車売るなら?

車を手放す場合、車の状態によっては廃車にせざるを得ないケースもありますが、できれば廃車ではなく車売却をして1円でも多くお金を手にしたいと誰もが思うことでしょう。ただ車売却といっても、知人に売る、中古車販売店やディーラーに下取りしてもらう、車買取業者に買取してもらうなどさまざまな手段があります。最近ではネットオークションに車を出品する方もいるので、今は方法はいろいろあるものです。ただ、その方法にもメリット・デメリットがあるもので、それをよく認識していないと高く売るつもりが、最終的には安くなってしまう、それどころかいろいろなトラブルに巻き込まれてしまうという事も考えられるので注意が必要です。

すぐにでも相場より高い車買取査定になる方法を知りたい方は 一括査定サイトを利用する をご覧ください。

車を売る際、売却額が高くなるポイントとしては、年式や走行距離、車検の残り、人気などいろいろなポイントがありますが、いざ売ろうと思った時にはどうする事も出来ないポイントもあります。そのため車を購入する時には車を売却する時の事を考えた上で検討するといいでしょう。また、車売却額はそれらの車の状態だけでなく、ちょっとしたコツで高くなることもあるのです。今はディーラーや中古車販売店の他、車買取業者も非常に増えています。それらの業者は車を買い取りしてそれをリユースして利益を出しているのですから、まずは車を買取しない事にはいけません。そのため、交渉次第では売却額をアップすることもできるのです。そういったいくつかのポイントを抑えておくと、より高い額で車を売却でき、それが新しい車を購入する際の頭金になったり、生活の足しにもなります。誰でもできるコツもありますから、よくチェックしておくといいでしょう。

知人に車を売る

車買取査定
車売却の方法としては、自分の車を知人に売るという方法があります。業者を介して売買すればそこには少なからず中間マージンが発生してしまいます。そのため、売る方は極力安く、そして買う方は高く買う事になってしまうのです。知人に売るという方法は、その中間マージンがかかりませんから、売る方は業者に売るよりも高く、買う方も業者から購入するよりも安く購入できるのでお互いにメリットがあるのです。そして近くに住んでいる知人であれば、車を直接見せる事も出来ますし、双方が承諾すれば実際に車に乗ってみる事も可能です。そして、車の受け渡しもすぐにできるでしょう。

ただ、知人に売る場合のデメリットとしては、名義変更の手続き等を自分で行わなければいけないという点です。お互いの住民票やいろいろな書類を準備しなければいけません。名義変更をおこなわずに相手に車を渡してしまうと、毎年の自動車税の請求も自分に来ますし、万が一事故を起こした、極端な話知人がひき逃げ事故等を起こしてしまえば、自分もトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあるのです。そして、売った後に車の不具合が発覚した場合、知人から返金してくれ、なんて事を言われてしまうかもしれません。そういったトラブルにより知人との人間関係に亀裂が発生してしまう可能性もあるのです。何の問題もなければいいですが、知人に売る場合にはいろいろな問題が発生する可能性があるので、十分に注意しなければいけないでしょう。

中古車販売店に売る

車売却の方法として多くの方が利用する方法としては、近くの中古車販売店に売却するという方法があります。中古車販売店に売却する事のメリットとしては、名義変更等の手続きなど面倒な作業をすべて代行してくれるという点です。個人売買の際は、そういった作業をすべて自分で行わなければいけないので非常に時間と手間がかかってしまいます。中古車販売店に売却するならそれはすべて中古車販売店でやってくれますので安心です。そして、売ってしまった後に何らかのトラブルや不具合があっても基本的には売買契約が済んでいますので売った方には何の関係も無くなります。そして今は中古車販売店は近くにたくさんありますから、いつでも売りに行けるというのもメリットでしょう。

ただ中古車販売店に売却する事のデメリットとしては、その中古車販売店によって査定額が大幅に違ってくるということです。中古車販売店は買取した車を店頭で売るわけですから、それほど在庫を抱える訳にも行かない店舗もあります。人気車種はいいですが不人気車だと売れ残ってしまうリスクがあるため、かなり買取額が低くなってしまうこともあるのです。特に事故車や年式の古い車だと買取不可となってしまう場合も多々あります。そして地域によっても差が出てしまうこともあり、例えば雪国では4WD車が人気なのですが、それをあまり雪が降らない地域の中古車販売店に売ると逆に人気がなく買取額も低くなってしまうことがあるのです。同じ車でも大きく差が出てしまうのです。

ディーラーに下取りしてもらう

車買取査定
車を売却するという場合、たいていは新しい車に乗り換えるという事が多いでしょう。中には新車を購入するという方も少なくないはず。そんな時に今まで乗っていた車売却する場合には、新車を購入するディーラーに下取りしてもらうという方法があります。

ディーラーに下取りしてもらう事のメリットとしては、新車が納車になるまで売却予定の車に乗っていてもいい、という点にあります。車を買い替えする場合、新車を購入し、それまで乗ってた車を中古車販売店などに売却すれば新車が納車されるまで車がない状態になってしまうこともあります。新車が納車されてから中古車を売却するとなると、その期間で買取額が大幅ダウンされてしまう可能性もあるのです。ディーラーに下取りなら、新車納車の時に売却する車を引き取っていきますから、そんな心配がないのです。また、新車を購入するのですから、下取り額交渉の一つのネタに使えるというのもメリットでしょう。

ただディーラーに下取りしてもらう際のデメリットとしては、新車を購入するメーカーと違うメーカーだと買取額が低くなってしまうことがあります。ディーラーで下取りした車は、系列のメーカー中古車販売店に並ぶことになりますが、そこで他メーカーの車だと評価が低くなってしまう可能性があるからです。また、下取り交渉が出来るとはいうものの、実際には新車の値引きなのか、下取り額がアップしているのかわからなくなってしまうこともあります。下取り額アップしてもらったつもりが、実際は新車の値引き幅が抑えられているため、得したのか損をしたのかわからなくなるのです。

車買取業者に売る

車売却の方法としては、車買取業者に依頼するという方法があります。車買取業者に依頼する方法のメリットは、どんなメーカーでも、どんな車種でも基本的に買取OKで、買取額も比較的高いという点にあります。ディーラーに下取りだと、違うメーカーの車は下取り額が大幅に下げられてしまうこともあります。中古車販売店だと人気車種以外は買取額が大幅に下げられてしまう、場合によっては買取不可となってしまう場合もあるのです。もちろん車買取業者もいろいろあるので買取不可となるケースもありますが、基本的にはメーカーや車種、年式などに関わらず買取してくれます。時には中古車販売店で買取しないような事故車や不動車でも高く買取してくれる可能性もあるのです。また、無料出張査定をしてくれるというのも忙しくて車を売りに行けない人にも便利なサービスです。車買取業者は今や数多くあるため、いろいろなサービスや特徴があるのです。また一貫して言えることは個人売買の際に面倒になる名義変更手続き等もすべて代行してくれるので安心だという点と、売ってしまえば後で車のトラブルが発生しても関係ないという点でしょう。

ただデメリットとしては、今は車買取業者は多数あるので、その中には悪徳買取業者と呼ばれる業者もあるのです。これに引っかかってしまうと最終的にはかなり安い額で車売却することになってしまいます。そのため、車買取業者選びは慎重におこなわなければいけないのです。

一括査定サイトを利用する

  1. かんたん車査定ガイド

    概算価格もスグわかる!最高査定額もバッチリ
    かんたん車査定ガイドなら 一回の情報入力で、複数の買取業者に無料でまとめて一括査定の依頼ができるので、高額買取りまでの手間も時間もお金も一切かかりません。しかも、入力してスグに概算の最高額もわかる! 自宅で待つだけで、あなたの愛車の一番高い買取価格が分かってしまうのだから、利用しない手はないですよ。

    かんたん車査定ガイドの詳細

  2. ズバット車買取比較

    最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる
    ズバット車買取比較には、大手から地域密着型まで、154社の車買取業者が参加。日本全国、どこにお住まいの方も気軽にご利用いただけます。 簡単な情報入力だけで、最大10社の車買取業者に一括で査定を依頼することができます。依頼後は、車買取業者からの連絡を待っているだけでOK!

    ズバット車買取比較の詳細

  3. カーセンサー.net簡単ネット査定

    数社の見積もりを比較して最高額で売却できる
    中古車の買取情報ならカーセンサーで。1番高い査定価格を出して買い取ってもらおう!簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)などをご入力の上、 依頼を一括でお申し込みもできる!24時間いつでもどこからでも、かんたんに愛車の見積り依頼ができるから便利。

    カーセンサー.net簡単ネット査定の詳細


車売却額を1円でも高くするには、やはり複数の買取業者を競わせるというのが絶対にしてもらいたいポイントです。また、車種によって高く買い取りする業者、それほどでもない業者もありますから、理想はできるだけ多くの車買取業者を競わせるといいでしょう。とはいうものの、複数の車買取業者と交渉するのにはそれなりのリスクがあるものです。それは複数の業者に買取査定の申し込みや交渉をしていると、時間と手間が相当かかってしまうということです。もちろんお金ためなら手間を惜しまないという人もいますが、それでも時間はかかってしまうでしょう。時間がかかればかかるほど、車の価値は下がっていきますし、もしもそのうちにモデルチェンジなどがあれば一気に車買取額はガタ落ちです。そうならないためにも、交渉はスピーディーにしなければいけなく、複数の業者を交渉することは難しくなるのです。

そんな時には車一括査定サイトを利用するというのも一つの方法です。一般的に買取業者に査定を依頼する場合にはインターネットや電話で自分の車の状態などを伝えなければいけません。それを各買取業者ごとに行うのですから、それだけで時間がかかってしまうのです。ですが車一括査定サイトなら一度の入力で複数の車買取業者に査定を依頼できますので時間の短縮になります。そして買取業者側も自社だけでなく他の業者にも査定を出している事が分かるのですから、買取の候補に残るためにはある程度買取額を高く設定しないといけません。それでもかなり低い査定のところは、その時点で切ってしまってもいいわけですから、買取業者の選別にもなります。そしてある程度絞れば交渉時間も短くて済むでしょう。

複数の業者を競わせる

今や車買取業者はたくさんあります。それに加え、ディーラーや中古車販売店まで車の買取をおこなうものです。車買取業者も中古車販売店も儲けを出すためにはまず車を手に入れなければいけません。それを売ってその差額が儲けとなるわけですから。そのため、損をしない程度であれば是非とも買取したいものなのです。それはどこの業者でも同じ事ですから、他社に買取されるくらいなら、もう少し買取額をアップしてでも自社で買取したいと思うものなのです。

実際、買取交渉は多くの方が行っていることですから、業者でも交渉されるのを見越して最初は買取額を下げておくこともあります。そして交渉されたら少しアップするという手段を用います。ですが、他者との駆け引きがなければ「これくらいが限界です」と言うだけでお客さんは納得してしまうのです。そのため、複数の業者を競わせることが車売却額を1円でも高くする方法なのです。しかも交渉するにも「あっちの業者はこれくらいの値をつけた」というだけで、同額もしくはそれ以上の査定額を提示してくることもあるのです。ですから、少なくとも2~3社を競わせてみるといいでしょう。それだけで1円どころか数万円も車売却額がアップする可能性があります。

ただ、あまりに複数の業者を競わせると時間ばかりがかかってしまいます。そうこうしているうちに車検は少なくなりますし、場合によってはニューモデルが発表されて評価が下がってしまう事もあります。ですので、自分がすぐに短期間で交渉をスムーズに進められるような数に絞ってみるといいでしょう。

査定してもらう業者とのトラブル

車買取査定
車売却時の注意点として、査定してもらい業者とのトラブルには気をつけなければいけません。それは価格交渉をして業者ともめないように、という事ではありません。詳しく言うなら買取業者によっては悪徳買取業者もあるので、そういった業者に依頼をしてトラブルに巻き込まれないように注意してほしいという意味です。悪徳買取業者に買取を依頼しただけで、まずトラブルが起こるのは目に見えています。たとえ、買取業者の言い値で売ったとしても実際に入金され、その後数ヶ月も何も問題がなければいいですが、査定額の入金、入金後もいろいろトラブルが起こるのです。

おおまかに悪徳買取業者のトラブルを説明すると、まずこういった業者は電話査定やネット査定の際には他の買取業者よりもはるかに高い買取価格を提示します。それで出張査定を依頼すると、車の状態等をチェックし、いろいろな部分に問題があり、かなりマイナスされてしまうのです。そのため断ろうとすると、人が見ているところで泣きわめいて相手の情を誘ったり、周囲の同情をかわせて相手が折れるのを待ちます。それでも断ると、今度は『出張して査定するのが無料であり、交通費は別』という理由で交通費や人件費などを請求してくるのです。もし、売ったとしてもまだトラブルは残ります。後日振込の際には決めた額よりもはるかに安い額を振り込んでくるのです。理由を尋ねると、持って帰ったら欠陥が見つかったなどといい、その旨は契約書にも記載済みなんて言われてしまいます。現金払いしても、数日後、車に問題があったので差額を返金してもらいたい等といってくるのです。こういった事例は一部であり、もっと悪質なケースもあるようです。トラブルを避けるには、強い意志を持つ、というような問題ではなく、知らない買取業者には査定すら依頼しないという事が大切です。

できるだけ早く売却する

車売却・交渉では、複数の買取業者を交渉をし、しつこく粘って1円でも高く買取してもらうというのが大切です。交渉をすることで、最初の査定額より車売却額が大幅アップすることもありますし、ほとんどの場合多少なりともアップするはずです。ただ、注意しなければいけないのは、しつこく粘って交渉しつつも、できるだけ早く売却することです。複数の買取業者と買取交渉を進めていると、どうしても時間がかかってしまうものです。車は古くなればなるほど価値が下がっていくものですから、時間がかかればそれだけ査定額も下がってしまうのです。もちろん、2~3ヶ月程度で車の状態が大幅に悪くなるということは考えられません。ですが少なからず車検の残りは少なくなってしまいますから、車売却交渉に2~3ヶ月もかかってしまうと、やはり当初の査定額よりもマイナスされてしまう可能性もあります。

とはいうものの、2~3ヶ月で数万円マイナスされることはあまりありません。買取業者によっては変わらない場合もあります。ただ、2~3ヶ月の内にその車種のニューモデルが発表されてしまう可能性もあるでしょう。車の状態は変わらなくても、ニューモデルが発表されてしまうと、どこの買取業者でも買取査定額は大幅にダウンしてしまうのです。もちろん1~2週間程度でニューモデルが発表されることもありますので、どうする事も出来ない場合もあるでしょう。ただ可能性としてはそれほどあるわけではありません。ですが2~3ヶ月、もしくは半年も交渉にかかってしまうと、その可能性は高くなるのです。そのため交渉を始めたらできるだけ早く売却するつもりでいましょう。

ローンが残っている車を売却するには?

車買取査定
車売却は売りたいと思った時に売るというのが一般的です。ただ、実は自分が売りたいと思っても売れない場合もあるのです。それはローンがまだ残っている車です。たいていの人は車を購入する時には金融機関のマイカーローンなどを利用することでしょう。それを毎月返済していき、3~5年程度で完済するというのが一般的です。そのため、完済する前に新しい車に乗りたくなってしまう人もいるでしょう。

もちろん、ローンが残っていることは誰しも分かっている事でしょうから、おそらく一時的に古い車のローンと新しい車のローンを二重で支払うつもり、という方もいるのではないでしょうか。もしくは新しい車のローンに古いのを組み込んで、と思っている人もいるのでないでしょうか。ですが、ローンが残っている場合、基本的に勝手に車を売却してはいけないのです。なぜならば、ローン中はその車の所有者はローン会社、金融機関になっている可能性があるからです。所有者がローン会社、金融機関であれば、当然自分が勝手に売るわけにはいかないでしょう。名義上はローン会社の持ちものなのですから。

そのため、ローンが残っている車を売却するには所有権解除をおこなわなければいけません。この簡単な方法はローンの残金を完済することです。ですが完済する余裕がないという方も少なくないでしょう。そんな時には車買取業者に相談してみましょう。場合によってはローンの組み換えなどの対策に協力してくれるかもしれません。

査定してもらったら必ず売却しないといけない?

車売却の際には、必ず車買取業者などにその車を見て査定してもらわなければいけません。買取業者によっては自宅や会社まで無料で出張査定をしてくれるところもあります。もしそれで納得のいく査定額を提示されれば、契約成立、場合によってはその場で現金を受け取って車をもっていく、ということもあるかもしれません。ただ、査定をしてもらった額が必ずもし自分が思い描いていた額よりも低いということもあるかもしれません。もちろんそこで交渉をして妥協できる額までアップする可能性もあります。ですが、あまりにも額が低すぎて売る気になれないということもあるでしょう。そのため他の業者に見てもらう、もしくはこれだけの査定額にしかならないなら売らないでまだ乗り続けようと思う方もいるのではないでしょうか。

では、わざわざ出張査定をしてもらって、断る事はできるのでしょうか。もしくは必ず売却しないといけないのでしょうか。もし査定額に納得がいかない場合には、断っても問題ありません。むしろ初めての交渉の場合は即決しない方が良いでしょう。たいていの買取業者は査定して納得されなかったからといって、出張料や交通費を請求してくることもありません。もちろんわざわざ経費をかけて出張して来てるわけですから査定員も契約したいものですが、どうしても折り合わなければ納得して帰ります。そして納得されない場合も多いですから、特に気にする事はないのです。ただ悪徳買取業者などは交通費や手間賃などを請求してくる事があるので申し込みの段階でその点は明確にしておいたほうがいいでしょう。