた同じ場所から、結局生えてくると言われているからです。一度は聞いたことがあるかもしれませんが、毛根から抜いたとしても、意味はありません。しかしそのままにするのも、見た目的にも気になってしまいますし、若々しさがなくなります。そこで白髪染めを使って、昔のように若々しい髪色にイメチェンしてみましょう。カラーの種類はたくさんありまして、定番のブラックや茶色があります。

色合いもすごく自然に仕上がりますので、まわりに気づかせないように、髪色を美しくすることが出来ますよ。白髪染めを使っているなんてことを、あまりまわりには知られたくないですよね。美しい髪色になるのは、ただブラックや茶色のカラーが良いというだけではなく、トリートメントの効果もあるからです。ヘアカラーを行うと、髪の毛が痛んでキシキシになってしまいますが、現役にトリートメントが配合されていれば、安心して使えます。髪の毛にもしっかりと、潤いを与えなくてはいけませんね。今は使いやすいタイプが販売されておりまして、お風呂で染められて、髪の毛全体に簡単に浸透させられます。まわりを汚さなくても良いですし、洋服も汚さなくても良いです。白髪染めを定期的に行って、いつまでも若々しい姿でいましょう。

白髪染めの賢い使用方法

市販の白髪染め
2つの液体を混ぜてから白髪染めをするタイプのものは、2つの液体を混ぜない状態でなら、長期間の保存も可能です。髪の量が多くない人なら、数回に分けて少しずつ使っていくことも可能なのです。もともと液体の量は多めになっていますから、数回に分けて使うことは可能なのです。また、使用方法に書かれている容量は、しっかりと完全に白髪を染めるための容量なので、もっと少ない量しか使わなくても、ちゃんと白髪は染まります。べっとりとつけないと駄目だと思うかも知れませんが、実際には一応塗られている程度でもちゃんと白髪は染められるのです。

べっとりつけなければ、垂れることもなく、染める手間も大幅に楽になります。付属のビニールの手袋をして、白髪染めをつけ、適当に数回頭の隅々まで撫でるようにすると簡単に終わらせることができます。見た目的には少量だと染まっていないように見えますが、時間が経つとちゃんと黒くなっていきますから、少なすぎることを心配する必要はありません。安い白髪染めを使って、簡単に軽く白髪を染めると2,3週間で落ちてきてしまいますが、仕方がないことです。また、2,3週間すれば、根元の白さが目立つようになってきますから、どうせ、再び白髪を染めなければなりません。だから、しっかり染めることよりも2,3週間だけ染まってくれる最低量を使うようにしておけば良いのです。節約にもなりますし、手間も減り、頭皮や髪への負担も軽減できるメリットがあります。

髪に優しい白髪染めを使いましょう

40歳を過ぎたあたりから、突如1本、2本と白髪が出てきました。所がその白髪が、かなり長いのです。という事は随分前からあったのに、うまく黒い髪の中に隠れていたようです。全体的に白髪になっているのならば、一気に毛染めで染めてしまおうと思うのですが、あまりにも頻繁に毛染めするのも髪と頭皮にダメージがあるかと躊躇してしまいます。なんとか頭皮や髪を傷めずに白髪をなくす方法はないか?と調べていた時に偶然見つけたのがカラートリートメントで白髪染めができる、という製品でした。何よりも髪と頭皮に優しいというのが決め手でしたが、自宅で簡単に染める事ができるというのは忙しい女性にとっては、かなりありがたいことです。毛染め時にツーンとするあのいやな香りもないのです。
また、美容院で染めるよりも遥かに経済的です。

美容院にいった時のようにいきなり白髪頭から綺麗に染め上がった髪になると周囲に「染めたわね」とすぐにばれてしまいますが、白髪染めのカラートリートメントなら徐々に効果が現れるので周囲の人に変に気づかれる事もありません。パラベンや鉱物油などを使わずに天然由来の色素を使ったヘアマニキュアなので、頭皮にもやさしく、髪はつややかになります。染めにくくて困っていた生え際や5-6本だけの白髪でも、シャンプーの要領で一気に染める事ができるので大変簡単で時間もかかりません。毎日忙しいけれど、お洒落はきちんとしたい、という女性の方には是非お勧めの白髪染めです。

ムラを無くして白髪を染めるためには

市販の白髪染め
実際に白髪を染める時にはムラを無くして染めたいものです。さて、ムラを無くして白髪を染めるためにはどのようにすれば良いでしょうか。また現在販売している白髪染めは様々あり、クリームタイプや泡タイプの物もあれば粉末タイプの物もあり、他にはトリートメントタイプの物があります。そしてそれぞれの商品には特徴があるのですが、髪を染めている時の液垂れを防止したいのであればクリームタイプか粉末タイプを使用してください。クリームタイプや粉末タイプを使用すれば部分的な白髪を染める際にはピンポイントで染めることが可能ですし、液垂れを気にせず髪を染められます。また髪全体を染める場合であったり、後ろの髪も効率よく染めたいのであれば泡タイプかトリートメントタイプを使用しましょう。

そして白髪染めは温度が高い方が仕上がりが良く、髪全体を上手に染めるためにはバスキャップをかぶり温度を上げてみましょう。バスキャップをかぶればムラを防止することの他に液が垂れてしまうといった心配もありません。また、部屋全体が寒いのであれば部屋全体を暖めてみたり、バスキャップをかぶった状態でドライヤーの熱風をあててみるのも良いです。そして髪を染めた後の放置する時間を長くするだけでも髪の染まり方が変わってきますので、放置時間を長くしてみるのも良いかもしれません。そして、混ぜて作るタイプの白髪染めを使う場合はムラを防止するためにも素早く混ぜましょう。1剤と2剤があるので混ぜるときは素早く混ぜるのがコツといわれています。

白髪は毎日シャンプー染める事ができる

いつまでも若く見られたいという気持ちの方は、多いのではないでしょうか?しかしそうは思いながらも、体の衰えは避けて通る事ができません。特に目立つ部分といえば髪の毛の白髪です。帽子などを被らない限りは常に見えている部分になりますので、他の人の目にもさらされやすい部分になります。染めて黒くしない限りは白いままになるので、見た目にも老けて見られるようになってしまうでしょう。そういった見た目にならないゆうにする為には、白髪染めを上手に利用することがコツになります。中でも白い瞬間を作りたくない場合には、毎日ケアができるシャンプータイプの白髪染めもあります。

このシャンプータイプは徐々に色が定着していくのですが、毎日利用できるのでまたすぐに生えてきた白髪にも色を付けてくれる為、見た目には毎日黒い髪の毛でいる事ができるのです。1回目から色の定着も大きいので、白い部分が茶色になるだけでも白髪は目立たなくなります。普段利用をしているシャンプーと同じような要領で利用ができますので、難しい技術などもいりません。ドラッグストアなどではこのシャンプーは販売されていないかもしれないので、もしほしい時にはインターネットで探してみると見つける事ができるでしょう。シャンプータイプなので、普通に染めるよりも髪の毛や地肌に優しいという特徴もあります。髪の毛が傷んでいる方でも、安心して利用をする事ができますので白髪が気になっている方にオススメです。