おすすめな結婚相談所3選と活用法

最近では、結婚相談所の数は、日本全国でしだいに増えてきています。これは、結婚相談所のニーズが社会の中で高まっているからだと言えるでしょう。そして、結婚相談所にはそれぞれのホームページが開設されています。そこで、ネット検索しても結婚相談所は、たくさん見つかるでしょう。数多くの結婚相談所の中から、自分に適したおすすめな結婚相談所を選ぶには、いくつかポイントがあります。まず、結婚相手を紹介してもらって、お見合いをするという方法が自分にあっているか、それから、結婚アドバイザーが充実しているかどうか、紹介料が適切な料金かどうかということです。

すぐにでもおすすめな結婚相談所を知りたい方は 結婚相談所選びで大切なこと をご覧ください。

結婚アドバイザーの細やかな対応の仕方で、成婚者の数は大きく左右されます。その結婚相談所の登録人数が何人くらいで、毎年の成婚者の割合が高いかどうかというのを調べることも大切だといえます。そして、登録者が数多くても、実際に紹介される人の人数も気になります。そして、登録されている会員の身元は確かであるかということも、結婚相談所を選ぶポイントだと言えます。さらに、結婚相談所に自分のプライバシーをすべて打ち明けることになるので、個人情報がきちんと保護されているかということも確認しておきたいものです。

結婚相談所を利用する人の年代

おすすめな結婚相談所
結婚相談所において、良縁をまとめるのを得意とする年代があります。例えば、30代や40代の成婚率が高い結婚相談所もあれば、50代や60代の成婚率が高い結婚相談所もあります。結婚相談所を利用する場合には、自分の年齢における成婚率が高い結婚相談所を選ぶと良いでしょう。それぞれの結婚相談所に、入会している人の年代によって、どのくらいの年代を得意とする結婚相談所かが分かります。どうしても結婚したいと思っている人にとって、結婚相談所は安心できるサポート体制をとっています。最近では、色々な心の悩みを結婚相談所が引き受け、カウンセリングを行っている結婚相談所もあります。

紹介してもらっても、なかなか相手に恵まれないことで、心理的な不安が大きくなる人もあります。結婚相談所は、こうした心理カウンセリングも行いながら、成婚を目指しています。10代や20代の結婚相談所の加入者は、男性ではまだ結婚に対する将来があるので、少ないといえます。女性の場合には、若い分だけ成婚の可能性が高くなります。結婚したいという気持は、年齢に関係なく、ある日突然、生まれるものです。そして、結婚相談所に足を一歩踏み入れれば、結婚することがとても現実味を帯びてくると言えるでしょう。

結婚相談所の入会の条件

結婚相談所は、結婚を望む男女なら誰でも入会できますが、結婚相談所によっては、入会の条件を設けています。例えば、国際結婚は引き受けられないといったことや、重い病気のある人などは、入会できないことがあります。また、初婚だけを扱う結婚相談所もあれば、再婚ばかりを扱う結婚相談所もあります。けれども、結婚相談所に行って結婚のお相手を紹介してもらってもなかなか成婚まで運ばない人もあるようです。例えば、男性なら女性に対する理想が高すぎるとか、女性も男性のルックスや仕事、それに収入にこだわるといった例です。

結婚相談所には、会員一人一人に専門のアドバイザーが決まります。そのアドバイザーの助言に従って、男性ならどうすれば女性に気に入ってもらえるかといった交際の仕方を学んでいきます。女性も、礼儀正しく、男性にどのように接すれば良いかといったアドバイスをしていきます。ところが、こうしたアドバイザーの助言を一切聞き入れず、頑固な性格である会員には、担当のアドバイザーとしても、成婚まで力を入れてお世話する気持も薄れてしまいます。「郷に入れば郷に従え」といったことわざのように、結婚相談所に入会するには、アドバイザーの意見を素直に受け入れて実行していくことこそ、大切な入会条件であると言えます。

結婚相談所の会費

おすすめな結婚相談所
結婚相談所を利用して、結婚相手を選ぶ場合、結婚相談所の入会費用が必要です。結婚相談所によっては、交際相手を一人紹介してもらうたびに、紹介料がかかってくるところもあります。たいてい、紹介料が必要な場合は、入会費用が低く抑えられているところがほとんどです。仕事を持っている人なら、休みの日にしかお見合いをすることができないので、休日が少ない人の場合には、入会費用が安いところの方が良いでしょう。

また、どんな結婚相談所でも、コースが設定されていて、どれだけ結婚相談所のサポーターの力を利用するかで、金額が変わってきます。お見合いを当人に任せるタイプの結婚相談所であれば、紹介料も安いはずですが、サポーターがお見合いに立ち会う場合には、それなりの会費がかかってくるでしょう。サポーターが必ずお見合いに立ち会うシステムをとっている結婚相談所なら、会員数は限定されていて、決め細やかなサポートが受けられます。まずは、カップリングパーティーなどに参加してみるのも良いでしょう。その場合は、企画人数や内容によって、その都度、参加料が決まります。また、結婚相談所に入会していない人でも、無料で結婚相手を紹介してもらえるシステムもあるので、利用してみると良いでしょう。

結婚相談所にかかる費用

結婚相談所は、ブライダルビジネスと呼ばれるように、入会して成婚するまでにかなり多くの料金がかかってきます。結婚相談所で結婚相手を選び、成婚するために必要な費用は結婚相談所によってかなり差があります。小規模経営か大手の大規模な結婚相談所であるかによっても違ってきますが、まず、入会金が必要になります。この入会金は、最低でも2万円程度は必要になってきます。それから、インターネットなどに登録してもらうための登録料が必要です。登録料も2万円以上は必要でしょう。

登録するために写真が必要になりますが、第一印象はとても大切なので、専門の写真店で撮影してもらうのが良いでしょう。そのための撮影費用も必要です。そして、結婚相談所のシステムやコースによってもかなり差が出てくるのが、月会費です。これは、たいてい1万円前後ですが、月会費が高くなると、お見合いをするたびに費用がかかる、紹介料が無料になる場合がほとんどです。月会費が安くなると、お見合い料が必要です。一回だいたい5千円ほどだと考えると良いでしょう。最後に成婚が決まると、成婚料が必要です。安い結婚相談所では5万円くらいから、高いところでは、30万円ほどにもなります。

結婚相談所選びで大切なこと

  1. パートナーエージェント

    あなたと一緒に1年以内の結婚を目指す婚活支援のエージェントです
    パートナーエージェントでは、コーチングスキルを使ったインタビューで会員さまを深く理解した専任のコンシェルジュがあなたの婚活に伴走します。豊富な実績データに基づいた婚活設計を行い、活動のPDCAサイクルを繰り返しながら1年以内の結婚を目指します。業界の常識を疑い、成果をどこよりも意識したうえで私たちは独自性の強いサービスを提供しています。そしてゆるぎない自信があるからこそ目標を明確に掲げます。ゴールへの道程は、責任を持って指し示します。一緒に、1年以内の結婚を目指しましょう。

    パートナーエージェントの詳細

  2. エンジェル

    性格分析でマッチング!相性の良い女性を探せるから、運命の人に最短で
    素敵な恋をしたい、あなた。そろそろ結婚が気になるあなた。ただ、新しい人と出会っても、付き合った後に性格が合わなかったら辛いだけ。 だから、お相手検索だけじゃなく、学術的性格分析で、 性格・価値観の合う相手を紹介できるサービスにこだわっています。

    エンジェルの詳細

  3. プレマリ

    結婚相談所として28年の実績がある会社が運営
    結婚情報サービス界のパイオニア、株式会社ブライダルが運営。2002年のサービス開始以来、会員数は25,000人を突破。個人情報保護します!プライバシーシール「TRUSTe」を取得。巷の「出会い系サイト」とは目指すところが、根本が違う。専門カウンセラーによるアナログサービスも充実。

    プレマリの詳細


結婚相談所は、今やホームページでもたくさん検索できます。人気のある規模の大きい大手の結婚相談所から、地域密着型の個人経営の結婚相談所などいろいろな種類があります。また、インターネットだけで結婚相手を紹介してもらう結婚相談所もあります。こうした中で、結婚相談所選びをする場合、大切なことは、自分にどれだけ結婚相手を探すための時間があるか、また、自分の性格が社交的であるかどうか、恋愛に対して経験が豊富かどうかなどの条件によって考えていく必要があります。例えば、恋愛経験が豊富で、お見合いパーティーで出来るだけ理想に近い結婚相手を選びたい場合には、大手の結婚相談所に入会すると良いでしょう。

また、あまり時間がなく結婚相談所に足を運ぶことが出来ない、仕事の休みも不規則であるなどの場合には、インターネット専門の結婚相談所を選んで、時間のあるときにメール交換から始めると良いでしょう。また、理系の仕事で、職場に女性がほとんどいない場合や、恋愛経験があまり豊富でない場合には、恋愛のテクニックも結婚相談所のサポートを受けたいものです。こんな場合には、地域密着型の小規模な結婚相談所を選ぶと良いでしょう。どんなことでも担当のブライダル専門家に相談できます。

結婚相談所の口コミ

数ある結婚相談所を選ぶ時、利用者の生の声を聞きたいものです。そこで、口コミ結婚相談所で、口コミランキングや結婚相談所に対するいろいろな情報を入手したいものです。口コミ結婚相談所では、大手の結婚相談所13社の情報とそれぞれの口コミ情報が掲載されています。口コミ情報では、書き込みをする人の年齢と、結婚暦、それに職業が示されています。結婚相談所選びの一番ホットな情報が入手できると言えます。そして、こうした口コミを基にして、口コミ好感度ランキングをあげています。

ただし、こうしたランキングは、日にちと共に更新されます。口コミ結婚相談所サイトでは、このほかに、結婚相談所に加入している会員の質や、体制や対応における口コミランキングもあげています。さらに、登録料や入会費用、それに紹介料、成婚料などのすべての料金を総合したお得度ランキングや、きめ細かいサービスに対する満足度ランキングも掲載しています。このほか、一流狙いの口コミランキングや中高年の結婚の口コミランキング、インターネットを利用した時の口コミランキングもあります。

結婚相談所に入会する時に必要なもの

おすすめな結婚相談所
結婚相談所を数ある中から選んで、結婚相談所を訪れた後には、その結婚相談所に入会する手続きが必要です。結婚相談所によってもまちまちですが、だいたいは同じです。まず、結婚相談所に入会することで、その結婚紹所から、自分の結婚相手にふさわしい人を結婚が決まるまで紹介してもらうことになるので、毎月の会費が必要になります。たいていは銀行引き落としになるので、月会費振替の申込書を記入することになります。そして、自分の顔がはっきり分かる写真を何枚か用意するように言われます。

結婚アドバイザーによっては、写真の撮り方においてもアドバイスをする場合があります。また、結婚相談所に入会する人は、現在独身であるのは当たり前ですが、結婚詐欺などを避けるために、独身であることを証明する書類を揃えなくてはなりません。自治体発行のものが良いでしょう。それから、男性においてはとくに、職業や収入額が確認できる書類が必要です。女性も仕事をしている場合には、こうした証明を提出しなくてはなりません。学歴をきちんと示す、卒業証明書や源泉徴収票などを提出すると良いでしょう。また、現住所を確認するために、住民票が必要です。この他、結婚相談所で定められている入会費用が必要となります。

結婚相談所の種類

お見合い結婚というと、昔から良くある日本の伝統的な結婚の方法だという感じを受けますが、最近のお見合いは、昔からある方法とは随分違っています。日本の伝統的な、お見合いの方法は、親戚の伯父や伯母から縁談を持って来てもらって、親や親戚に勧められてお見合いをするというものでした。そして、お見合い当日も親戚が何人か集まって、話をするという形です。けれども最近では、結婚したい人たちが自分から結婚相談所を探し、自分から足を運んで、プロフィールを登録します。コンピューターに色々な条件ごとに入力するのが一般的です。そうして、紹介してもらいたい人を結婚アドバイザーと一緒にパソコンから選ぶというものです。

結婚相談所には、男性の登録者の年齢を30代以上の人に限ったところや、医師や弁護士などの職業に限定されている結婚相談所、それに再婚専門の結婚相談所があります。また、20代などの若い人向けには、お見合いパーティーという形で、自由に出席者と話せる機会を提供する結婚相談所もあります。もちろん、お見合いパーティーは、若い人に限らず、中高年の人のためのパーティーもあります。こうした男女の出会いの形は、数を重ねるごとに慣れていくものですが、自分に一番合った出会いの形で結婚相談所を探したいものです。

結婚相談所のお見合いパーティー

おすすめな結婚相談所
結婚相談所という名前は、昔から暗いイメージがあるようです。そこで、結婚相談所は、名前を一新し、明るいイメージをもった名前が付けられているようです。「結婚相談所」が開かれたイメージを持つように、ホームページにもいろいろな工夫がなされています。最近では、結婚相談所に、お見合いパーティーの企画があるところがほとんどです。ホテルの宴会場で開催され、一度に大勢の人に出会える点で、カップルが出来る可能性も高くなります。

お見合いパーティーには色々な種類の企画があります。例えば、ノースモーキングパーティーと言って、煙草を吸わない人のパーティーや、お酒の好きな人ばかりのパーティー、それにハイクラスの男性ばかりのお見合いパーティーなどがあります。お見合いパーティーに参加するには、そのパーティーを企画している結婚相談所の会員にならないといけません。結婚相談所には、入会時にお金を支払っておくだけで、パーティーにはあまりお金がかからないところもあれば、お見合いパーティーに参加するごとに、1万円以上の高額なお金がいる場合があります。たいてい、女性の方が低料金で参加できるようです。また、結婚相談所によって、お見合いパーティーの企画回数が違います。

結婚相談所成婚率

結婚相談所の成婚率を調べるには、どうすればいいのでしょうか。もともと成婚率というのは、結婚相談所に入会して、気に入った男女が結婚を決意して成婚料を支払うことで計算されます。全体の会員の何パーセントが成婚に至ったかということです。結婚相談所の規模の大きさによって、成婚率は変わってきます。だいたい大規模の結婚相談所では、3%から15%で、小さな個人経営の結婚相談所では、5%から45%であるといわれています。ただし、大規模の結婚相談所では、担当者も違うので誰がお付き合いを始めて結婚に至ったかというのは、正確には把握できないようです。

規模の小さい結婚相談所の方が、成婚率は正確に把握できると言えます。また、会員数は多いほど出会いがたくさんあるように思えますが、会員数の少ない結婚相談所では、懇切丁寧に経営者が直接お世話する場合が多いので、成婚率は上がるようです。大手の結婚相談所では、入会すると担当アドバイザーが決まります。ただし、アドバイザーはその結婚相談所の社員であり、経営者ではありません。ただし、小規模経営の結婚相談所は、アドバイザーが何人もいるわけではないので、お世話をしてもらう人と自分との相性も大切な要因となるでしょう。