青汁の通販ランキング

青汁は近年の健康ブームもあってすっかりお馴染みになりました。様々な種類の青汁が発売され、その形状もそのまま飲めるドリンクタイプや顆粒タイプ、原料もケールや大麦若葉など様々です。野菜不足になりがちな現代人にとって青汁は手軽にビタミンなどの栄養素を補給できて健康な毎日を過ごすためにとても役立つものです。

一刻も早く青汁の通販ランキングを知りたい方は 青汁の選び方 をご覧ください。

確かにもともとの青汁はその名のとおり青菜をそのまま砕いたり絞ったりした飲料ですので、青臭さや苦味が残り美味しいものではありませんでした。青汁は毎日継続して飲んでこそ効果が発揮されるのもなので、現在では各社の企業努力によりとても飲みやすく栄養価にもこだわった青汁が手に入るようになりました。また持ち運びに便利な顆粒タイプや錠剤タイプも発売されているので生活スタイルに合わせて手軽に飲むことができるようになっています。

厚生労働省はがんや循環器疾患、糖尿病など生活習慣病予防などのために毎日350gもの野菜を摂取することを目標値として掲げています。目安としては小松菜なら大きめの1束、ブロッコリーならまるまる1個、キャベツなら半玉弱という量です。ところが統計をとるとほとんどの方がこの数値に達していない上に、若い方ほど野菜の摂取量が少ないのだそうです。確かにこれだけの量を普段の食生活で摂取するのは大変ですし、季節によって価格の変わる青野菜を確保するには手間も費用もかかってしまいます。また多くの青汁に使用されているケールや大麦若葉などはとても栄養豊富でありながら生の状態ではほとんど流通していないため入手が難しく、種から自分で栽培しなければならない場合がほとんどです。
青汁は薬ではありませんが、中には特定保健用食品いわゆるトクホとして認められている製品もあります。そのほとんどはお通じを整えたりコレステロールを低下させるなどの効果によって認められたものです。また健康機能食品として健康に役立つ栄養素をアピールしている青汁もあります。それだけではなく毎日の食生活に充分な量の青野菜を含む青汁を取り入れることで体調やお肌の調子が良くなったという声は多く聞かれますし、青汁の栄養素を効果的に取り入れたダイエットも人気です。更に青汁に含まれるビタミン類やミネラル、酵素の働きにより摂取した食品の栄養素を効率よく吸収できるという効果も期待できます。
青汁は手軽に野菜の栄養素を補給することが出来るだけでなく食生活と健康を見直すきっかけにもなるのです。

青汁の基礎知識

青汁は身体にいいけど美味しくない飲み物というイメージや先入観をお持ちの方も多いのではないでしょうか。もともとの青汁はあおしると呼ばれ、遠藤仁郎博士が戦後の食糧難のなか人々の健康を願い研究を進める中から生まれました。昭和29年にアメリカよりキャベツの一種である健康野菜ケールの種を持ち込んで栽培を始め、現在では更にクセがなく飲みやすい大麦若葉や健康野菜と言われるゴーヤ、アシタバなど様々な原料から作られる青菜のジュースも広く青汁と呼ばれるようになりました。

最初は一部の愛好家が自宅用に手作りしていた青汁ですが、口コミなどでその健康効果が広く知られるようになり、近年では数多くの企業によって様々な特色を持った青汁が販売されています。忙しく時間に追われる現代人にとって健康な生活を支える栄養素をバランスよく含んだ青汁はピッタリの健康食品と言えるのです。
また健康を保つだけでなく、若々しさを保ち美肌を作る抗酸化作用やダイエットを支える栄養バランス、お通じをスムーズにする豊富な繊維質などから美容意識の高い女性からの需要も高まっています

青汁に含まれる栄養素は原料によっても変わってきますが、主にビタミンC、E、Kや葉酸などのビタミン類、鉄分やカリウム、亜鉛などのミネラル類、それに食物繊維やアミノ酸などが代表的な成分と言われます。製品によって数種類の野菜を原料に使ったものや1日分の野菜やビタミンが補給できるものなど差別化を図っていますので、青汁選びの参考にするといいでしょう。

青汁の種類

青汁は様々なメーカーから販売されていますが、その形状や使われる原料などによっていくつかの種類に分類できます。
まず形状では青菜を絞ったり粉砕したままの生のジュースを瓶詰めなどにしたり、パックに詰めて冷凍した生タイプの青汁が最も本来の青汁に近いものと言えます。どちらも宅配や通信販売などで入手できますが、要冷蔵で日持ちしないので注意が必要です。また製品によっては配達範囲が限られたり、原料の畑が台風などの被害を受けて生産に影響が出てしまう場合も考えられます。

近年、その手軽さから人気が高く、多くの青汁メーカーが取り扱っているのが水に溶かして飲める粉末タイプの青汁です。小さなパッケージに小分けされ長期の保管も可能で、持ち歩いて外出先でも気軽に飲むことができます。また溶けやすいのでお料理に取り込んだり、手作りのおやつに混ぜたりとバリエーションを加えることも可能です。
また錠剤のように小さく固めた粒状の青汁は更に手軽で水に溶く手間もいりません。ビタミン剤感覚で水さえあればいつでも風味を気にせず飲めるので長く続けたい方に向いています。

まだそれほど一般的ではないものの、近年若い女性を中心に注目されているのがゼリータイプ、ジェルタイプの青汁です。粉末や錠剤を摂取する場合はどうしても水と一緒に飲む必要がありますが、こちらはそのままおやつのように食べられるので更に手軽です。また女性を意識した製品が多いのでコラーゲンやヒアルロン酸など美容に役立つ成分が添加されているものもあります。
どの製品も毎日続けてこそ効果が得られるものなので、生活サイクルに合わせて複数のタイプの青汁を組み合わせて飲む方も見受けられます。

青汁の選び方

  1. おいしい青汁-森永製菓

    毎日たった1本でケアする機能性表示食品
    青汁なのにおいしい!85%と評価※2016年「おいしい青汁」天使の健康モニターアンケート(森永製菓調べ)。野菜不足の方へ、この一本で一日の野菜摂取量不足分を補います。さらに、中性脂肪が気になる、血糖値が気になる、お腹の調子が気になる、こんなお悩みにうれしい3つの機能性で効果を発揮します!

    おいしい青汁の詳細

  2. やわた本青汁

    150億個の乳酸菌と大麦若葉の栄養をまるごと
    国産の大麦若葉を厳選。毎日たったコップ1杯で、大麦若葉. 最近では、多種類の原料を使用した青汁が増えてきましたが、やわたは原点にかえって、シンプルに大麦若葉だけが主原料の昔ながらの本青汁を作りました。

    やわた本青汁の詳細

  3. 熊本県産くわの葉青汁

    新芽にこだわった天然桑の葉を100%使用でマイルドな飲みやすさ
    熊本県の中山さんが農薬を使用せずに育てた桑の葉の新芽にこだわった無添加桑100%の青汁です。カルシウムや鉄分、食物繊維など栄養価も高く、何より美味しい青汁です。抹茶風味なのでお湯やお水、牛乳などに溶かしてご家族でお召し上がりください。

    熊本県産くわの葉青汁の詳細


青汁は様々なメーカーから販売され種類も多くどれを選べばいいのか迷ってしまいます。青汁選びで大切なポイントは、とにかく毎日続けられるという点に尽きるといっても過言ではありません。続けやすさで選ぶならゼリー状の青汁や錠剤タイプ、水や飲み物に溶かして飲む粉末タイプなどが外出先でも使えるので便利なのですが、口当たりを良くするために糖分など様々な添加物を加えている場合もありますので気になる方はしっかり確認しましょう。

また瓶詰めや冷凍で宅配される青汁は本来の青菜の成分をそのままの形で摂取出来ます。ただしメーカーによって配達できる範囲が限られている場合があったり、冷凍タイプはまとめて届くので冷凍庫のスペースを確保することが必要となります。また飲む前に解凍が必要ですが前の晩に冷蔵庫に下ろしておいて朝飲むなど、習慣にしておくといいでしょう。
ほとんどの青汁は個別に購入もできますし、定期購入のコースも用意されています。味や匂いがどうしても苦手な方はよく冷やしたり、ストローなどを使うと飲みやすくなりますが、可能なら試供品などを取り寄せて確認してみましょう。

原料も様々で青汁ではお馴染みのケールは健康に役立つ成分が豊富、アシタバにはカルコンと言うポリフェノールの一種である成分が含まれこちらも近年注目を集めています。しかし、どちらも少なからず癖や苦味があり飲みにくく感じる方も多いようです。
大麦若葉やクマザサ、桑の葉などは青臭さも少なく飲みやすいと言われています。子供さんや青汁初心者の方なら、これらの飲みやすいタイプから始めると続けやすいでしょう。

青汁の成分と効果

青汁の通販ランキング
現在販売されている青汁はもともとの原料であったケールを使ったものだけでなく、大麦若葉やアシタバ、クマザサ、桑の葉や燕麦若葉など多岐に渡っています。またその栄養成分や栄養効果も様々ですが聞きなれない名称も多く、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いことと思います。そこで成分表を元に青汁の栄養成分と期待できる効果についてまとめてみましょう。

まずほとんどの青汁に豊富に含まれるビタミンCはコラーゲンを生成するために欠かせない成分で、強い抗酸化作用を持ち免疫力を高める作用があるので健康と若々しさを保つために必須と言えます。またビタミンEやビタミンKは血液の流れに密接な関係を持つ成分です。特にビタミンEは優れた抗酸化作用で発がん物質などに働きかけたり、新陳代謝を盛んにして血液の流れを整えます。気になるコレステロールを低下させる事でも知られています。植物に多く含まれる葉酸は身体の成長には欠かせない成分で、ほかの成分と協力しあって貧血を予防する働きもあります。

更に不足すると身体の機能の調整に様々な不具合が生じてしまう事で知られるミネラル類として、亜鉛や鉄、マグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウムなどがバランスよく含まれています。これらが欠乏すると骨粗鬆症や貧血の原因となったり病気を引き起こしたりするのですが、サプリメントなどであまり多量に摂取しても効果がないばかりか、体調に不具合を引き起こすものもあるため、自然の食品から適量を摂取することが大切なのです。